634045 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Khushi Shanti 愛しの花ぱん

Khushi Shanti 愛しの花ぱん

ヒンディ語でKhishi=Happy, Shanti=Peace.

弱気でどんくさいお兄ちゃん「ぱんぱん」と
小心者のくせに態度はでかい妹「花ちゃん」と
体は一番大きくて、心は優しい猫の「きんちゃん」との生活を中心に
なんとな~くというかんじでいろいろと。。。

2013年2月13日の早朝、ぱんぱんが天に召されました。
2019年 7月21日 花ちゃんもぱんぱんのもとに行きました。
今後このブログ花ぱんたちへのお手紙の気持ちも込めて、
まだこちらで頑張っているうちの子たちと地域にゃんたちのこと、趣味のこと(ドラマ鑑賞、園芸のこと)などを綴っていきます。

わんこの体に優しいハーネスとソフトチョークとリードのセットを手作りして販売してます。
 khushi☆khushi
Aug 2, 2022
XML
テーマ:家庭菜園
カテゴリ:エセ家庭栽培

大分の親友から自宅で育ったハヤトウリを送ってもらって去年の秋に初めて食べてみて、美味しさに「ほおー」ってなりました。

大分の方では1株から100個以上の収穫があるそうです。すごい。

「美味しかった」という感想を送ったら、第2便でまた送ってくれたので、そこから一つだけ新聞紙にくるんで冷蔵庫に大切に保管しました。ダメもとでうちでも育てられるかどうか試してみようと思って。

3月になってからすぐにその実を冷蔵庫から取り出して水につけるところから栽培スタート。



3月中旬に早速根っこが出てきました。

上の小さいコップから少し大きめの瓶に移し替えて、3月24日くらいには芽も出てきました。



4月の中旬にうちで一番大きな植木鉢(13号くらい)に定植。

5月初旬の様子。

順調に育ってくれて7月中旬にはこんなに大きくなりました。

でも心配していた通り、やっぱり植木鉢では無理があったかな、 とても窮屈そうで、土の表面からも根っこがアップアップという感じで見えてきてしまいました。


地植えにしてあげたかったんだけど、うちで地植えできるところはとても狭くてすでにほかの植物たちで埋まっていてしまっているから、うちで一番大きな鉢に定植したんだけどそれでもハヤトウリさんには狭かったようです。

苦肉の策で、この植木鉢の下に土を入れた発泡スチロールの箱を置いてみました。

植木鉢を下に突き抜けて生き抜いてくれ!

ハヤトウリさんは関東ではあまり栽培されていないのかな、コンクリートジ
ャングルの中のうちの環境でちゃんと実がつくまで育ってくれるだろうかまだまだ不安ではありますが、

その脇芽?新芽?は食べられるそうで、

というか摘んであげた方がどんどん脇芽が生えてきてくれるそうで、

天ぷらにしたら、とても美味しかった!ぺろり

もう実がなるまで育たなくてもこの芽の美味しさでおばちゃんは満足です。

プランター栽培つながりで、ルリマツリ。今綺麗に咲いてくれています。

この子も10年以上の付き合いです。 夏に合う綺麗なブルーで大好きなお花です。



まるたん「あたちより年寄りね」







新作ハーネスできました。

可愛い雲の柄です。

ご注文はこちらからどうぞ。 ​minne​ ​creema







最終更新日  Aug 2, 2022 12:57:45 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール

花ぱん母

花ぱん母

カレンダー

コメント新着

 花ぱん母@ Re[1]:食べられるお花たち(05/10) nojinyanさんへ またまた返事が遅くなり申…
 nojinyan@ Re:食べられるお花たち(05/10) 今年も黄モッコウバラを見て、私もアント…
 花ぱん母@ Re[1]:ナナちゃん ありがとう。(03/07) nojinyanさんへ ナナちゃんへのお言葉と…
 nojinyan@ Re:ナナちゃん ありがとう。(03/07) ナナchan、桜と一緒に写ってて可愛いね! …
 花ぱん母@ Re[1]:ナナちゃん ありがとう。(03/07) ハルですさんへ お久しぶりです。 お元気…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.