2876427 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Born Free☆ミ

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

スダチ New! feela11さん

ほぼワンオペ・・ New! ドリカムハウス1106さん

iOS11でアプリから画… New! 楽天ブログスタッフさん

市役所の人 仙台虎2006さん

適性検査、、、 すみれちゃん♪さん

Comments

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索








にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



<災害用メモ>

ブロードバンド伝言板などをお使いください。



■災害用ブロードバンド伝言板
・災害用ブロードバンド伝言板(web171) - NTT

■Google 安否確認
・Google Person Finder: 2011 日本地震 - Google



遠方にいる私たちができることは義援金です。

現物による個人の援助は過去にも保管場所の問題や仕分けの問題などで労力がかかる割に有効に使うことができず賞味期限のあるものも区別できず、生かされてきませんでした。

1000円の物資の送料を負担するより1000円の現金だと思います。

コンビニやスーパーの店頭の募金箱であれば振込み手数料などかかりません。







■鉄道・電車情報まとめ
・鉄道運行情報 -毎日新聞

■災害伝言サービス
・ドコモ、災害伝言サービス開始 iモード・PCでも -asahi
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・イーモバイル

■Ustream
・http://www.ustream.tv/channel/jishinsokuhou - NHK公式のミラー
・地震の状況の映像 - USTREAM

■応急処置
・ケガ・キズ等の手当て/応急処置 - レスキュー隊

■地震発生時の対応
・地震発生時の対応

■関連写真
【写真】新宿周辺の様子 - livedoor(公衆電話に長い列、電車、高速バス共にストップ)

■Twitter上での被害の様子の写真
・地震 - 仙台駅の様子
・幕張メッセ近隣、液状化

■関連動画
・地震の状況の映像 - Ustream

■関連情報
・「地震」のリアルタイム検索 - NAVER
・地震情報|津波情報|鉄道・航空 運行情報 - livedoor
・【3月11日】宮城県北部の地震(震度7)についての情報まとめ - NAVERまとめ
・JR東日本|東京メトロ|都営地下鉄 - 運行情報
・地震による状況について - 東北電力
・本日の地震に関する動画の投稿につきまして - ニコニコインフォメーション



みーちゃんのブログはこちら⇒http://momohana918.blog.jp/



 

ダウンロード:楽天ブログバックアップツール

http://web1.kcn.jp/hp86tm45/index.html(開発者サイト)

 

 

Shopping List

2017.09.07
XML
カテゴリ:自閉症関連

 

 





熱中症、知的障害者にどう配慮 危険察知が苦手な人も

夏の部活動中に熱中症になる運動部員が相次ぐ中、

今年8月、知的障害で特別支援学校に通う男子生徒が部活中に、

熱中症で意識不明の重体になった。

知的障害者は教員の指導に疑問を持ったり、

自分の意見を言ったりするのが難しいこともある。

どんな配慮が必要なのか。

 東京都教育委員会によると、8月23日午後4時ごろ、

杉並区にある都立永福学園高等部1年で、

バスケットボール部の男子生徒が

校舎の外周(約450メートル)を約20周走った後、

脱水症状で倒れた。

同区の気温は32度だったという。

 男子生徒は21日の練習で外周を走った際、

顧問の教員が指示した1分25秒以内を43秒超えた。

罰として43周のランニングを科されたが、

21周で体調が悪くなって練習を終えた。

23日に「残りを走る」と申告し、顧問が承諾。

別の教員が伴走したが、他の部活指導のため、

残り数周で伴走から離れた後、倒れたという。

 永福学園高等部は軽い知的障害を持つ生徒らが通う。

男子生徒が学ぶ就業技術科は卒業後の就労を目指し、

実践的な学習をする。

部活動も盛んで、朝日滋也校長は

「バスケットボール部は特別支援学校の大会で優勝経験もある。

一般の高校との練習試合もしてきた」

と話す。

特別支援学校の勤務経験のある教員は

「いずれ仕事をすることを考えると、

部活動は、

すぐ諦めがちな子に忍耐力をつける

良い機会であることは間違いない」

とし、

ある程度の厳しいトレーニングは有用だとみる。

 だが、男子生徒の場合、熱中症を起こすかもしれない状況で、

長時間のランニングを「罰」として科されていた。

大阪・桜宮高バスケットボール部主将が

顧問の暴力などを理由に自殺した事件を機に2013年、

文部科学省が出したガイドラインで

「許されない指導」として示された具体例に近いもので、

健常者でも、障害者でも認められない。

都教委は8月25日の記者会見で、

体罰にあたると認め、朝日校長は

「障害のある子どもでも

高いハードルを乗り越える目的でやってきたが、

天候も考えずに重大なことを起こした」

と謝罪した。

 13年8月、大阪府東大阪市の障害者専門の水泳教室で、

熱中症で亡くなった同市の国本考太さん(当時24)の母洋子さんは

今回の事故を「我が子の再現」と語る。

 知的障害と発達障害のある考太さんは給食会社で働き

、ジャパンパラリンピックに7回出場経験のある選手だった。

当日、水温32・7度、室温36・0度という状況で、

100メートルのインターバル練習を指示され、

17~18本泳いだところで異常な行動が出たため引き上げられたが、

病院で死亡した。

 洋子さんは

「『信頼関係がある』

とコーチにすべて従っていた。

言葉の意味も、

わかったような顔もするし、

うなずくが、

実際には全部をわかっていない

ということがよくあった。

感覚が異なる人たちの理解の仕方を、

個々の実態に合わせて理解し、

無理のない練習をすべきではないか」

と語る。

 日本福祉大の藤田紀昭教授(障害者スポーツ論)は

「知的障害者は先の見通しも付きにくく、

危険察知が苦手な人が多い。

体力をつけてあげたい

という先生の思いが行きすぎにならないよう、

細心の慎重さが必要だ」

と話す。(編集委員・中小路徹、伊藤あずさ)

【朝日デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK8Z6J0GK8ZUTQP028.html

 親でも、健康維持には、

日々、細心の注意を払っていても

実際の本人の体調を把握するのは難しいものです。

そして、自分の不調を訴えられない

子ども達だからこそ、

より高いハードルに挑ませるなら、

やはりそれこそ付きっ切りでの見守りを、

と願わずにはいられませんね。🌠






 

 

 

 












Last updated  2017.09.25 11:40:48
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.