847597 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大型高級魚専用 nogumagu水産

PR

Freepage List

Free Space

Recent Posts

Favorite Blog

ちっとも New! チャップままさん

本日のそば ざるそ… aibopapaさん

しょーこのヘボヘボ… しょーこ0819さん
釣りおやじどっと混む ターチさん
開運千社札 Leadcoreさん
釣り広場 スミ王さん
みぃさんのお部屋 ☆みぃー☆さん
ジョンリーフッカー ジョンリーフッカーさん
panfish diary panfishさん
料理の別人 む〜さん63さん

Category

全278件 (278件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

カテゴリ未分類

Sep 28, 2015
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ふらっと電車でハゼ釣りに行きました。

2~3時間の釣りでイソメ買うのもどうかという人はこちらをご覧ください。

イカタンハゼ釣り






Last updated  Sep 28, 2015 08:09:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 18, 2015
テーマ:潮干狩り(85)
カテゴリ:カテゴリ未分類
長い間ブログをサボっていましたが書きたい事が出てきたので復活します。

マテガイって細長い貝を採るんだけどこの方法が変わっていて住処の穴に塩を撒いて捕るんだ。。最初はアサリを採った後のおまけでやってたんだけど今はこっちの方がメインになってしまった。コツを覚えたらあれよあれよと数が伸びて先日100本を超えました。

以下に動画をアップしました。

マテガイとったど~






Last updated  May 18, 2015 11:56:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 28, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさんと同じく下記に引っ越しました。

今後ともよろしくお願いします。


nogumagu水産







Last updated  Jan 28, 2012 09:25:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 2, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
二日は常宿に鯛釣りに。
潮澄んじゃってるんで期待はしてないが一発大物当てたい一心です。

一流し目でイトヨリが来たので同じ棚でアマダイ来ないかな?なんて思ったら来た~30cmアマダイゲット!

それから上棚から下棚まで探って探ってアジやらアマダイをゲットしたが本命のシグナル無し。

10人乗ってニ枚だから結構厳しい状況だね~そうそう上手くは行かないなぁ~






Last updated  Jan 3, 2012 11:55:51 PM
コメント(5) | コメントを書く
Nov 12, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
いやー良い天気で汗ばむ時間もありました。
本日は相模湾にいました。

今日は釣り親父ファミリーが平塚に集まりました。3番弟子としての役目は一応果たしてきましたよ。結果は師匠が明日アップするでしょう。

おいらは話題を変えて釣りの後始末の事

まず家のバスルームにはこんなポールが付いております。もちろんおいらが取りつけたものです。

20111112(001).jpg

釣りから帰ったらこんなふうに汚れものを掛けてシャワーで流してしまいます。
後は適当に乾くまでほったらかししておきます。

20111112.jpg







結構便利ですよ。




 






Last updated  Nov 12, 2011 11:36:24 PM
コメント(16) | コメントを書く
Oct 13, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
カツオ四方山話

【寄生虫】

はっきり言いますと釣ったカツオの9割にはテンタクラリアさんという白くて丸い寄生虫がいらっしゃいます。でも安心してください食っても大丈夫です。

しかしながらこないだ酒盗を作った時に発見したアニサキスさんは頂けません。こいつは胃の中で暴れるとちょっと厄介な事になります。おいらも3日苦しみましたよ。

サイトでこれらのQ&Aの記事を見かけることがありますが、大抵こんな事が書いてあります。

「プロの魚屋さんはきちんとチェックしてありますのでそういうところで買った方が良いですよ」「気になるようなら魚屋さんで返品してもらった方がいいですよ」


口 あんぐりです


何百匹もお魚を捌いたnogumaguさんも丸のお魚やイカに寄生虫がいるかどうかなんて、解りません。どんなプロでも捌くまで解らないと思います。


魚一匹捌けたら、色々な事が解り料理の幅も広がるでしょう。しかし、それも全て自己責任の範囲です。如何にも自分で作ると旨いとブログで書くのも良いでしょうが、それなりも危険もあるんだよ~って事もきちんと伝えなければいけないと思います。

だからおいらは時々寄生虫のネタを書きます。

アニサキスは新鮮な場合内蔵、少し時間がたつと腹の部分にも移動します。内蔵を生で食わない事。腹の周りは良く見ておできのような物があったら取り除く事。これだけで危険度は激減します。ハラミは脂が強いのでおいらは焼き物にしますがね。

塩にも強いのでイカの塩辛を作ったぐらいじゃ2~3日はまだ生きています。捌いたイカの身におできのような物が無いか、あったらその部分を切り落とす。自信がなければ1日冷凍すれば死滅しますのでその方が無難です。塩辛も刺身用でも冷凍しても味は落ちません。本当はアニサキスに当たったら保健所に届けなければいけないようなんですが。

魚とて一つの命です、そこらへんの電化製品と同じようにおかしいから返品しますというように片づけられるのはあまりにも理不尽。せめて自分の釣った魚ぐらいは感謝して丁寧に捌いておいしく頂いて欲しいものです。






Last updated  Oct 14, 2011 01:31:32 AM
コメント(6) | コメントを書く
Sep 21, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
てカツオ釣りのポイントを要約しますと。

