370956 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ささやかなこの人生

PR

X

全170件 (170件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

病院・施設

2010.01.22
XML
カテゴリ:病院・施設
厚生労働省が1月21日に公表した「病院報告」(2009年9月分概数)によると、

昨年9月の1日当たりの平均入院患者数は、前月から7502人減って129万8236人でしたが、

外来患者数は2万4247人増えて140万9587人となったそうです。

「1日平均患者数」を病床区分別に見ると、

増加したのは「精神病床」で31万6402人(1773人増)。「結核病床」は3379人(51人減)

「療養病床」は30万8215人(6人減)、「一般病床」は67万194人(9212人減)と減少でした。

また「平均在院日数」は、前月から0.9日増えて33.8日。

病床区分別では、「結核病床」が78.3日(4.0日増)、「一般病床」が18.6日(0.4日増)と

増加。一方、「精神病床」は310.8日(1.4日減)、「療養病床」は186.5日(3.1日減)と

減少したようです。

外来患者数は、昨年8月は前月から8万6057人減の138万5340人で、

昨年では1月の134万7741人、5月の130万7143人に続き、3回目の130万人台に

なっていたようですが、再び140万人台に戻ったそうです。



ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村








Last updated  2010.01.22 21:33:51
コメント(4) | コメントを書く


2009.01.30
カテゴリ:病院・施設
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の退所者の“行き先”として

最も多いのは「死亡」。

この様な、実態が厚生労働省の「2007年介護サービス施設・事業所調査」で

明らかになりました。

調査は、全国の介護サービス事業所や介護施設などを対象に昨年10月に実施され

介護老人福祉施設は、対象の5892施設すべてから、

介護老人保健施設は、3436施設中1施設を除き、

介護療養型医療施設は、2694施設中2608施設から回答を得ました。

それによると、低価格で入所できる介護老人福祉施設を退所した人の

“行き先”として最も多かったのは「死亡」で63.0%。

次いで「医療機関」(31.5%)、「介護老人福祉施設」(2.5%)と続き、

「家庭」に戻ることができたのはわずか1.6%だったそうです。

医療法人などが運営する介護老人保健施設では、「医療機関」(45.3%)と

「家庭」(31.0%)が多く、「死亡」は3.8%と少なかったそうです。

医療機関の療養型ベッドのうち、介護保険を利用する

介護療養型医療施設で多かったのは、「死亡」(32.6%)と「医療機関」(同)で、

これに「家庭」(14.0%)、「介護老人保健施設」(10.8%)などが

続いたようです。厚労省の実態調査は、毎年勤務先の病院にも送られてきます。

毎回、私が回答を行いますが・・・退院者の行き先は、まさしく統計通りです。

「死亡退院」されるか、容体が急変され「医療療養型に移動」されるかです。

国は、患者さんを自宅療養を勧めていますが・・・

最終的には、家族は入院代の負担は掛かりますが病院に入院を切望されています。

人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
こちらもポチッと押して下さいネ








Last updated  2009.01.30 21:11:34
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.11
カテゴリ:病院・施設
12月に入って、保険請求業務が終わり一段落したかと思えば

今月の24日に、保健所の医療監視が入る事に決まりました・・・。

毎年この時期に入るのですが、24日とは・・・

病院・診療所などの医療監視とは

   保健所では、医療法第25条に基づき病院、診療所、助産所に立ち入り、
   医療法その他の法令に規定された人員や構造設備を有し、適正な管理を
   行っているか否かなど検査し、適正な医療の場の確保を図っています。

また、来年の1月20日には県からの介護療養型医療施設への実地指導が決まりました。

前もって準備しなくてはいけない書類が多く、暫くは忙しくなりそうです。









Last updated  2008.12.11 22:37:32
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.26
カテゴリ:病院・施設
今日は、職場での秋まつりです。昨年までは8月に行われていた夏まつりでしたが

