22441390 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2014.06.06
XML
カテゴリ:ワクチン
 犬猫等の愛玩動物に関する動物愛護法が改悪されて平成25年9月1日から施行されている。世界に類のない動物虐待の悪法だ。
犬を食い物にしている白衣を着た妖怪たちの詐欺商法が栄える仕組みが、法改正でまた増えた。
獣医界が混合ワクチンの詐欺商法でぼろ儲けをするために政治家や官僚にカネをばらまいて法律までも改悪したのだ。
企業・団体献金という賄賂政治の悪政だ。

 動物愛護法の改正点の一つを上げる。その法律に次の条文が追加された。


 
(感染性の疾病の予防)
第二十一条の二  第一種動物取扱業者は、その取り扱う動物の健康状態を日常的に確認すること、必要に応じて獣医師による診療を受けさせることその他のその取り扱う動物の感染性の疾病の予防のために必要な措置を適切に実施するよう努めなければならない。



 この条文でいう「獣医師による診療を受けさせ」「動物の感染性の疾病の予防のために必要な措置」とは言葉のまやかしだ。実際は「獣医の混合ワクチン」のことだ。
犬用混合ワクチンを法律で勧めている国は世界中どこにもない。日本だけの悪法だ。
アメリカは27大学のすべての獣医大学がワクチンは犬に有害であると認めて、公表してある。詳細はワクチンは有害と米国全獣医大学が認めた! 米国はワクチンに関するプロトコルを変更!にある。
だから、政治家や官僚も「混合ワクチンの接種」と法律に規定するのは国際的にも問題があると認識したのだろう。

 なお、狂犬病ワクチンについては御用済の悪法の狂犬病予防法に明確にワクチン接種の義務が規定されているので、改正した動物愛護法が定めたワクチンとは混合ワクチンのことだ。

 その動物愛護法の改正にはもっとおかしなことがある。

混合ワクチンを接種するよう努めなければならないのは第一種動物取扱業者だけだ。一般の愛犬家ではない。
一般愛犬家にまで混合ワクチンを接種するするよう努めなければならないと法律に規定すると、日本は動物虐待国だと国際的に非難されるからだ。
第一種動物取扱業者とは犬猫の繁殖販売業者やペットホテル業者、トリミング業者など犬猫に関する商売をしている業者のことだ。その業者だけに混合ワクチンの接種を勧めている。

 おかしいではない。混合ワクチンが「感染性の疾病の予防のために必要な」ものなら、一般の愛犬家にも接種を勧めるべきだろう。
言い換えると、混合ワクチンは一般の愛犬家には勧められない欠陥商品ということだ。犬の健康や長寿には有害無用なものだ。
そのことを法律を作った人たちも良く知っているのだ。なぜ業者だけに混合ワクチンを勧めるかの隠された理由は後述する。

 また、混合ワクチンを接種するよう「努めなければならない」とは、違反しても罰金はないということだ。つまり、努力義務を規定しただけだ。強制的な義務ではない。

 動物愛護法の改正後は、毎年受講義務のある第一種動物取扱業者の講習会では、その講義を獣医師会などに任せて、混合ワクチンも罰金のある接種義務があるかのように講義しているようだ。一種の詐欺行為だ。

 獣医界が混合ワクチンの販売促進のために第一種動物取扱業者をその宣伝広告の手先として使う環境を環境省が悪知恵を出して構築したのだ。獣医界の混合ワクチン販売の利益が増大するように法改正を行ったのだ。国民の愛犬家に犠牲を強いる悪政だ。芯まで腐った官僚政治だ。

 一般愛犬家には混合ワクチンの努力義務は課されてない のに、ブリーダーやトリミング業者などの配下が一般愛犬家にワクチン接種を強要する仕組みを作ってある。法律的な整合性は無視している。獣医界と癒着結託した環境省の悪政だ。
その悪の化身の親玉は環境大臣の自民党の石原伸晃だ。何でも金目(かねめ)で決める金権悪徳政治家だ。

 業者を駆り出して、一般愛犬家に混合ワクチンの接種を強要するのは環境省による一種のやらせだ。
街のダニのような与太者が弱い立場の手下を使って悪事を働かせるのに似ている。

