1342753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あすなろ日記

黒執事小説『鳥籠エピローグ』

 
   黒執事「鳥籠」エピローグ

 その夜、シエルは夢を見た。不思議な夢だった。

 巨大な大きな鍋の中にチョコレートがグツグツと煮え

 ている。美味しそうと思って鍋の中をのぞいた瞬間、

 シエルは鍋の中に落ちてしまった。溺れそうになった

 シエルは慌てて泳いだが、チョコレートがヌルヌルと

 肌にまとわりつき、体が沈んでいく。

 「セバスチャン!」

 と、シエルが叫ぶと、ひのきの棒が差し出された。シエル

 はそれを必死につかんでしがみつくと、ひのきの棒は鍋

 から引き上げられた。助かったと思ったのも束の間、巨大

 化したセバスチャンがにんまりとシエルを見つめていた。

 いや、セバスチャンが巨大化したのではなく、シエルが

 小さくなっていたのだった。ひのきの棒と思ったのは

 爪楊枝だった。セバスチャンは嬉しそうに爪楊枝を口元に

 運んで、まずはペロッと全身チョコレートで濡れている

 シエルを舐めあげた。そして、美味しそうに大きな口を

 開けてシエルを食べてしまった。

 「うわあああ~」

 シエルは目が覚めた。自分が食べられる夢なんか初めて

 見た。なんでこんな夢を見たんだろう。チョコレートプレイ

 のせいなのか・・・あのドロドロとしたチョコレートが肌に

 まとわりつく感触が忘れられない。手枷足枷で食台に鎖

 で縛りつけられ、体中にチョコレートを塗りたくられた。

 シエルは自由を奪われた形で体中を舐め上げられ、貪り

 つく唇にヌルヌルとした舌の感触に翻弄された。人として

 扱われることのない屈辱と食べられるかもしれないという

 恐怖がシエルを侵す。もう、セバスチャン以外誰にも

 触れられたくないはずだったのに・・・もし、体中をヌメヌメ

 と這いまわる舌がセバスチャンだったら・・・そう考えた

 だけでシエルの身体に熱いものがこみあげてきた。

 シエルはそっと自分の身体に手を伸ばした。セバスチャン

 に舐められている自分を想像して触れてみた。

 「あっ」

 シエルは思わず小さな吐息を洩らした。チョコレートに

 溺れるが如く快楽の波に溺れてシエルは自らを慰める

 のはいけない事だと分かっていても手の動きを早めた。

 「あ、ああ~セバスチャン」

 セバスチャンの名を呼び、絶頂を迎えようとした時、

 シエルの前にセバスチャンが現れた。最初、これも夢

 なのかと思ったが、現実だった。セバスチャンは名前を

 呼ぶと何処にいようと駆けつけて飛んでくるのだった。

 「坊ちゃん、何をしていたのですか?」

 セバスチャンはニヤリとシエルを見て言った。

 「いけない子だ。」

 シエルは顔を真っ赤に染めてうろたえた。

 「さっき何をしていたのか私にもう一度見せてください。」

 セバスチャンがシエルの耳元で囁いた。そして、シエル

 を押し倒した。

 「はしたない。こんなに濡らして・・・」

 セバスチャンがシエルを握りしめた。

 「自分でするのとどちらが気持ち良いですか?」

 「ばか。」

 シエルは目を閉じてセバスチャンにしがみついた。熱い

 口づけとともにセバスチャンがシエルの中へ入ってくる。

 「ああああ~」

 シエルは痛みに顔を歪ませて歓喜の声をあげた。赤い

 蝋燭の炎のように揺れ動く快楽にシエルは翻弄された。

 熱く激しく燃えて炎に呑み込まれる。闇の中に燃え上がる

 炎のように快楽はシエルを天へと導いて行く。絶頂を

 迎えた後もなお、口づけを交わすセバスチャンにシエルは

 蕩けてしまった。このまま本当に食べられてしまいたい。

 シエルは心からそう願った。悪魔に身も心も捧げる背徳

 の夜は闇に包まれた炎のようにいつまでも燃え続けた。


                          (完)





   黒執事小説『鳥籠エピローグ』













Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.