000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろねこのさんぽ

14~ブルーの首輪

14.ブルーの首輪

人懐っこくて優しい性格としか表しようのない長男、ともたろうが、わたしの不注意によって、どれだけ苦しい一夜を明かしたのか、十数年経った今でもハッキリと思い出すことができます。

もはや自己満足以外に意味をなさない励ましの言葉をかけ、ぐったりとなった彼を抱え、日曜も診療している動物病院を探して連れてゆく。
ともたろうは尿毒症でした。

そう言われても、その恐ろしさがわからない。

無知が一番の罪だというのを嫌という程、思い知らされるのです。
知らなかった、知らなければ仕方がない、ただそれだけのことだけれど、その間にも確実にひとつの命は

『死に向かっています』

診察を終えた優しそうな初老の先生の口から、わたしに向けられた言葉はそれでした。

たった24時間前に、ともたろうがトイレに座っているのを見て、わたしはそのまま仕事に行っただけだったのに、今、わたしは穏やかに、彼の死の宣告を受けている。

猫の尿毒症。

だけど、もう駅に行かなければ。
電車に乗らなければ、仕事に間に合わない。
わたしが急に休んでも、代わりにレッスンを引き受けてくれる講師はいないから。
電車に乗ろう。

祈りというのは通じるのかしら。
優しい先生にお願いして、奇跡を信じる事以外、何もできない。
昨日の昼に、無理をしてでも、連れて行っていれば。

その日の昼に、ともたろうの経過を知らされたわたしは、ホッと胸を撫で下ろすのでした。
山はどうやら脱したらしいと。

よかった。
だって、ともたろうが死ぬわけないんだもん。
あんなに元気に走りまわって、肩車だっていつもしてあげてるのに。
あんなに体重があって。
抱っこが大好きでいつも、飛びついてきてわたしの仕事服は一体何着、穴を空けられたかしら。

その日の日記に、こう書いています。

3/7(日)朝 風雨
たろうが 病気になった
昨日 出がけに 嫌な予感がしていた
私は 気付いていたのに それを見逃した
そして たろうは ひどい病気になった
たろうが 突然 いなくなるなんて
考えられないし 考えたくないけれど
たろうは 助かるんだろうか
私は 何も してあげてない
どうか たろうを お守りください
どうか たろうを 死なせないでください

 12:30
家に 二度目の電話をした
たろうは 苦しんだけれど
たろうを見守ってくれている見えない力と
病院の先生の手によって
少しずつ 良い方向へ 導かれていくのだろう
たろうを助けてくれてありがとうございます

それから数日経った日の朝、偶然、早く目覚めたわたしは、別な部屋で両親が話をしているのを何とはなしに聞いていました。

かわいそうで、いわれん・・昨日・・

病院から電話・・

ほんとはもう、ダメとって

ともたろうは。

安楽・・決めてって・・  

わたしは布団に入ったまま、両親に気付かれないように、声を出さないように。
懐で眠っているつれみを撫でながら、謝りました。
ごめん、ごめん、ごめん。
わたしは、あなたの大切な息子を。

決められないよ。
そんなこと、決められないよ、わたしには。

     *     *     *

ともたろうは、最期まで優しいコでした。
わたしに、その日を決めさせることなく、逝きました。

知らないことは、罪。
知ろうとしなかったことも、罪。
わたしは二度と、同じ間違いはしちゃいけないんだろう。

ともたろうが逝ったその日は、山口の湯田温泉というところへの遠出の日でした。

3/12 a.m たろう永眠
奇跡は 起きなかった
私は 泣かなかった
家の そばに埋めた
私は たろうのかたみの首輪をポケットに入れて
今 山口へ行く 新幹線の
中に 居る

ともたろうの首輪は晴れた空の色のような、青色でした。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.