012203 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アメ株2児童育成実況記

2021.09.19
XML
カテゴリ:雑記
#山コーヒー #ネルドリップ #登山

こんにちは、趣味も大事にしている米国株素人のころさんです。

今日は前にお伝えしたカフェオレの話の続きです。

【リンク】カフェインレス生活

元々コーヒー好きで、山頂で挽きたてのコーヒーが飲みたい
というところから、アウトドアグッズの収集が始まり、山に登り始め、
ソロキャンプという趣味にたどり着いた部分もありますが

要約すると『山コーヒーいいです( ^∀^)』

しかもちょっと凝っていたのが、『ドラマ山女日記』でみた

ネルドリップ
ご存知ない方は動画で是非


【動画リンク】山コーヒーを淹れる!

要はよく見るペーパードリップと違って布製フィルターで抽出を行うスタイル

結論から言うと、ネルドリップは
コーヒーの雑味が抑えられ
舌触りが滑らかで
コクのある味わいになる

と、言われています。
コーヒー好きの方であれば是非一度飲み比べてみた欲しいです。
同じ豆なのに、淹れ方次第で結構味わいも変わる奥深さ、This is coffee

単純に山でやるとかっこいいかなとか
ストレートにうまいとか
実際、布製フィルターも洗って使えるので経済的!?とか思いながらやってます。

山仲間からも珍しがられる一品ですw

フィルターは1,000円もしません
家庭でもできますので、気になる方は是非お試しください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HARIO ネルドリップセット1〜2人用 ろか器
価格:889円(税込、送料別) (2021/9/19時点)




また、山でネルドリップコーヒーを淹れようと思ったら
最低限これだけ揃えれば、可能です。
(下に私が買ったものを貼っておきます。)

あとは、水(美味しい水)を持って上がるのですが
私は沸かしたお湯をポット(水筒)で持って上がっています。
これなら山頂で水から沸かす手間も時間もかかりませんし
ガス代の節約にもなります。
(秋になると山頂で時間かけて沸かすと体が冷えますから)

また、キャンプを始める(もしくは始めた人)は、バーナーなど
キャンプにも使える物を兼用することで、せっかくのギアが
倉庫で寝てる時間を少なくすることが可能です。

基本的にはアウトドアブランドの『コールマン』のものを愛用しています。
値段もお手頃で
このバーナーは、
マッチやライターなどの点火道具が不要なことと
ケトルにスッポリ入ることが気に入っています。
ケトルとマグは軽さで選びたいところ
ガスは・・・これが最小単位ですが、嵩張り重さも多少あります。

他にお湯を沸かせば、沸かしたてのお湯で
アツアツのカップラーメンを食べることもできます。
これはサイコー

なぜか下界で食べる数倍美味しい。

ミルはネルドリップ用に挽く細かさを変えれるものが良いです。
(あと、できれば小さく軽いもの)
ネルドリップでは、好みもありますがやや大きめの粒度にすると良いようです。
逆に細かめに挽けるミルであれば、エスプレッソにも対応します。



















本日もお忙しい中、ご一読いただきありがとうございました。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2021.09.19 22:50:52
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

プロフィール


ころぺ27

サイド自由欄

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.