 獣医界は狂犬病ワクチンと混合ワクチンの販売で年間300億円以上の巨益を得ている既得権益団体だ。その政治資金は莫大だ。そのカネで政治家や官僚と癒着結託しているということだ。企業・団体献金制度の弊害だ。
国民の幸せは無視し、業界の利益だけを優先した考えだ。環境省の官僚という小役人にとって最も大切なものは、賄賂接待付け届けと天下り先の確保だ。国民の幸せは二の次だ。ましてや犬猫の健康被害は眼中にない。悪政の極みだ。 

 現在の日本には混合ワクチンで予防しなければならないような犬の伝染病は流行ってない。
20~30年前の昔は流行っていた病気もあるが、現在は流行ってない。獣医は流行っているというが、ウソだ。作り話だ。
西東京市で犬を飼いつづけているが、30年以上もすべてのワクチンを接種したことがない。カネの問題ではない。愛犬の健康と長寿の問題だ。

 環境省は犬の天敵の悪魔の伏魔殿だ五大詐欺商法で愛犬家の国民を騙して儲けている獣医界と癒着結託して、国民を騙している。犬の健康に有害無用なワクチンをだまし売りできるようなシステムを作り上げた。
この法律が規定しているのは第一種動物取扱業者だ。一般愛犬家には適用できない。

 なぜ、このようなわかりにくい法律改正をしたかというその裏に隠されたほんとの狙いを暴露する。
ブリーダーやトリミング業者に努力義務を強要して、それを守らないと免許取り消しをすると脅すためだ。その脅し文句の具体的な内容は法律ではなく、環境省令で定めている。

 省令は法律ではない。つまり、違反しても罰金を科すことはできない。しかし、登録の許認可ができる仕組みになっている。一般愛犬家は政府の許認可を得て、犬を飼っているわけではないので、環境省の省令は怖くはない。しかし、ブリーダーなどの免許で商売をしている人にとっては、免許取り消しは死活問題だ。

 だから、ブリーダーだけでなく、ドッグランやトリミングの業者も、免許取り消しを恐れて、犬にはワクチン接種が必要だとその接種証明書を一般愛犬家にも強要している。
つまり、獣医界がワクチンの商売で儲けるために、その宣伝活動にブリーダーやドッグランやトリミング業者を駆り出している構図だ。悪質な詐欺商法だ。その仕組みを環境省が作ったのだ。日本の政治・行政は既得権益団体優先のカネまみれの政治行政だ。腐敗政治行政だ。
日本の政治は民主主義ではなく、官僚政治だ。各省庁の官僚が省令を勝手に作って、許認可権で日本の行政を動かしている。
 
 その許認可権でブリーダーの登録を拒否する規定が動物愛護法の12条にある。
具体的な取り消し理由は環境省令にある。



登録の拒否

第十二条  都道府県知事は、第十条第一項の登録を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当するとき、同条第二項の規定による登録の申請に係る同項第四号に掲げる事項が動物の健康及び安全の保持その他動物の適正な取扱いを確保するため必要なものとして環境省令で定める基準に適合していないと認めるとき



 その環境省令はここにある。
混合ワクチン接種の努力義務との関係で、具体的に何が免許取り消しの理由になるかは読み取りにくい。
環境省のさじ加減の如何で登録を取り消すということだろう。

 こんな官僚政治で日本の未来に明るい希望を持てるのか。暗澹たる気持ちになる。

 補足

 混合ワクチンの原価は200円から300円と言われている。(狂犬病ワクチンは100円)
それが愛犬家には高価な9種混合などは8000~9000円で売られている。濡れ手に粟のぼろ儲けだ。そのワクチンの種類が多いワクチンほど毒性が強く、高価だ。しかも、その伝染病は日本では流行ってないのだ。
獣医が儲けるためだけの理由で愛犬家にだまし売りしているだけだ。
特に、9種混合ワクチンは犬殺しのワクチンだ。

 狂犬病ワクチンは狂犬病予防法で接種義務が課されている。違反には罰金がある。その狂犬病予防法は御用済の悪法だ。狂犬病が根絶した国でいまだに接種義務を廃止してない国は日本だけだ。
イギリスなどは狂犬病が根絶した後に直ぐに狂犬病ワクチンの接種義務を廃止した。
オーストラリアなどは狂犬病ワクチンを犬に注射すること自体を禁止している。犬の健康を守るためだ。
なのに、日本の獣医界は悪法を盾に狂犬病ワクチンの詐欺商法で巨益を上げている。多くの愛犬たちが殺されている。犬の天敵の悪魔の所業だ。

 我が家の愛犬たちにはすべてのワクチンを接種したことがない。有害無用だからだ。ハイ。



関連随想集

 ワクチン原因症候群は悲惨な病気だ! 愛犬の命とドッグランやトリミングはどっちが大切か?

