ベル姉の鯉する日常ときどき妄想

フリーページ

はじめにお読みください


2004年度文芸部系!選手名鑑


文芸部系!選手名鑑その2


選手名鑑


選手名鑑


更新履歴


文芸部のご案内


ベースボールバー☆べるべる


2004年度写真館


2004年度若鯉すくい大会


若鯉すくいその2(6/5)


若鯉すくい大会(8/28)


若鯉すくい大会(10/11)


カープファン感謝デー


2005年度写真館


3月5日(横浜戦)


2003年若鯉すくい写真館


(若鯉すくい:その1)(7/25UP)


若鯉すくい:その2(7/25)


若鯉すくい:その3(7/26UP)


若鯉すくい:その4(8/21UP)


若鯉すくい:その5(9/21UP)


若鯉すくい:その6(9/28UP)


若鯉すくい大会:その7(10/5)


若鯉すくい大会:その8(11/26)


イラストの部屋(1~3)


イラストの部屋(4~6)


イラストの部屋(7~9)


イラストの部屋(10~)NEW(7/7)


うっちーべっちー秘密の部屋


Baseball kidsⅠ


Baseball kidsⅡ


真昼の星


We love 市民球場


準備中


準備中


カープファンへ100の質問


Baseball 相似形


1周年記念企画


アイコン


ベルベル人の公用語


写真館


小説Another Garden・・・


(その2)


(その3)


(その4)


(その5)


(その6)


(その7)


(その8)


(その9)


(その10)


(終章)


小説第2弾 Only Yesterday


(その2 ケン兄さんの秘密)


(その3 ケン兄さんの抵抗)


(その4 ケン兄さんの作戦?)NEW


KANDAGAWA(シリーズ)1


2風のない丘・季節のない街


3落陽


4春雷


(2)


(3)


(4)


最終話:風の岬


真冬のすばる(NEW)


その2


その3


その4


その5


その6(9/1UP)


その7(9/7UP)


その8(9/13 UP)


その9(9/18UP)


その10(9/18UP)


終章(9/18UP)


シンクロ「花の命」


詩のお部屋


罪と罰


オレンジジュース


神様


玉子焼き


ゆびきりげんまん


クリスマス


Where is your STAR?


スィート ランブリン ボーイ


ナイト ブロッサム


サヴォイでSTOMP


月夜のメリーゴランド


J’s Bar


シューティング・スター


珈琲館通り


聖夜の前に


Red Hell’s・・第1部(1~2)


3


4


5


6


7


8


9


10


イラスト


第2部 1


2


3


4


5


第3部(1)


2


月の瞳の猫


ホテル・カリフォルニア


鯉パロ


キャンプの夜の彼らの秘密


キャンプの夜の彼らの秘密(2)


キャンプの夜の彼らの秘密(3)


キャンプの夜の彼らの秘密(4)


キャンプの夜の彼らの秘密(5)


キャンプの夜の彼らの秘密(6)


常連さん、いらっしゃい


家政婦は見た


続・家政婦は見た


アブナイ刑事(デカ)☆うっちー&べっちー


アブ・デカ☆うっちー&べっちー2


アブ・デカ☆うっちー&べっちー・3


番外編「夜空ノムコウ」


家政婦は見た(その3)


アブ・デカ☆うっちー&べっちー・4


家政婦は見た(その4)


家政婦は見た(その5)


家政婦は見た(その6)


家政婦は見た(その7)


ヘキサな刑事・羞と心


その2


(その3)


その4


その5


その6


その7


その8


全5件 (5件中 1-5件目)

1

音楽

2009年10月08日
XML
カテゴリ:音楽

 

   こばわライン

 

やっと手に入れた~~

アリーナアクト

「Arena Act17」

つるちゃん巻頭特集20P!!

シブイ、カッコイイ!!

しかし、この雑誌

初めて知ったわ~~

総カラーグラビアで超豪華!

