772072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2022年05月20日
XML
カテゴリ:Gaia Work




本日Gaia Workオモイカネを開催しました。
オモイカネは知恵の神で、日読み司(陰陽師)です。
アマテルの左臣として、太陽と月を見て暦を作り、
気象に関することや、天の祭りをとり行いました。
アマテルが富士山から伊勢へと都を移した際、
新しい都の基盤を作りました。


オモイカネの生まれ名は、アチヒコさんですが、
アマテルの姉のワカ姫が、
アチヒコさんに一目惚れをして、思い兼ねて、
恋文(上から読んでも下から読んでも同音のまわり歌)を渡し、
夫婦になったことから、
オモイカネと呼ばれるようになったとのことです。
阿智神社にはオモイカネが祀られています。


岩戸開きでは演出・ディレクター役として、
オモイカネが大活躍しました。
神々を呼び会議で、知恵やアイディアを出し合い、
岩戸開きの公演、演出をまとめました。


今日の瞑想でのワークは、オモイカネが見守る中、
源のハートの洞窟の中で、
自分の古い映画(パターン)を流し、
そこにある信念体系と感情パターンを解放しました。
新しい映画のイメージ作りとタイトルを意図し、
内なるアマテラスの愛ととつながり、
岩戸から新しいGaiaへと降り立つワークを行いました。
オモイカネは器が大きく、バランス感覚が絶妙で、
知恵と愛に溢れて全体を見守ってくれました。


岩戸開きの神々もオモカネのお声がけにより、
ワークに参加され、
オモイカネの息子で岩戸を開けたタジカラオから、
物事を動かす力加減を、
アメノコヤネからは言霊の愛の力を、
アメノウズメからは、表現力と腹をくくる度胸がサポートされ、
勇気づけられました。
しめ縄をかけたツワモノヌシ、
大きなサカキを持つアメノフトマニ、
アマテラスも参加されていたようです。
今日のzoom記録での参加の方も含めて、
民と神が一人ずつ交互に座り、輪になって、
Gaiaへと愛と祈りを送りました。
美しくパワフルなひと時でした。


次回Gaia Work 事代主は、6/21(火)13:00〜15:00、
夏至の開催となりました。
サロン参加は定員になりましたが、
zoom参加とzoom録画参加も可能です。


グループセミナー詳細

思金神社ブログ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2022年05月20日 22時05分05秒
[Gaia Work] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.