今年は9月に秋まつりの開催となりました。昨夜は、雷と共に大雨が降り今日も朝から

空一面雲に覆われ、今にも雨が降り出しそうな天気です。18時からの開始ですが

天気が回復してくれると良いのですが・・・


banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもお願いします






Last updated  2008.09.26 06:46:07
コメント(3) | コメントを書く
2008.08.26
カテゴリ:病院・施設
長崎県保険医協会が、行った「高齢者意識調査 看取りの場所について」

「自宅では無理」とする人が半数近くを上まわりました。

自宅での療養が困難な理由としては、「家族の負担が大き過ぎる」や「症状が急変した時の対

応が不安」、「家族が高齢化して大変」などの回答が相次いだそうです。

厚生労働省は「在宅死」の割合を現在の2割から4割に引き上げようとしていますが、

多くの高齢者が疑問の声を上げているようです。


介護保険の導入以後、「老人介護」に対する意識やサポートは多少手厚くなったかも

しれませんが、その一方で高齢者にはわかりづらい医療保険、介護保険の利用方法が

混乱を招いていると思います。しかも、長期療養型病院もどんどん減少し、

病気に対する不安は大きくなる一方・・・。

「自宅で家族に看取られる」という理想はもちろん誰もが持つのでしょうけど

家族の負担を考えた時に、誰もが申し訳なく思われるのではないでしょうか・・・

誰もが安心して人生の終わりを迎えられるよう、医療環境を整えることが大事と思います。


banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもお願いします









Last updated  2008.08.26 22:21:51
コメント(1) | コメントを書く
2008.08.18
カテゴリ:病院・施設
障害者対象の病棟や難病患者らの特殊疾患病棟で、

10月から脳卒中や認知症が原因で障害がある患者の入院基準が厳しくなるようです。

これらの患者の割合が少なければ入院は可能ですが、多いと医療機関に医療費が

これまでのようには支払われなくなるため、退院圧力が強まる恐れもあるようです。

対象となる「障害者施設等一般病棟」では、患者のおおむね7割以上が

障害者でなければなりませんが、脳卒中などが原因の場合は重い意識障害などを除き、

10月から障害者の人数として算定できなくなるようです。

特殊疾患病棟でも、同様にこれらの患者も算定できなくなるようです。

banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもお願いします









Last updated  2008.08.18 21:59:07
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.22
カテゴリ:病院・施設
舛添厚生労働相は21日、北九州市内で講演し治療法が確立していない難病研究の予算を

09年度には08年度の4倍程度に増やす意向を表明し

09年度の予算が決まった時、難病対策費が(08年度の)約24億円から

100億円に増えた、としたい」と述べ、原因や治療法を究明する「難治性疾患克服研究事

業」の対象となる病気を現在の123疾患から大幅に拡大する考えを示しましたようです。


72年にできた国の難病対策要綱は、「難病」について

(1)原因や治療方針が未確立で後遺症を残す恐れがある

(2)慢性化して経済的、精神的負担が大きい、などと定義。

民間では治療や医薬品の開発が進まず、全国規模の研究が必要なものを「特定疾患」とし、

現在は123の病気を指定しています。このうち45は「特定疾患治療研究事業」とされ、

原因究明や治療方法の開発に生かすデータを患者に提供してもらう代わりに、

治療費の自己負担分を国と都道府県が全額または一部を負担しています。


banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもお願いします
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ ←こちらもお願いします











Last updated  2008.06.22 10:36:34
コメント(4) | コメントを書く
2008.06.18
カテゴリ:病院・施設
後期高齢者医療制度に伴い、医療機関への診療報酬(医療費)のうち

