000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

勉強ブログ

PR

X

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

マクロモジュール

2018.03.30
XML
カテゴリ:マクロモジュール
概要:テキストファイルを新規作成する
引数:ファイルパス
戻値:
備考:ファイルを作成して格納するだけのプログラム(戻値としては返さない)
Sub createTxtfle(fle_path)
 Dim fso As Object
 
 Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  fso.createtextfile (fle_path)
 
 Set fso = Nothing
End Sub






最終更新日  2018.03.30 20:40:01
コメント(0) | コメントを書く


2018.03.10
カテゴリ:マクロモジュール
概要:ワード内の全ての画面ショット(InlineShapes)の幅を統一するマクロ(縦横比固定のまま)
引数:幅
戻値:なし
備考:なし

Sub change_width(width)

For Each shp In ActiveDocument.InlineShapes
        shp.LockAspectRatio = msoTrue
        shp.width = width
Next

MsgBox "END"

End Sub







最終更新日  2018.03.10 20:24:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.09
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=図形のグループ化を解除
'引数=ファイル名、シート名
'戻値=無し
'引数の型=文字型、文字型
'戻値の型=無し
'その他=PCの拡張子の有無設定により、ファイル指定が出来ない場合あり
'------------------------------------------------------------------
Sub shapes_ungroup(fl_name, fl_sheet)
Dim bGrp As Boolean, shp As Shape
'メインループ
Do
    bGrp = False 'グループ存在フラグをFalseで初期化
    '現在のシートの全てのオブジェクトでループ
    For Each shp In Workbooks(fl_name).Worksheets(fl_sheet).Shapes
        'グループ化されたオブジェクトの場合、グループ存在フラグをTrueにし、
        'グループを1階層だけ解除
        If shp.Type = msoGroup Then
            bGrp = True
            shp.ungroup 'グループ解除
        End If
    Next shp '次のオブジェクトへ
    'グループのオブジェクトが1つも見つからない場合は、メインループを終了する
    If bGrp = False Then
        Exit Do
    End If
Loop
End Sub







最終更新日  2018.02.09 19:26:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.04
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=指定の大きさの一次元の空配列を作成して返す
'引数=配列の行数
'戻値=指定した行数の空配列
'引数の型=数値型
'戻値の型=配列型
'その他=呼び出し元で型指定なしで変数を作成し、その変数にこの関数で作成した配列を代入すれば指定した行数の配列が呼び出し元で出来る
'------------------------------------------------------------------
Function make_array_1d(row) As Variant
ReDim ary(row)
make_array_1d = ary
End Function






最終更新日  2018.02.04 17:46:12
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.03
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=ファイルのコピー
'引数=コピー元パス、コピー先パス
'戻値=無し
'引数の型=文字型
'戻値の型=無し
'その他=パスはファイル名まで必要
'------------------------------------------------------------------
Sub fl_copy(from, dest)
FileCopy from, dest
End Sub







最終更新日  2018.02.03 21:51:16
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=指定の大きさの二次元の空配列を作成して返す
'引数=配列の行数、列数
'戻値=指定した行/列数の空配列
'引数の型=数値型
'戻値の型=配列型
'その他=呼び出し元で型指定なしで変数を作成し、その変数にこの関数で作成した配列を代入すれば指定した行/列数の配列が呼び出し元で出来る
'------------------------------------------------------------------
Function make_array_2d(row, column) As Variant
ReDim ary(row, column)
make_array = ary
End Function







最終更新日  2018.02.04 17:32:52
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=セルの書式をボールドにする
'引数=行番号、列番号
'戻値=無し
'引数の型=数値型
'戻値の型=無し
'その他=特に無し
'------------------------------------------------------------------
Sub bold_cell(ad_row, ad_column)
Cells(ad_row, ad_column).Font.Bold = True
End Sub







最終更新日  2018.02.03 18:50:50
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=入力のある最大行数を求めて返す
'引数=列番号
'戻値=入力のある最大行数
'引数の型=数値型
'戻値の型=長整数
'その他=特に無し
'------------------------------------------------------------------
Function Effectiverow(column) As Long
   Effectiverow = Cells(Rows.Count, column).End(xlUp).row
End Function







最終更新日  2018.02.03 21:57:21
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マクロモジュール
'------------------------------------------------------------------
'概要=入力のある最大列数を求めて返す
'引数=行番号
'戻値=入力のある最大列数
'引数の型=数値型
'戻値の型=長整数
'その他=特に無し
'------------------------------------------------------------------
Function Effectivecolumn(row) As Long
   Effectivecolumn = Cells(row, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
End Function






最終更新日  2018.02.03 21:57:58
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マクロモジュール
【マクロモジュール】ファイルを開く
'------------------------------------------------------------------
'概要=ファイルを開く
'引数=ファイルパス
'戻値=無し
'引数の型=文字型
'戻値の型=無し
'その他=""を付けるかは不明(気にする必要なし)
'------------------------------------------------------------------
Sub file_open(file_pass)
    Workbooks.Open file_pass
End Sub






最終更新日  2018.02.03 17:53:04
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.