6955392 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

臼井不動産.横須賀不動産コンサルティング

2018年09月20日
XML
カテゴリ:売 地
【平成30年3月27日】 平成30年の地価が公示されました。
案の定、バス便で通勤に難がある三浦氏市や横須賀市の長井地域、芦名、鴨居は路線価が下がっています。しかし横須賀市内でも人気場所は逆に実勢価格は値上がりしている実態は反映されておりません。


平成30年度の地価公示によると、三浦半島は三崎地域や、横須賀市内(長井、芦名、鴨居地域の土地}は総じて価格が下がっています。

これからも電鉄がなく、バス便だけの地域は、利便性が難として不動産人気は薄れてくることでしょう。

しかし不動産価格は「値ごろ感」という、価格が安くて魅力に映ると、がぜん反騰してくることもあります。北海道の一部がそうですね。

横須賀市内でも快速や特急が止まらない地域の土地は人気がありません。
しかし、久里浜、横須賀中央、追浜という地域の土地は、不動産会社が高値でも買取競争をしていて値下がりが見えておりません。

長井のバス便の住宅地は1坪15万円から20万円でもなかなか売れない。
しかし同じ横須賀でも久里浜駅周辺は1坪50万円でもすぐ売れていく。

商業地域も買い手が殺到していて売り物件が出ない。
久里浜の住宅地では現在1坪50万円で取引され、商業地は3倍の1坪150万円でも売り物が出れば1週間もかからずに右から左と売れていく。

新聞の情報だけを見ていると、横須賀市内全体が値下がりしているかのように紹介されておりますが、事実は異なる不動産市場です。

弊社では横須賀市内の借地、底地でも積極的に買取を進めています。
これはそれだけニーズがある証拠です。


★ブログ記事が少しでもお役に立てば、バナ-をクリックして下さい★
 ↓ ランキング参加中です。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ





横須賀不動産コンサルティング株式会社
メ-ル:usui@yokosuka-fc.jp






最終更新日  2018年09月20日 15時07分10秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.