055275 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

心臓手術体験記(大動脈弁閉鎖不全症弁置換術)

PR

カレンダー

コメント新着

るみっぺ1213@ Re[2]:胃カメラを受けてきました(02/23) ON-Xさん >るみっぺさん >このプログはO…
ON-X@ Re[1]:胃カメラを受けてきました(02/23) るみっぺさん このプログはOn-Xジョーカー…
るみっぺ@ Re:胃カメラを受けてきました(02/23) 突然のコメント失礼します。 2月24日に夫…
ON-X@ Re[1]:社会復帰初日(07/27) あかりんさん、はじめまして。 訪問ありが…
あかりん@ 初めまして 検索で訪問させていただきました。 単身赴…
大動脈弁閉鎖不全症により機械弁に置換致しました。2015/06/12(手術日)が第二の誕生日になりました。この病を宣告されたのは2007年。精神状態はどん底でした。ですがインターネット上には沢山の情報が溢れていました。少しづつ知識を習得していくと不思議なことに恐怖がなくなり極端に言うと悟りの境地になります。となればご安心。手術は怖くありません。現代医学でその領域の名医に巡り会えば後はまな板の鯉です。どんときやがれ!いつ治すんですか? 今でしょう? この私のつたないブログで今後心臓手術を受けるかもしれない人達に元気と安心を感じていただければ幸いです。
2017年03月22日
XML
カテゴリ:病院
今回は心臓手術後、初めての検査でしたので馴染みの松島病院は辞退し総合病院で受けることにしました。理由は胃カメラを受けた病院であり、また担当いただける医師も同じ。胃カメラ時と同じように感染防止の処置もお願いできる。循環器の医師も常駐している。松島病院には循環器医師がおらず、不測の事態になった場合、他院へ運ばれることになる。
そのような確率は低いとは思いましたが安心して受けれるように段取りしました。

検査自体は専門病院でも総合病院の消化器科内科でもやることは同じ。 ただ段取りや検査中の痛み、終わった後の状況などには差がありました。

具体的には、検査中痛みがあり我慢していた。
これは麻酔の量が少なくほぼ意識があった為だと思われます。
松島病院は麻酔で寝ますので、目が覚めたら全て終わっていて休憩室に運ばれています。

また今回は痛みが残り若干ですが出血がありました。そして2、3日は下痢が続きました。
松島病院では経験しませんでした。

あくまで個人の見解ですが、専門病院と総合病院の差なんですね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月22日 08時21分42秒
コメント(0) | コメントを書く

サイド自由欄

フリーページ

カテゴリ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.