社会保険から移行した分の支払いが、制度の導入前より最大で10日も遅れるという

問題が指摘されています。

医療機関が受け取る診療報酬は、国民健康保険を対象にした「国民健康保険団体連合会(国保

連合会)」と、社会保険を対象にした「社会保険診療報酬支払基金(支払基金)」に大別され

ます。

国保連合会は各都道府県に設置されており、支払日は毎月おおむね25~30日

支払基金では毎月20日ごろとなっています。

後期高齢者医療制度制度は、都道府県単位の「後期高齢者医療広域連合」が運営しており

診療報酬は国保連合会を通じ、おおむね25~30日に支払われます。

同制度の施行で、社保に加入していた給与所得者(本人)と、

社保の子ども世帯の扶養家族になっていた人(被扶養者)が、社保を脱退し、同制度に移行。

同制度の対象者約1300万人のうち、社保からの移行は、本人約50万人と

被扶養者約200万人の計約250万人に上ると言われています。

医療機関にとっては、同制度が導入されるまでは社保だった分の診療報酬の請求先が、

支払基金から広域連合に変更になり、20日ごろに支払われていた診療報酬が、

25~30日にずれ込むことになります。診療報酬の支払いを広域連合が

30日にした場合は、従来に比べ10日遅れになると言うことです。

医療機関の多くが、支払基金からの診療報酬を基に、25日を職員の給料日に設定しており、

25日は1か月のうちで最も多くの資金が必要になるようですが・・・。

入金日が遅れることで、厳しい経営を強いられている医療機関が

25日だった給料日をずらすなどの可能性も懸念されている様です。

後期高齢者医療制度・・・病院の職員にも影響がでる恐れがあります。



banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ←こちらも押して下さい







Last updated  2008.06.18 22:28:12
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.17
カテゴリ:病院・施設
入院を必要とする救急医療を担う医療機関(二次救急医療機関)の中で、

休日と夜間の診療体制が、医師2人以下となっている医療機関が全国で7割に上ることが

厚生労働省の調査で、明らかになったようです。

複数の病院が当番制で休日・夜間の診療を行う「病院群輪番制」に参加している病院と

拠点となる病院が施設を開放し、地域の医師の協力を得て診療体制を

確保している「共同利用型病院」を対象に実施され

全国3108か所の二次救急医療機関から回答があったそうです。

当番日の勤務医師数では、「1人」が1331施設で全体の42.8%を占め

「2人」の872施設(28.1%)と合わせ、全体の71%に当たる2203施設が

休日と夜間の医師体制が2人以下になっていた。「3人」は319施設(10.3%)

「4人以上」は539施設(17.3%)だったようです。



救急医療については、患者の重症度によって、最も軽いものから順に初期、第二次、第三次の

体制で対応することになっています。

初期、二次、三次というと、救急患者がその順に病院を転送されそうなイメージが

あるようですが、そういう意味ではない様です。



二次救急医療体制とは

入院治療を必要とする重症救急患者に対応。都道府県を数地区に分割したものを

二次医療圏と呼びますが、その圏内の病院の輪番制などにより24時間体制をとります。



banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ←こちらも押して下さい








Last updated  2008.06.17 22:28:02
コメント(4) | コメントを書く
2008.05.22
カテゴリ:病院・施設
佐世保市の障害者施設で、今月女性入所者が介護職員から

別の入所者の薬を誤って飲まされ、数時間後に死亡していたことが21日わかりました。

女性介護職員が就寝前の入所者に順番に薬を飲ませる介助をしていた際

女性入所者に、同室の別の入所者用を誤って飲ませたそうです。

佐世保署が服薬と死亡の因果関係などを調べています。

医療事故には二つのケースがあります。

一つは事故が誰のミスでも怠慢でもなく、不可抗力で起きてしまった場合。

もう一つは、人為的なミスや怠慢によって起こった場合です。

人為的な原因が考えられる場合でも、患者側に問題があって事故に

結びついてしまった場合と、病院や医師の側に問題があって事故が起きて

しまった場合があります。


banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ←こちらも押して下さい







Last updated  2008.05.22 21:42:22
コメント(1) | コメントを書く

全170件 (170件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


© Rakuten Group, Inc.