000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あぁ人生って

あぁ人生って

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

2018年12月19日
XML
カテゴリ:仕事
とにかく誰かにぶちまけたいので久し振りのブログ。
今年の2月から唯一になった同僚ラケルが、風邪を拗らせて敗血症になり、長らく病欠を取った後、退社。5月にやっとスペイン語を話せるヘレンが入社したけど、ヘレンは英語がちょっと。でも何とか仕事を回していた7月、ボスが何を栃狂ったか非常に迷惑な性格のトリサを雇用。彼女がお客さんを連れてくるという甘い誘惑に負けたらしい。12月末現在ヘレンが連れてくるはずの沢山のヒスパニックのお客もトリサが連れてくるはずの沢山のお客も実現していない。英語が話せなくてもヘレンはいいの、まじめだから。でもトリサははっきり言って人格破綻者。最初はADHDなのかな、仕方ない、私たちが合わせるしかないか、と思って、いくらウザくてもうるさくても自分勝手でも嘘つきでも我慢していた。
ところが昨日、彼女は1977生まれだと言っていたのに彼女のファイルに1963生まれとなっていたので、訂正しなきゃね、書類の手続き上、変更届と証拠となる運転免許証を提出して、と頼んだら、なんと運転免許証の生年月日の上に赤ペンで1977と書き込んだものを出してきた。下には1962と記載されているのが丸わかり。昨夜は何で彼女がそんなことをしたのかショックで一晩中眠れなかった。
それで今日トリサに向かってこんな免許証じゃ本社に出せないよ、と言ったら自分の母親が出生証明書と社会保障番号をぐちゃぐちゃにしたので今色々と訂正の手続きをしているところだ、と嘯く。
実は昨日社長に彼女の生年月日詐称について伝えて、社長も自分に提出された社員の諸々の申告書を既に調べて、そこには1968と書いてあったのを発見していたのだ。社長が彼女を呼び出して調べたところ彼女は色々な書類に生年を1977、1968,1963&1962とバラバラに記載していたことが判った。社長は今まで見たことがないぐらい怒って、彼女に、馘だ、荷物をまとめてカギを返して出ていけ、と彼女を追い出した。社長との会話を零れ聞きしたら彼女の母親は70歳だけど、14歳で彼女を生んだことを恥じて生年月日を胡麻化したのだ、とか言ってたので、やはり彼女の生年は1962で合っているわけ。何故1977と私たちに嘘をつかなきゃならなかったのか理由が全く理解できない。結局社長も何故彼女が詐称したのかという理由がはっきりしなかったらしい。
その後もぐだぐだと自分は何も悪いことはしてない、誰も傷つけていない、と何回もテキストを私に送りつけてきた。返信していないけど。これってサイコパス?書類偽造や年齢詐称に対して罪悪感が全くない。常々彼女の目が空洞というか、何も映していない感じだと思っていたのだ。スコット・ピーターソンとかティモシー・マクベイとかと同じ精神異常者の目、って感じ。
人手は足りないけど、トリサがいるだけで面倒ごとが増えていたので、やっと明日から会社に行くのが嫌じゃなくなるはず。この1年本当に疲れた。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2018年12月19日 15時13分16秒
[仕事] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

プロフィール

Blue Bunny

Blue Bunny

カレンダー

バックナンバー

・2024年04月
・2024年03月
・2024年02月
・2024年01月
・2023年12月

© Rakuten Group, Inc.