2、最大限の仕掛けの強度を維持すること

■ダメダメだったのが先日の古いナイロンライン、ブチブチ切れましたので劣化が心配な人は高いけどフロロカーボンを使いましょう。

■接続金具はすべてハワイアンフック。スナップ付きサルカンなんて一発で壊れてしまいますよ。天秤についてたら外してしまいましょう。

■道糸とはパロマーノットで接続

■針は管付きなら坂本結びだなぁ

■天秤は強度重視でアイ(管)が溶接してあるもの。


うーん眠い 本日はここまで 






Last updated  Sep 22, 2011 12:50:48 AM
コメント(4) | コメントを書く
Sep 19, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
釣り方の話をする前にもう一つの大事な道具であるリールの話をしましょう。

銭を沢山使えばいいリールが買えるかと思われたらカツオ釣りの敷居を高くしそうだったので本当はあまり触れたくなかったのですが。

ぶっちゃけ言いますと

古い型の電動リール △ 昔はおいらも電動丸1000で釣っていた 疲れたよ~
最新の電動リール  ○ 3000番程度 壊れたら高く付くのを覚悟の上で
レバードラグリール ◎ PENN オクマ ティカ 20Aクラス
ミヤエポック    ○ X4NP 12Vあたり ある意味最強かも ちょっとでかい  
スタードラグリール ○ 7000番のアブ ジギング用リール3000番サイズなど

キハダを考慮に入れるならPE8号程度が300m巻けるもので最大ドラグ値が10kg前後のものとなります。カツオのみなら5号200mでも問題ないです。古い電動リールは6kgクラスのキメジだとフルロックでも糸が出ます。サイズによってはお話にならないかもしれません。こんな使いかたをしたら1シーズンでオーバーホールって感じですが。小径の手巻き両軸リールも巻きあげに時間がかかりお話になりません。

最近の電動リールはかなりイケてますので大丈夫だと思います。本格的にやるなら20Aクラスのレバードラグがベストですね。おいらもメインはティカでキメジ用ははPENNインターの30Aです。ジギング用リールもラインキャパに不安は残るが大きい番手なら良いと思います。こちらの方が汎用性があるかもしれません。シマノのジガーEVあたりでもイケそうな感じですが普段使う釣りに近いものを選んだほうが汎用性があるので良いかもしれません。カツオはやってみたいけどそこまで銭を使いたくないって人はDAIWAのシーラインあたりを選択するってのもありかと思います。結構シンプルでタフです。

相模湾でレバードラグって汎用性が無いんですよね~











Last updated  Sep 19, 2011 10:06:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 18, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日も相模湾の真ん中で・・

虹が出てました。良い事あるかな?何て朝は期待は膨らむが

20110917.jpg


海は結構グデングデンのうねりがあったよ。

20110917(004).jpg

魚はいっぱいいるんだけど食い気が無いね
朝方キメジのボイルも結構ありましたよ。


本日、一打数一安打 3.6KG

20110917(007).jpg

見よ!このグラマラスな腹周り

20110917(006).jpg


このカツオは脂が乗ってすごーく旨かった。

水温がもう少し下がれば食いだすと思います。






Last updated  Sep 18, 2011 11:18:33 PM
コメント(7) | コメントを書く
Sep 4, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
そろそろカツオの準備かな

書きたい事は沢山あったんだけど、先日あった釣り情報にほとんど書いてありました。特に頭をこっちへ向けてガンガン巻くってのは、おいらがブログに散々書いたあの感覚ですよ。だから魚をコントロールするにはムーチングロッドじゃダメなんです。雑誌じゃメーカーの手前アジビシ竿を使いなさいって言えないでしょうが、今でも船上で5:5調子の竿を使っている人は多いですね。多少のお祭りは避けられないと思います。

最近はでっかいキメジもやってくるので準備は万端にしないとね。カツオならハリス14号程度で良いんだけど、キメジを視野に入れると30号も用意したい。

30号のハリスってどない結ぶんねん!って結構悩んでました。基本的な内掛け、外掛け結びじゃ締まらないんですよ。おいらの好きな銀鱗30号(最強)は結構硬めのナイロンなので力いっぱい締めても結び目の末端に隙間が残る。南方はえ縄結びも内掛け外掛けのミックスなので最終的には同じ事。

んで 今までハリスが管のところで切れるから嫌いだった管付き針をもう一回見直して見る事にしました。そこで知ったのが坂本結びだったんです。

詳しい図解は面倒なので書かないけど、管付き針の管に直接結ばないし、若干結びが弱くても魚が掛かると締まる。結構結び方が簡単でおいらの中では今のところ最強結びです。

数年前、城ヶ島のパヤオで4回キメジのアタリがあり、1本しか取れなかったあの時から、色々研究をしてきました。この時、タックルの弱いってところがすべてやられた。リーダーの結び目、ハリのチモト、天秤。

カツオ、メジで一番難しいのは針の結びなんじゃないかって、仕掛けを作りながら思いましたよ。







Last updated  Sep 5, 2011 01:00:12 AM
コメント(9) | コメントを書く

全278件 (278件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.