857072 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ストップ !! 「第二迷信」

2008年02月23日
XML
カテゴリ:地域の話題
 私が京都市内に住んでいたころ、市バスの「消毒」に、農薬の「ジクロルボス」(DDVPの表示)が使われていた。「直接人体に触れる座席に使用するもんじゃないぞ」と、九条車庫に苦情を言ったが無視された。
法律で定められている」の一言。
(毒を消すのが「消毒」だが、毒を撒いて虫を殺すのは「消毒」なのか?)

最終的には当時の市議(左京区選出のベテラン・有吉節子氏)にたれ込みして、「議員の圧力」に頼った。
(有吉市議は「普通のオバチャン代表」だが、交通局への申し入れは穀田市議が行ったという。しかし、穀田議員、覚えてないか? そんなにもめずに「一声」で解決したか…)
 「農学部OBの資料」だから、女子大OBや文系OBが手を加えずとも、そのまま使えるはずだが、(多分、関係者に裏は取ってるだろうと思う)

 「同じこと」を要求しても、民間人は無視するが、議員にはちゃんと対応する、というのが京都市のけしからんところ。
(K同なら、言われてなくてもお膳立てする)

 結局、「圧力団体」に頼る風潮が市民の中に定着する。

かつての、京都府知事・蜷川虎三氏の有名な言葉。「知事は樽神輿の樽で、担がれるだけ。神輿を担ぐのは住民一人一人だ」

 戦後の地方自治の先駆けとして「地方自治の灯台」とも呼ばれた京都府だったが、
意外と、長年の京都人の根性は、「担ぐ」人にぶら下がって附いていく、というもの。

(老舗さんが「戦前から」というのは「応仁の乱」だったりする。)

真正面からの「敵」には身体を張って戦うが、「横」からの利益誘導で分断されやすい。
(教義の違うわけでない本願寺が西と東に分かれているのも、豊臣と徳川の横槍。真正面から戦って痛い目をみた信長の経験から学んで)

 市長選挙での中村候補惜敗のポイントが左京区だと思うが、
「民主市政の会」参加の団体内で、「身内の選挙」に「周りの人々」の敷居を高くしてなかっただろうか。
(村山候補。「間取り」のわからん政策だが、敷居だけは低そうだ…)






最終更新日  2008年02月24日 21時21分32秒
コメント(1) | コメントを書く
[地域の話題] カテゴリの最新記事

PR

コメント新着

meisinn2006@ Re[1]:たたかう相手は。(10/24) >伏見人さん こんばんは。 政策がない…
伏見人@ Re:たたかう相手は。(10/24) こんにちは >選挙 K産党が大敗したのは…
meisinn2006@ Re:佐賀市・山下明子議員(10/17) ほとんど活動してないから、 「個別の問題…
meisinn2006@ 前原・民進党 しかし、前原。 「解党」したいんなら、代…
meisinn2006@ Re[2]:「同和行政廃止」判決(08/15) 伏見人さんへ ご無沙汰してます。 京都は…

フリーページ

お気に入りブログ

さくらママの日記 さくちゃんのママさん
日本の教育は、これ… 今日9729さん
すずき産地の切り抜… すずき産地さん

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.