そこで、つるちゃん表紙は飾るわ、巻頭飾るわ

もう

 

大物さぁ!(笑)

 

彼のことを「オバカタレント」と呼ぶひとは

もういないでしょう

いるとしたら

そのひとが

 

 

 

 

 

 

 

 

おバカ(笑)

 

すっかり、つるちゃん

アーティストとして認知されましたね

もっとも彼自身は

以前からバンドやってたし

ふつーに好きな音楽を好きにやってて

「野心」なんかはなかったみたい

 

でもファントしてはもったいなかった、今まで。

 

というベル姉もですねぇ

彼がミュージシャンだったということは

去年知りました(^^;;

 

ここで

 

もうすごい

 

 

 

カッケーーーーーショック赤ハート爆弾赤ハート爆弾

 

18日に広島にくるのよね、コンサート・ツアーで

でも見れないショック雫雫

広島でおんなじ空気吸ってるんだ~~って

だけで

我慢しよ

 

す~~~~~~~ショック赤ハート

 

 

 

は~~~~~~~~ショック赤ハート

 

今からしてどうする(笑)

 

ところで

ベル姉が知らなかったこの雑誌

発刊元が

「音楽専科社」

ということは

 

 

あの、、、

 

「ミュージック・ライフ」という

老舗大御所ロック雑誌に対抗して

「音楽専科」(そのまんまや)という

新興ロック雑誌を発刊したところではないですか?

 

老舗に対抗するだけあって

老舗の会社に初出勤するのにジーンズ

 

 

ですけど

なにか?

 

みたいな雰囲気の雑誌でしたね

 

 

どんなんや!

自分でも苦しい(^^;;;

 

紙質も悪くてねグラビアとかチープなんだけど

 

 

だからさぁ

 

ナニカ?

 

みたいな

 

そんな雑誌でしたね(褒めてんだけどね)(笑)

 

とりあげるのも

ギンギンのハード、ヘビメタ、パンクで

当時イーグルスが「ホテル・カリフォルニア」でブイブイ言わせてたのに

 

完全シカト!!!

 

でした

 

イーグルスファンのわたしをして

そこまでするなら

たいしたもんだと

言わしめた(笑)

 

でもそんな根性座った雑誌も

けっこう早く廃刊になりましたねぇ、、。。。

 

そういえば反対に「イーグルス人気」におんぶに抱っこで

創刊された「The Music」っていうのがあって、、、、、

 

 

 

 

 

これ、

 

 

長くなるんでまたにしましす、ではまた(笑)

 







最終更新日  2009年10月09日 07時42分13秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年09月02日
テーマ:洋楽(2448)
カテゴリ:音楽

ラモ-ンズ

 

ラモーンズ 

かっこいいっすねぇ赤ハート

 

特にジョーイ兄さんなんて

歩いたらもつれて転ぶんじゃないかって

ぐらい足が長い(笑)

 

 

長髪に 

グラサンに

ジージャン、

 

中の黒いシャツ

 

そしてジーンズ、

 

着こなし

履きこなしといい

 

カッコ良すぎ

 

ある意味

 

 

タイプ(笑)

 

パンクが流行ったころ

わたしはもうけっこうトウのたった

ロック少女?

だったが

 

このニューウエイブ

やっぱり魅力的でしたね

 

女性ロッカーもたくさん出てきた

スージー&バンシーズのスージーとか

プリテンダーズのクリッシー・ハインド

そして

ニューヨークでは

パティ・スミス

特にパティ・スミスは

わたしの「好きなタイプの女性」に

見事にハマってました

栄養不良じゃないかってぐらい痩せてて

おっぱいなんかぺちゃんこで

という少年のような容姿

そして 

 

猥雑な街の中を

しなやかに駆け抜けることができる

パワーと知性。

 

う~~ん

 

かっちょいいちょき

 

わたしは中学生のころから

ジェーン・バーキンとかミア・ファロー

とかこのパティ・スミスみたいな

 

