007473 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

やさしいキスをして・・・

Aug 2, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 久しぶりの日記だね。

 えっと、この数週間にいろいろあったので、ちょっとづつ綴っていこうかな。

 7月 ハチさんから結婚の話題が出た。私、ちょっと焦った。

 「子供2人が来年春、受験合格したら、結婚しようか」・・・戸惑う私。

 ヨンさんが真っ先に浮かぶ。でも、悟られないように笑顔。

 「来年?一緒に暮らすってことだよね。うれしい。」…答えた後、心の中 複雑。

 あと数ヶ月・・か。ヨンさんと別れられる?・・・無理。

 一人になったあと、眠れない。うれしいハチさんの言葉。ハチさんのちょっと

 照れた顔、全く私を疑ってない笑顔。・・・罪悪感。ハチさんは私にとってかけがえのない

 人で、結婚するなら彼しかないって思ってる。待ちに待った言葉なのに、ね。

 その週の休みの日、ヨンさんからメール。パチンコ屋に行くって家を抜けてきたって。

 ヨンさんの家の近所のパチンコ屋の駐車場で待ち合わせ。

 私の車で近くの公園へ。雨の中、車で・・・。ヨンさんに言わなきゃ。

 「ハチさんにプロポーズされたの。」ヨンさん、沈黙。ヨンさんの表情、変わる。

 「答えたの?」「うん。結婚する。」「とうとうきたか・・・。」

 「おめでとう?かもしれないけど、俺は無理。言えない。」

 「うん。」「chikabuが決めたことなんだよなぁ・・・」「すごく悩んだの。でも・・・」

 「そうだよな。」ヨンさん、遠くを見る。「もう決めちゃったことなんだよな。」

 「去年のchikabuの誕生日だって聞いてたから気になってた。chikabuも言わないし、さ」

 「うん。」「chikabuがずっと悩んでいたのは知ってるし。そのchikabuが決めたことなん

 だよなぁ。」 ヨンさん、繰り返してる。「で、いつ?」「来年、春。」






Last updated  Aug 3, 2007 12:12:18 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.