1405194 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Motor & Outdoor Journalist 安藤眞の         逆説的よろず考現学

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


安藤 眞

Favorite Blog

あんどうりす の … りす(*^ ^*)さん

Comments

Freepage List

 '05年1月17日より、コメントの書き込みの受付を開始いたしました。
 が、管理者の多忙により、お返事を返せる確率は非常に低いことをご了承下さい。
 また、コメント欄で議論をするつもりはありませんので、その点についてもご承知置き下さい。
 なお、公序良俗に反すると管理者が判断した書き込み、関連性の無いと判断されるトラックバックに付きましては、お断り無く削除させていただきます。

 ホームページ時代の過去ログや、ETCに関する質問趣意書、大型自動二輪免許一発試験必勝法は、http://homepage3.nifty.com/andojournal/に掲載しております。

Shopping List

日本製で安全・安心です。日本製シリコンソフトスプーン 一体深型サイズ 2本セット…
「深型」というので、普通のスプーンぐらいの深さがあるかと思ったら、意外と浅かったです。ラージの方が…[>>]
お得!全国送料無料!!【即納/ゆうパケット送料無料】デジタル ラゲッジスケール ス…
自転車の重量を計測する目的で買いました。フレームにベルトが引っ掛けられて便利です。ホイール単体重量…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
Dec 15, 2018
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさん、こんにちは。

 昨年6月、東名高速下り線で発生した「あおり運転死傷事故」の地裁判決が、12月14日に言い渡されました。判決は「懲役18年」というものでしたが、認識しておいていただきたいのは、これは横浜地裁による地裁判決であって、被告が上告すれば変わる可能性がある、ということです。

 ともあれ、危険運転致死傷罪が適用されたことについては、良かったと思います。「あおり運転で死傷事故を起こせば、それが直接の死因ではなくても、危険運転致死傷罪の適用はありうる」という判例を残しただけでも、それなりに抑止力にはつながるでしょうから。

 実は僕は、この案件に危険運転致死傷罪が適用されるのは難しいのではないかと危惧していました。というのも、被害者を直接、死傷させたのは、石橋被告ではないからです。確かに、あおり運転による強制停車によって重大な危険を生じさせたことは間違いありません。しかし、もし停車していたのが、故障車や事故車両だったら、どうなるでしょう? 実際、​2013年には伊勢湾岸道で、第2通行帯に立ち往生したクルマにトラックが追突する事故が起きています​。そういうものを避けて安全に運転するのは、高速道路を利用するすべてのドライバーの責務なのではないでしょうか。

 もちろん、そのことが石橋被告の刑の重さに影響してはならないと思います。しかし、高速道路を利用するすべての車両が、建前通りの安全運転をしていれば、この事故は無かった可能性があるというのは、紛れもない事実です。

 特に今回の事故では、2台連なって走っていた大型トラックの1台目が避けたにも関わらず、2台目が停車していたワゴン車に衝突しています。これは適切な車間距離を取っていれば、避けられた事故では無いかと思います。しかも事故が起きたのは、3車線道路の追い越し車線です。90km/hでリミッターが作動する大型トラックが、なぜそんなところを走っていたのか。第1・第2通行帯に、それほど遅いクルマが溜まっていたとは、ちょっと考えられません(この点については衝突したトラックのドラレコ映像でわかると思いますが)。

 要するに何が言いたいのかというと、あおり運転をした石橋被告のバッシングにばかり気を取られるのではなく、今一度、自分の運転を顧みるというのも、被害者の死を未来につなげることになるのではないか、ということです。






Last updated  Dec 15, 2018 02:56:28 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.