いわゆる

 

(おっされに言うと)

ギャルソ~~ンな

女性がアコガレのタイプであった

しかし 

そういうわたしは

高校のころ

かなり

 

 

ぽっちゃりした体型だったので

 

よけいにアコガレが強かったのかもしれない

 

今は

 

けっこう細いですよウィンク

 

あんまり変わりすぎたので

高校以来という同級生に出会ったとき

 

 

「ひさしぶり~〇〇です~」

 

 

「え?」

友人、怪訝そうに見る

 

「〇〇だけど、、、、、」(忘れられたのかしら)雫

 

「あのぉ、〇〇さんは知ってるんだけど、、、」

「だからわたしがその〇〇だってば!」

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっそ~~~~!!!

 

 

 

だって、高校んときあなた

 

 

 

 

 

 

まんまるだったじゃない!

 

 

 

そ、そ、そんなに

 

大きな声でいわなくても(汗)

 

 

もぉ、マジ??マジ?

 

 

 

 

 

 

 

 

マジです

 

 

 

だって、まんまるだったじゃない!

 

 

 

 

 

 

 

だ、

 

 

 

 

 

 

か、

 

 

 

 

ら、

 

 

 

 

 

 

 

そんな大きな声で言うなっちゅうのっ!!

 

 

 

「ひさしぶり~~~~~~」バイバイ

 

 

 

はぁ、やっとかいショック

 

 

 

てなことがありました

 

「顔も違うし、、」

 

そりゃ、痩せたらイメージ違うでしょうよ。

でも面と向かってもわからんて

 

 

 

 

いったい、、、、どくろ

 

なんかハナシがラモーンズから

大きくそれた(^^;

 

失礼

 

ベル姉、めでたくスリムになりましたけど

(社会人になってからすぐ、がんばってダイエットしたのよ)

 

 

 

 

足は

 

 

 

 

長くならなかったのよね

 

 

ざんねん(笑)

 







最終更新日  2009年09月02日 19時02分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年08月23日
テーマ:洋楽(2448)
カテゴリ:音楽

今流れているドハデな

SOFT BANKのCM

グランド・ファンクロコモーションをバックに

SMAPがすご~い数のバックダンサーを従え踊る、、、

という圧巻さ

 

 

カッコイイ目がハートちょき

 

似合うんだよね

グランド・ファンクの「ロコモーション」

久しぶりに聴いたけど

やっぱり良いわ~

オリジナルはリトル・エヴァという女の子が

唄った、オールディーズ

 

でも

作ったのがキャロル・キングときけば

オールディースってイメージはなくなるなぁ

 

でも

小学生のとき

伊東ゆかりさんが歌ってみんなが

汽車ぽっぽの振り付けで

踊ってたの思い出す。

 

でも

キャロルは70年代のイメージなんで

(アルバムの売り上げがすごかった)

ベル姉の頭はこんがらがる

 

それはともかく

グランド・ファンクの人気はすごかった

 

渋谷陽一さんいうところの

「汗臭いバンド」で(笑)

最初は

ヘタクソだ~!イモだ~~!って

言われたなぁ(笑)

「洗練」とは程遠い

マーク・ファーナーはいつも裸だし

野生臭、、ぷんぷん

音も泥臭い

評論家や一部ロックファンにはバカにされ

 

それでも支持されたのは

「粗にして野だが卑ではない」

ってイメージだからだと分析する。

これは城山三郎さんがどなたかを評して言われた言葉で

彼の方と比べるのもナンですが

荒削りで、一生懸命で、世渡りが下手だが

 

信用できるヤツ

 

と同性から好かれる男がいるでしょう?

 

 

そんなカンジがするのよね

 

1972年だったか

あ、このコーナーはわたしの記憶のみで書いてるんで

間違いが、少なからずあります(たぶん)

ヤフーで調べてね(笑)

「嵐の後楽園球場のライブ」

一般週刊誌もとりあげ

社会現象にもなった

なにしろ野外コンサなのに

 

大雨、大風はもちろん

 

カミナリまで、バリバリ鳴りまくる中、

演奏したのよ。

 

すごかったわ~~~~!