 混合ワクチン有害無用論の随想集

 狂犬病注射有害無用論の随想集



狂犬病、混合ワクチンで日本の犬毎年4,500匹死亡!


        狂犬病予防注射の問題点については通常のHPにも詳述。

 狂犬病ワクチン注射のからくり 狂犬病予防法は御用済みの悪法だ 


 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


   黄色い花のヒペリカム やがて赤い実に変わる

      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2015.06.30 18:00:10
コメント(15) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事は飼い主と同じ物を🐕


塩分は犬にも必須不可欠だ


ドッグフード原料の偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨 バックリブ スペアリブ


煮干し いりこ


犬用ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


エトキシキン・防腐剤


キシリトール有益無害


ココナッツオイルの虚偽広告


食薬同源 食が主で薬は従


犬の好きな食べ物


手羽先の先を安く入手する方法


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の六大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


新型コロナは犬に感染しない!


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油・ひば水 皮膚炎や殺菌殺虫に


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


レボリューションは悪魔の薬剤


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


薬剤アレルギー


免疫抑制剤は悪魔の薬剤


口周りが赤くなる病気の原因はドッグフード


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


サークルやケージは信頼を損なう


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食を鶏の骨の食事で治す


権勢症候群=アルファー・シンドローム


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは必須ではない


分離不安症はかわいがって治す


散歩は必須ではない 小型犬


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


犬とキスして共に幸せ!


加熱調理した鶏の骨は歯磨き効果抜群🐓


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用の長物


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


生理中の出会い


体臭や口臭を無くする方法


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジは偽装商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーでは治らない


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は怖い薬剤


ミミピュアは怖い薬剤


動物用医薬品は不良品が多い


ロイヤルカナンは偽装商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


マインドコントロール


パンフェノンは詐欺商品


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


祈りのポーズは健康的行動


液体歯磨きリデンタは詐欺商品


Dr.YUJIROデンタルパウダーは詐欺商品


救命胴衣は不要


ホリスティックレセピーはゴミの塊


健康診断=泥棒に鍵を預ける


犬の総数は激減中


ペットロスの最良の治療法


アイズワンの涙やけ、白内障、歯磨き商品は偽装商品


コンドロフレックスより手羽先のほうが良い


コロナ禍の犬のへの影響


歯磨きドクターデンタルワンは偽装商品


クレート内に常時犬を飼うのは動物虐待


愛犬を隣席に同伴して飛行機に🛬


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア 脅し商売


ぎっくり腰


結石症と療法食の詐欺商売!


パスツレラ病 愚劣番組が放映


白内障


熱中症は怖い!30分で急死


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ヒバエタで獣医が治せない皮膚病が治る!


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症 愚劣番組が放映


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は悪魔の薬剤❗


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎 鶏の骨で治す!


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 鶏の骨で治る!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


犬はよく嘔吐する❗胃が健康な証拠🐶


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼・パテラ 鶏の骨で完治


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


毛が生える!鶏の骨で!


僧帽弁閉鎖不全症


気管虚脱 脅し商売👺


大腿骨頭壊死症・ペルテス病


マイボーム腺腫 家庭用目薬で治す


目の下の腫れの顔面腫脹 鶏の骨で治す


回虫駆除剤


咳の出る病気で獣医にだまされるな❗


メタトロン検査は偽装検査


★裁判・獣医への判決


断尾断耳は動物虐待


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は真実を報道しない❗


幸福度ランキング日本62位


NHK受信料支払い拒否


『愛犬の友』廃刊!「愛犬問題」を目の敵にした雑誌


年金と配当収入だけの確定申告書


報道自由度ランキング日本67位


犬の正しい飼い方の検索は新世代のDuckDuckGoで


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


初代パロの写真集


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


Yahoo!知恵袋はウソだらけ


川柳集 犬の正しい飼い方について


謹賀新年


Recent Posts

Comments

 はっちゃん@ Re:不用意に動物病院に行くと🐕必要のない開腹手術を強要され👹愛玩動物が急死😫(04/06) New! マイボーム腺の記事も参考に読んでみまし…
 はっちゃん@ Re:不用意に動物病院に行くと🐕必要のない開腹手術を強要され👹愛玩動物が急死😫(04/06) New! 私が以前眼科でもらった点眼薬(未開封)が…

Archives


© Rakuten Group, Inc.