066295 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

わたしのブログ

PR

フリーページ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

楽天カード

お気に入りブログ

コメント新着

チャメ婆@ Re:スイス旅行 パート4(06/22) おはようございます。 ランドヴァッサー橋…
チャメ婆@ Re:スイス旅行 パート3(06/15) おはようございます。 私もツェルマットま…
朗らか429@ Re:スイス旅行 パート3(06/15) エーデルワイスの花だけははっきりとわか…
チャメ婆@ Re:スイス旅行 パート2(06/12) おはようございます。 スイス旅行の思い出…
朗らか429@ Re:スイス旅行 パート1(06/08) こんな景色を眺められる貴女様は幸せです…

占い

ニューストピックス

2017年06月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日は大荒れの天気でしたが今日は一変、梅雨の晴れ間の爽やかな日になっています。

楽しかったスイス旅行の書き込みも今日が最終日となります。

6/5(月)朝から雨、16:00過ぎに上がり太陽が顔を出す

テーシュのホテルを8:00に出発しバスで2時間ぐらい アンデルマットまで走りました。

雨途中の景色。 ず~~と雨は降っていましたが山肌を滝が流れていたり、雪山が望めたり、牛が草を食んでいたり、それはそれで風情がありました。

P1070977 (1024x768).jpg P1070988 (1024x768).jpg

P1070994 (1024x768).jpg

電車アンデルマットから世界一遅い特急列車氷河特急に乗り込みました。

P1080019 (1024x768).jpg

上の写真ではわかりづらいと思いますので・・・。下の写真は途中30分ぐらい止まった駅で写したものです。

P1080030 (1024x768).jpg

アンデルマット~フィリズール 間の約4時間です。ここでも車両が貸切なのでゆったりできました。

食事乗車してすぐに昼食が出ました~~。

P1080022 (1024x768).jpg

昼食の後はツアーの人たちとお話ししたり車窓を眺めて過ごしました。4日ぐらいすると何となく連帯感のようなものがわいてきますね。

マル車窓より  雨粒が窓に滴っていますので見づらいかもしれませんが外には雪渓が残っていました。

P1080024 (1024x768).jpg

カメラ一番のハイライトの「ランドヴァッサー 橋」を通過します。自分たちの乗っている列車がトンネルに入るところをパチリです。動いているのでうまく撮れませんね~~。パンフレットなどでは上手に撮れているのにね・・・。

P1080046 (1024x768).jpg

スニーカーフィリズール で下車してバスで少し移動し、「ランドヴァッサー 橋」のすぐ真下まで林の中を15分ほど 歩きました。16:00頃まで雨が降っていたので途中水たまりがあって渡るのが大変でしたが皆で協力し合って何とか渡り切りましたよ~~。

うお座道のそばには濁流が流れていました。水の流れも速かったのでこの辺でもかなり雨が降ったのでしょう。

P1080052 (1024x768).jpg

目ランドヴァッサー 橋を下から見るとこんな感じです。

P1080059 (1024x768).jpg

花帰り路の花。 

P1080053 (1024x768).jpg P1080076 (1024x768).jpg

この後はチューリッヒまでバスで2時間半移動。夕食はレストランで「ラクレット」をいただきました。 ジャガイモをチーズに絡めていただきます。おいしかったですよ。自分でもできそうです。

食事スープとラクレット

P1080096 (1024x768).jpg P1080097 (1024x768).jpg

夕食後バスまで少し歩いたのですがまあ何と!!橋の上から見る街の感じがパリのように感じられました~~。 夕暮れのチューリッヒは素敵です。(21:00少し前)4日ぶりに都会に来ました~~。

P1080107 (1024x768).jpg P1080110 (1024x768).jpg

6/6(火)9:30にホテルを出て空港へ。チューリッヒ発13:00、LX160便。25分遅れで機上の人となりました。翌6/7(水)7:55成田着。

行って良かったスイスでした。 スイスの国がこれほどきれいに保たれているのは州の規則が厳しく、庭の木を1本伐るだけでも届け出が必要だし、庭の手入れがなされていないと通報されて期限までに処理するそうです。地域の皆さんの努力のたまものですね。さすが観光立国だと思います。スイスは国全体が緑でおおわれているという印象。又、畑などの平地は少なくやはり酪農が主体のようで羊、牛など山の斜面で結構見かけましたね。できたらもう一度行きたいけれど他の国にも行きたいし悩むところです・・。

これでひとまず締めくくります。長々と書き込みましたがご覧いただきありがとうございました。次回から日常の話題に戻りますね。 ハート

 

 

 

 







最終更新日  2017年06月22日 14時57分01秒
コメント(1) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.