(行ってないけど)

 

この年あたりからなのよね。

大物ロックバンドが次から次へと来日するの。

来日といえばっ!!

あなたっ!!

(だれ?)

 

71年に

 

 

ゼップ

 

 

 

広島に来たのよ~~~~!!!

 

それもチャリティで

700万円(当時の貨幣価値でどれくらいだ?)

ぽ~~んと市に寄付した。

平和公園も行ったし

原爆資料館も見た。

ジミー・ペイジは

「NO WORD」(言葉もない)

と言った。

 

ベル姉は行きたかったけど

田舎の高校生がロックコンサートなんて

親に勘当されるので

 

あきらめた雫雫

 

今年、ロバート・プラント「グラミー賞」をとったので

知人が

「彼は広島の平和活動に貢献した方なので、ぜひ

メッセージを」

と秋葉市長に提言し、実現した。

世界のアーティストのみなさん

ぜひ

ヒロシマにきて

原爆の実相をみてください。

 

U2のボノとか来ないの?

 

なんか、グランド・ファンクから

どんどん

話がソレテいってしまった。

 

またもとっちらかった日記に

なったが

ご清聴?

 

ありがとやんしたスマイル

 

LOVE&PEACEちょき

 

 

 







最終更新日  2009年12月17日 15時46分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年08月21日
テーマ:洋楽(2448)
カテゴリ:音楽

NHK

のラジオ番組に

「ヤングミュージック」というのがあった。

パーソナリティは日替わりで

渋谷陽一さん、大貫憲章(字、あってるかな?)さん

そして、、え~~~と

 

あとは

 

 

忘れた(笑)

だいたい毎日やってたかどうかももう忘れた。

ヤホーで(もういいって?)(^^;

調べればすぐわかるのだろうが

こういう個人的な思い入れの強い話は

自分の記憶や思い出をたどって

話していけばいい、、、というか

むしろそれが正道だと思うので、

少々事実と違っていたとしても

それはお許し願いたい。

きっちりした「情報」はそれこそ

ヤフーでどうぞ。 

 

 

渋谷陽一さんはすっごくクールな方で

なにしろ

ロックを

 

 

 

 

 

 

 

「数式」

 

 

で解説しちゃうような方なのだ!!

 

 

そして

「ボクは汗臭いロックは嫌い」

とハッキリしている

それでよければ聴いてください的なスタンス。

かといってタカピーなカンジはなく

 ナチュラルなので支持されていた。

その彼がいたくお気に入りだったのが

 

ボブ・ウエルチ率いる

 

 

 

 

 

「パリス」

 渋谷さんに言わせると

「近未来型ロックバンド」

彼がお薦めならばと

買いましたよ、アルバム。

それも、ファースト、セカンド2枚とも。 

 

え~~と、感覚としては

70年代の

 

 

 

 

 

 

 

 

「マトリックス?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな?(笑)

 

ま、イメージとして参考にしてください。

 

 

音が金属的で体温があまり感じられない

無機質な肌触り。

なかなかおもしろいバンドでした。

 

でも活動期は短くて

解散したあと、リーダーのボブ・ウエルチは

ソロアルバムを出したが

 

 

ぬあんと

 

彼は

 

 

おっされ~な「シティボーイ(当時流行った)」になっていた(爆)

アルバムのタイトルは

 

「フレンチキッス」

 

 

 

わお!(笑)

 

 

美女ふたりを両手に抱いたウエルチは

ファッションはおされだが

 

顔が

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙人(爆)

 

 

「パリス」のアレは」なんだったんだよ~!

