574362 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

心臓手術体験記(大動脈弁閉鎖不全症弁置換術)

PR

X

プロフィール


3300TFX

カレンダー

楽天カード

コメント新着

ひでほ@ Re:定期検査に行ってきました。(07/05) はじめまして、小生もOnーX入れてる、ひで…
ぽんちゃん@ Re:これから手術へ向かわれる方へのアドバイス(07/31) ブログ拝見しました。すごくためになりま…

ニューストピックス

大動脈弁閉鎖不全症により機械弁に置換致しました。2015/06/12(手術日)が第二の誕生日になりました。この病を宣告されたのは2007年。精神状態はどん底でした。ですがインターネット上には沢山の情報が溢れていました。少しづつ知識を習得していくと不思議なことに恐怖がなくなり極端に言うと悟りの境地になります。となればご安心。手術は怖くありません。現代医学でその領域の名医に巡り会えば後はまな板の鯉です。どんときやがれ!いつ治すんですか? 今でしょう?この私のつたないブログで今後心臓手術を受けるかもしれない人達に元気と安心を感じていただければ幸いです。


心臓・血管・血液の病気ランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
2021.08.14
XML
カテゴリ:心臓

心臓手術の成功とご帰還、おめでとうございます。
​​​​ブログを拝見していて、あまりにも治療が早かったのでずっと気になっていたのですがTAVIで治されたのですね。

高齢者向けの術式だと思っていたので60歳の方にも使うようになった事は驚きました。 少なくとも私が手術をした6年前はまだテスト段階のような状況だった記憶があって、人工弁を挿入したけど血管から外れたり、失礼ながら老い先短い高齢者が対象でした。 なので当時51歳くらいの私には選択肢としてありませんでした。
今では若い人でもTAVIを選択肢に入れて術式を検討出来る時代になったのですね。  やはり患者にとって開胸手術は大変です。胸骨切断ですから心臓が治っても骨がくっつくまで数ヶ月かかりますからね。 治療する弁の種類とか身体の状態にもよるのでしょうが、医師と十分に相談してリスクが低ければ良い選択肢となりえますね。

渡辺徹が初告白 心臓手術、入院長引いた理由は「アナフィラキシーショックを起こした」

俳優の渡辺徹(60)が28日放送の文化放送「くにまるジャパン 極」(月~金曜前9・00)にゲスト出演。大動脈弁狭窄(きょうさく)症で入院中、「アナフィラキシーショック」を起こしていたことを初告白した。

 4月に気管支炎を患い入院し、治療中の検査で大動脈弁狭窄症が発覚した。心臓から血液の出口である大動脈の弁が硬くなって開きにくくなり、息切れ、胸痛などの症状が出る病気。医師から手術を勧められたという。

 同月下旬に受けた手術は「TAVI」(タビ)と呼ばれる方法だったといい、「最先端の技術を持ってらっしゃる先生と出会った。メスで体を切ることも無く。心臓の所に弁を付けて帰ってくる、それで終わりなんですよ」と説明。早期の退院を予定していたそうで、「手術も1、2時間で終わって、順調なら2日後には退院できるものでした」と語った。
 
 渡辺は「初めてマスコミの場で言うんですけども」と前置き。「手術の前、胃の粘膜を焼いた際に、それを手当てしなきゃいけない。その関係の薬で(体にアレルギー反応が生じる)アナフィラキシーショックを起こしちゃったんです」と打ち明けた。スタジオに驚きの声が響く中、「意識が低下して血圧が下がって、呼吸が下がって。病院ですから、すぐに処置をしてくれて事なきを得たんですけども」と振り返った。

 アナフィラキシーショックを起こすと「体にダメージがある」とし、「完全に回復してから心臓を触りたいということで、この期間が長い入院になっちゃったんです」。トータルで「2カ月」ほど入院した。コロナ禍で家族の面会も制限されていた。「2カ月間、人生で初めて無言との戦い。テレビ見て頑張って『面白くないよ!』ってツッコんでいた」と話していた。

​​







最終更新日  2021.08.14 17:37:21
コメント(0) | コメントを書く


サイド自由欄

フリーページ

バックナンバー

・2021.10
・2021.09
2021.08

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.