3133800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東方美人好きは、ぜ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

R2.1.22  今日はH… グリザベラ4163さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2014.11.04
XML
島根県松江市は不昧公ゆかりのお茶の街でもあります。
そんな街の中心部付近に2013年5月にオープンした中国茶のお店があります。

雲悠茶房


こちらの雲悠茶房さんは、中国茶に特化した喫茶店(茶館)です。
お店はカウンター2席に、4名がけのテーブルが2卓と2名がけテーブル1卓と大きな構えではありません。

カウンター席


テーブル席の様子



が、メニューを見せてもらうと、地方の茶館にしては珍しいほど豊富にお茶を揃えています。

日本人に人気の烏龍茶の品揃えはかなりバリエーションが多く、それ以外にも緑茶や黄茶、白茶といった六大分類のお茶が一通り揃っています。
中には、香六安など、あまり日本のお店では見かけないお茶も取り揃えています。

お値段も、東京の茶館の3分の2ぐらいのお値段だと思います。
松江価格で「結構お安く出している?」と思います。


色々見て悩みまして、まずは武夷岩茶の基本品種である、肉桂を注文してみました。

肉桂


工夫茶器で出て来て、1煎目は高級茶藝師の資格も持っているオーナーが淹れてくれます。
2煎目以降はテーブルに備え付けの電気ケトルで自由に淹れていけるというシステムです。

お茶にはお茶請けがもれなく付いており、こちらはドライフルーツ。

ドライフルーツ


これを摘まみながらお茶を飲んでいきます。


さて、肉桂ですが、水色からも分かる通り、やや焙煎が軽めの感じですね。
その分、香りが華やかに出ていて、これはかなり期待できそうな感じです(^^)

飲んでみると、やはり香りも余韻もしっかりあるので、お値段以上な感じですね。

割と地方の茶館だと、地元の値頃感に合わせるためにグレードの低い茶葉を使わざるを得なくなり、「お茶の品質が・・・」なことも多いのです。
が、ここのオーナーさんは、昨年まで東京にいて昨今の中国茶事情をよくご存じなので、ワンランク上のお茶が出てくる印象です。
なので、思う存分、煎を重ねられますね。工夫茶器の真価が発揮される感じです(^^)


お茶の他にスイーツも色々あります。
杏仁豆腐を注文してみました。

杏仁豆腐


かなり気をよくしたので、もう1種類。
香六安を注文してみました。

香六安


香港などではよく飲まれるお茶ですが、いわゆる安茶というやつのブレンドで花などで香り付けをされているものです。
店によって味わいが違うのですが、こちらのは花の香りと後味がスッキリした感じで、なかなかではないかと(^^)

こちらのお茶請けは豆菓子で。

豆菓子


カリッとサクッと美味しかったです(^^)


面白いな、と思ったのがこちらのお店のスタンプカード。

スタンプカード


飲んだお茶の名前を押してもらえるので、前回何のお茶を飲んだっけ?というのが一目で分かります。
ラジオ体操のスタンプみたいで、集めるのが楽しみになりそうです。


お店は喫茶がメインですが、入り口のところには茶葉の販売コーナーも設けられています。

販売コーナー


気に入ったお茶や気になるお茶を買って帰れるのは良いですね。
最近は景徳鎮の蓋碗の展示なども始められたそうです。


地方にありながら、ハイクオリティのお茶を楽しめる茶館というのはなかなか少ないのですが、こちらはそうした1軒になりそうな感じです。
地元や近県の方はもちろんのこと、松江市内観光の定番ルートである堀川めぐりのカラコロ広場に近い場所にあるので、観光の際に寄ってみても良いのではないでしょうか(^^)



雲悠茶房
住所:島根県松江市東茶町35
電話:0852-23-6948
営業:10:00~20:00
定休:火曜日

https://www.facebook.com/unyusabo

中国茶情報局の紹介ページ

日本全国茶館・茶荘巡り一覧


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
地方の本格派茶館(^^)







Last updated  2014.11.04 18:44:23
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.