000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋葉の街のオタクマスター

秋葉の街のオタクマスター

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

2013年01月06日
XML
iPadのカバーやケースがちょっとしたプラモデル並みの値段で驚いた、秋葉原愛好家です。

ここ5年くらいでこの道に入ってきた人が、予備知識無しで観たなら、よくあるハーレム系の萌えアニメの一種に思うかもしれません。

主人公の柾木天地(まさきてんち)役を演じた菊池正美さんは、ああ女神さま にも出演していたためか、当時ハーレム声優なんて呼ばれていましたし、それも無理ないことです。

が、平成のうる星やつら、とも呼ばれたことからわかるように、1巻の発売が1992年、エヴァンゲリオンより古いアニメなのですよ。

謎を残しつつ2期が終わり、その後、広がりすぎた展開について行けなくなり離れていたのですが、このたびやっと3期を視聴。

1話の回想シーンは蛇足の感がいなめませんが、他はまさに天地ワールド。

宇宙人やら神にも等しい超越者が出てきて、裏では宇宙の存亡に関わるような事も起こっているのに、田舎でのお茶の間気分のラブコメが展開される。

かと思えばいきなりシリアス展開になって、すぐにコメディ的なつっこみがあり。

和の雰囲気とSF的と混ぜて、和にありがちな陰湿さとは無縁。

そんなカオスな世界は相変わらず魅力的。

が、この3期で注目すべきは、名優 青野武さんの一人二役でしょう。

若者向けに企画されたコメディよりのアニメで、ベテラン声優のそれは珍しいはず。

演技のひきだしも、いくつも開けてくれますので、声優に一家言もちたい方は、一度は観る価値があるでしょう。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2013年01月06日 11時50分03秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ・ゲーム・コミック] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

みかづき紅月の館 みかづき紅月さん
ケルトの夢 shimikotoshioriさん
ま、てきとうに Me162さん
DeepPineApple oboro2004さん
ハナスカ87 ハナスカ87さん

コメント新着

わぴこ@ はわ… き、気になる…! よんでみたくなっちゃう…
SHU@ Re:君はX68000を知っているか?(11/08) 去年X68000のイースが発売されてます。5イ…
匿名希望@ Re:ニンジャスレイヤー〜勘違いしているのは作者か我々か(01/17) コンプエース連載版は続けて読んでます。…
秋葉原愛好家@ Re[1]:初コミケ(12/29) 匿名希望さん、いつもありがとうございま…

© Rakuten Group, Inc.
X