035377 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

シャル坊のブログ

PR

Calendar

Archives

Oct , 2018
Sep , 2018
Aug , 2018
Jul , 2018
Jun , 2018
May , 2018
Apr , 2018
Mar , 2018
Feb , 2018
Jan , 2018

Category

カテゴリ未分類

(55)

映画

(59)

音楽

(28)

読書

(12)

育児・家庭

(91)

ニュース・芸能

(24)

アフィリエイト

(0)

Recent Posts

Comments

海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/kzpy029/ 俺…
伯方雪日@ うおおおおおおおお おおおおおおおおおおおお!!! これは…
こねこね@ うおお なんですと~!? ライヴ、サンプラだけ…
一圓@ Re:帰省 わはははは。かつては「分泌せねば」とい…
西田啓太@ Re:帰省 2006年7月(07/17) おお、汗かかなくなったん? そういえば…
あおきけい@ あなたがここにいてほしい 時事通信は「シド・バレット氏が死去=ピ…
シャル坊2000@ Re:はじめまして。(06/09) monamiさん、はじめまして。 >ダオと…
monami@ はじめまして。 シャルロットのアルバムで検索して こち…
あおきけい@ 「巨匠」は「ミヤザキセンセイ」のことだと思います ロン・ハワードとかもいまや「巨匠」です…

Keyword Search

▼キーワード検索

Jul 19, 2005
XML
カテゴリ:映画

この夏、『妖怪大戦争(2005年)』『ランド・オブ・ザ・デッド(2005年)』と並ぶ話題作(我が家での)。
京極夏彦原作の同名小説の待望の映画化です。
原作は4回ほど読んだので、頭の中にイメージは出来上がっているのですが、監督が実相寺昭雄だけに、どうはぐらかされるか期待しながら観に行きました。

冒頭の関口宅はともかく、眩暈坂は大きく予想を覆してくれましたね。僕の頭の中で想定していた長くダラダラ続く坂が、関口でなくても眩暈を起こさせそうな足元の悪い急傾斜になっていて、ああこれもアリかなと納得。
京極堂(古書店の方)の造形も意表を突いていて、自分の想像力の貧困さに恥じ入るばかり、ってか、原作と間取りが違うような?
カエルさんは僕の脳内で解釈していたモノほどグロくなかったけど、一般劇映画ではあれくらいでちょうどいいのかも。

脚本は、原作のエッセンスを映画の尺内にうまく纏め上げていると思いますが、正直、2時間ドラマっぽいです。映画ということであれだけの豪華キャストが集まり、立ち回っていることで何とか補えているのでしょう。
あと、原作原理主義者からは、憑き物落とし以降の脚色に文句が出るでしょうね。

未見の人なら危惧するであろう宮迫博之演じる木場刑事ですが、結構ハマってました。次回作で南野陽子のブロマイドを財布に忍ばせてくれることを期待します。逆に前評判の良かった田中麗奈演じる中禅寺敦子は、相方(?)の鳥口との絡みが無いので、あまり利発そうに見えなかったのが残念。

このキャスト・制作メンバーでシリーズ化する話があるそうですが、それもこの一作目のヒット次第。
正直、原作読者と実相寺ファン以外にお奨めするには二の足を踏むのですが、シリーズ四作目『鉄鼠の檻』と五作目『絡新婦の理』は劇映画化しないのはもったいない文学界の至宝ですので、皆さん、どうか『姑獲鳥の夏』を観に劇場へ足を運んでやってください。!!

公式サイト:http://www.ubume.net/







Last updated  Jul 19, 2005 03:57:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.