と裏切られたようなカンジだったが

 

そのソロアルバム、

 

なぜか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持っている(^^;;

ほとんど聴かないがショック

 

話は変わるが、渋谷陽一さん、北野武(その他)の「評伝」を

出版して、びっくりした。

意外といえば意外、納得するといえば納得する。

興味深いなぁ、どういうキリクチなんだろう。 

 

と、いうわけで

では今日はこのへんでね

「ベル姉のグッドROCKララバイ」でした。

 

LOVE&PEACEちょき

 

訂正:わたしの持ってるソロアルバムは

「THREE HEART」でした 

いかに聴いてないか(^^;;

 

でも

 

「パリス」はいいよちょき

 

 

 

 

 







最終更新日  2009年08月21日 16時30分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年08月19日
テーマ:洋楽(2448)
カテゴリ:音楽

「平安寿子のグッドラックララバイ」をパクり

ベル姉のお気に入り音楽について

以前書かせていただいたが

そのまんまタイトル頂戴するのもナンなので

↑にしてみました

 

「ベル姉のグッドROCKララバイ」

 

ん~~

センスがあるかどうかはお客様に判断していただくとして

これでイキますんで

ひとつよろしく・・・・・・

 

 

 

 

 

哀愁・・・・

 

って続くんだよねぇ、この世代(笑)

 

なんてことはともかく

第2弾、、、つーか

先のピンク・フロイドも含めると

第3弾

 

じゃ~~~~~ん!! 

 

 

 

 

Derringer(デリンジャー)

これ

デリンンジャー ジャケ

LP整理したら出てきた

なんちゅう冷遇しょんぼり

買ったのはいいがあんまり聴いてない記憶が、、。

たぶん

リーダーのリック・デリンジャーに魅かれて買ったんだと思う

このひと

 

リック・デリンジャー

 

美形目がハート

 

この顔に似合わず?ロックシーンの中ではけっこう重要な

ポジションに居るということは

知っていた。

ジョニー&エドガー・ウインター兄弟の

ジョニーとバンドを組み

彼らにとってはかけがいのない存在となり

プロデューサーとしても手腕を発揮する

という 

つわものの童顔ロックンローラーである

で、久しぶりに

というにもほどがあるが

(30年ぶり?(爆))

レコードに針を落とすと(死語)

ノイズとともに

ケレンミのないカッコいい爽快なロックンロールがっ!

 

いや~~ん!

 

いいやん!!(どっちだ)

ほったらかしにしておいて

 

ほんとにほんとにすんません!

 

とただただひれ伏したので

ありました!

 

しかし、このリックも

今では

いわゆる

 

アラ還かぁ・・・・・ショック

 

中高校生のとき夢中になってたアーティストは

みんなこの世代なのよね

そして

ベトナム反戦、学生運動、、

お兄さん、お姉さん方の活動にはアコガレタものです

 

LOVE&PEACEちょき

 

「ベル姉のグッドROCKララバイ」でした。

 

ではごきげんよう

 

↑このエンディングも考えないとな(爆)

 







最終更新日  2009年08月19日 19時02分53秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ベルベル@54

お気に入りブログ

300億円の損失 New! komatta3さん

西城秀樹パネル展に… 玲子0413さん

スロに鯉 うっきぃ5さん
サッカー小僧のひと… サンサンカープさん
荷葉団団 荷葉団団さん
広島楽釣日和のブログ max@55さん
ねこと猫女神の徒然… 猫野良さん

コメント新着

 マサナオ@ Re:「こんなものか・・・・(11/02) 支離滅裂すみません 当時は貴女のブログで…
 マサナオ@ Re:「こんなものか・・・・(11/02) 返信止まりません 二連覇です やりました…
 マサナオ@ Re:「こんなものか・・・・(11/02) やりましたね 松山 工藤ソフトバンク 一世…
 カピバラさん@ Re:「こんなものか・・・・(11/02) まるまる1年ぶりの書き込みです(汗) カ…
 でこみかん@ 「歴史は繰り返す」 ベル姉さん 楽しかった2016年のプロ野球…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.