1368967 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

June , 2018

Category

Rakuten Ranking

Free Space





December 9, 2009
XML
カテゴリ:central&paciffic

共同通信より

阪神の赤星憲広外野手(33)
が9日、兵庫県西宮市内のホテルで
記者会見し、今季限りでの現役
引退を表明した。9月に首を痛め
た際は持病の椎間板(ついかん
ばん)ヘルニアの悪化とされていた
が、その後の検査で脊髄(せき
ずい)損傷と診断されたためで、
同外野手は「全力プレーをできない
状況で野球を続けるのは無理な
のではないかと、引退する気持
ちを固めた」と語った。

現在、日常生活に支障はないと
いうが、医師からは「今度やっ
てしまったら、最悪、命の危険
もある」と言われたことも明か
した。突然の引退に「実感がわか
ない」と繰り返しながら、
プロ生活を振り返り「9年間できた
ことは本当にありがたいこと」
と話した。赤星は愛知・大府高
から亜大、JR東日本を経て2001年
にドラフト4位で阪神入団。
1年目から5年連続で盗塁王に
輝き、03年と05年のリーグ優勝に
貢献した。しかし今季は91試合
の出場で打率2割6分3厘にとど
まった。9年間の通算成績は
1127試合で1276安打、打率
2割9分5厘、381盗塁。


--どれぐらいの期間悩んだか

「この1カ月しか考える時間はなかった。今でも実感がわかない。だれにも相談できない状況だったので、この1カ月が今までの人生で一番苦しかった」

--両親への相談は

「両親に話したら、やっぱり親なので体のことを第一に考えてくれて『よく頑張った、もういいでしょう』と言ってもらえたので、それも決め手にはなった」

----引退セレモニーさえできていない

「このけがさえなければ来年もレギュラーでやっていける自信はあったし、今でも若手に負けない気持ちはある。いつになったら実感がわくのかも、まだ分からない」

--現役9年間での思い出のシーンは

「まだあまり振り返りたくはないが、2003年にリーグ優勝したときのサヨナラ安打がうれしかった。ただ、05年の日本シリーズで(ロッテに)4連敗したときに力負けを痛感して、あの悔しさがあるからこそ日本一になりたい気持ちを持ってきた。それを果たせずに辞めるのは悔いが残る」

--9年間どんなプレーにこだわってきたか

「盗塁に関してはプロで通用する自信はあったし、実際に通用した。僕は本塁打を打てないから、みんなにホームまでかえしてもらうことが一番の喜びだった」

--新しい野球を見せられたのでは

「正直、僕が入団する前はそういうチームではなかったので、走塁改革はできたかなと思う。他球団でも走塁の重要性が高まってきているのは感じる」

--これまで度重なるけがを乗り越えてきた

「絶対に気持ちで負けない野球をやろうと思ってきたので、これまでも肋骨が3本折れようが強い気持ちでやってきた。ただ、今回ばかりは気持ちでカバーできるものではなかった」

--今後については

「僕から野球をとることはできない。必ず球界発展のために何らかの力になりたいと思っているし、これからも子供たちの希望になりたいと思う」

--盗塁数に応じて車椅子を寄贈する活動もおこなってきた

「今回が最後の車椅子になるかと思うと、あと100個ぐらいは贈りたかったので、ちょっとショックです」

--チームメートへの思いは

「ぎりぎりまで悩んでいたので、まだ選手全員には伝えられていない。みんなには僕の分まで本当に頑張ってほしい。若い選手にはまだまだできる選手がたくさんいるし、もっともっと頑張ってほしい。08年に(巨人に)大逆転されて悔しい気持ちを持っている。僕はもうプレーで(雪辱を)晴らすことができないので、みんなに託したい」

--記者会見して実感はわいてきたか

「現状ではまだ難しい。1月になって自主トレーニングをしていなかったり、春にキャンプに行っていなかったりしたときに実感がわいてくるんじゃないかと思う」

--最後にファンへのメッセージを

「9年間本当にたくさんの応援をしていただけたからこそ僕もここまで成長できた。優勝した喜びをファンと分かち合える経験もできた。(甲子園の)あの大歓声の中でプレーできないのは本当にさみしい。感謝しきれないという気持ち。僕は引退するが、これからは阪神を応援する立場として、日本一の夢を選手に託していきたい」



今日はあちこちで新人君
の入団発表があったんだけど
ワタシは今日はこっちだな。

速報で見て、びっくり。。
え?なんで!?が最初です。
でも詳細が入ってくるにつれ
大変だったことを知り愕然。
苦しかっただろうな。
お疲れ様でした・・。><。

体力の限界を感じ引退する人
(ファンから惜しまれて。)
成績を出せなくて辞めさせら
れる人がいる一方で
まだやれるのに故障で泣く泣く
辞めざるを得ない人がいる・・

ダイビングキャッチは
決まるとFPなんだけど、
背中合わせで危険なプレーと思う。
青木とかジャイの松本君とか
やるのを見るんだけど・・
気をつけてほしいな。。

赤星君は亜大時代よりも
そのあとのJR東日本の時に
わがスワのいしかーと一緒に
五輪に出てたからそっちの
印象が強いかなぁ・・。

プロ入りしてからはやっぱり
足が速くて塁に出すと厄介な
選手。(F1セブンとかって
よばれてなかったっけ?)

肩をアピールしたいと思う
捕手は赤星君を刺さなきゃ!
だったんじゃないかなって。
わがスワ・ふくちくんと、
盗塁王を競い合う好敵手。
もうその対決も叶わないのか。
タイトル争いはライバルがいてこそ!
なだけに、さびしいな。

他球団の選手で好きな選手が
辞めちゃうのは悲しい><
もうそれだけです・・。






Last updated  December 9, 2009 10:54:28 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.