490271 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

笑う門には健康来るヽ(^o^)丿

《笑い》で築く健康生活を提唱。落語を演じる《療術整体師》の日常生活を綴っていきます。
July 16, 2018
XML
カテゴリ:
本日のテーマは、博多祇園山笠『追い山』のフィナーレです。
今年で七百七十七年の歴史を重ねる櫛田神社の奉納行事『博多祇園山笠』が7月1日~15日まで開催され、
15日がフィナーレです。午前4時59分一番山笠・西流の舁き山笠を担いだ締め込み姿の男たちが境内に一気になだれ込み、勇壮な『櫛田入り』を披露しました。途中で止まって一番山笠だけに許された『博多祝い唄(祝いめでた)』を唱和し、再び動いて街へ飛び出しました。他の七流れも5分おきに続きます!

一番山笠・西流『報文武秀小松君(ぶんぶしゅうなるこまつのきみにほうず)
 
二番山笠・千代流『藤花庸功千代芳(とうかようこうちよにかんばし)』
 
三番山笠・恵比須流『山呼萬歳聲(やまはよぶばんぜいのこえ)
 
四番山笠・土居流『歌舞伎十八番 暫(かぶきじゅうはちばん しばらく)』
 
五番山笠・大黒流『吾在倶(われともにあり)』
 
六番山笠・東流『思君慈母成鬼神(きみおぼえばじぼもきしんとならん)』
 
七番山笠・中州流『開運七福神(かいうんしちふくじん)』
 
全コース5㌔を走る山は7番山笠で終わりですが、最後に登場する八番山笠・上川端通は、上川端商店街が運営する高さ約13㍍もある、別名『走る飾り山笠』。追い山には八番山笠として櫛田入りを披露します。煙を吐きながら巨体を揺らした豪快な櫛田入りで私達を魅了しました。(全コースを走行しない)
 
毎年山笠が終わると梅雨が明けると言われていますが、今年はすでに梅雨明けをして絶好の見学日和でした。
5㌔コースの沿道には大勢の観衆が見学で溢れていますが、私は毎年櫛田神社前(スタート位置)で見学しています。一番観衆の多い所なので、今年は午前2時半に陣取りました。
タイム争い順位は櫛田入りが六番山笠・東流の30秒69、全コースは二番山笠・千代流の29分0秒でした。
 
○櫛田神社入りタイム(スタート位置から櫛田神社に入るタイム)
○全コース5㌔のタイム
今年も1年間のエネルギーを山笠の男衆からもらいました!感謝です!






Last updated  July 16, 2018 12:19:34 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.