000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

”80'S BIKE” vol.3

PR

Calendar

Profile


Bravo Mori

Category

Freepage List

Comments

MORI@チョゲ蔵@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 残念ながら、10スウマンはちと出せません…
K,R,P.@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 購読?されるのですか? 私は・・・パス…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) SHINさんへ ロレンソは2013年だったかな…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) SHINさんへ ペドロサにとって、非情かもし…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) K,R,P.さんへ 引退が決まったのなら、8…

Favorite Blog

メロンメロンと~~… New! K,R,P.さん

バイクレース好きの… ビート男さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

宇宙戦艦ヤマト2199

Feb 27, 2017
XML
2199には最後に裏切られた。2202は・・?



2199は●ソ総統のク●愛に全部ブチ壊しにされたと感じている旧作ファン。

前方に立ちはだかるコロナ、満身創痍ながら波動砲を撃てと命じる沖田、
相原の”地球に帰りたい”、真田さん”お前を弟のように思っていた”
七色星団の水杯、”俺たちは闘ってしまった!”
”地球に向けて出発!”、佐渡センセイの最後の敬礼。

残念ながら、2199は旧作を超える事が出来なかったと感じている。


ただ旧作を現代風に蘇らせてくれた関係者の皆様には敬意を表します。
(あの●ソ総統のク●愛さえなければ・・)


さて、2202
良かったと感じたトコロ

・新エピソードのオープニングの大型戦艦の暴走・ヤマトの始動シーン、シビれました。
 製作陣に戦術的に詳しい方々が加わった良い面が出ている・・と感じました。

・白色彗星のBGMが素晴らしく良かった。
 ここは製作陣をイジらず正解!・・と感じました。

・謎の男が古代達が動く為の動機を明確にするという、ストーリー展開も良かった。
 今後に期待。


わからなったトコロ
・ガトランティス人爆破事件
 今後のエピソードに必要なのかな?


悪かったと感じたトコロ

・オープニング、最初から拡散波動砲だせよ・・と正直思った。
 あんな甚大な被害が出る事なかったのに。。
 (後に大々的なセレモニーやるなら隠す必要もねぇだろ・・と。。)
 
・地球側、司令の下についてるあのヒゲおやじの高官、いい加減クビにせよ!

・大型戦艦が十字架に隠れているのも理解出来ない。
 演出的には良かったかもしれないが、
 ガトランティスは何故わざわざあの大型戦艦を十字架に隠したのか・・
 そんな事をつぃ考え、大型戦艦をわざわざ十字架に隠している絵を想像してしまう。
 
・キャラクターの絵が2199ほどのクオリティーを感じなかった。
 時間がなかったのか、人出が足らなかったのか、製作スタッフのモチベーションが下がっているのか・・。

・古代、宇宙からの危機に素早く反応、
 これから所帯を持つ男が、 家庭もかえりみず・・
 真田さん、あっさりこれに同意!
 ・・えっ!? 真田さんには暴走し始める古代を止めて欲しかったな。
 ”お前の気持ちもわかるが、うかつに動くと他国の争いに地球が巻き込まれる可能性がある。”

・コスモタイガー1のデザインがあまりにも前後戦闘機デザインの流れを乱していてヒキます。
 
・映画としては食い足りない。
 あくまで物語の1~2話として観た方がいい映画だった。
 まぁ、しょうがないけどね。。

・2199の劇場版第1作を観終わった後感じた「次が観たいっ!」
 ・・の期待感が2202では何故か薄かった。

・ラストシーンにあの唄を流す・・
 製作スタッフの皆さまには今度こそは中途半端なモノはつくって頂きたくはない!
 ・・と改めて感じた旧作ファンでした。
 
 
 









Last updated  Feb 27, 2017 11:48:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 29, 2014






想像していたより良かった。
出渕さんが”ビューテフルドリーマー”やってるって聞いて悪寒がしてたから、ある一定の覚悟をもって劇場に脚を運んだが、想像以上に良かった。

イマイチ点は・・何故、魔女がヤマト達を呼び込んだのか・・それがイマイチわからなかった。
わかりにくい作品だったのか・・自らの脳ミソの容量が足らないのか・・もう1回確認の為、観てみたい。
もし、本当にわかりにくいイマイチな作品なら脚本に入る前によくプロットを練りこんで欲しいナ。
思い込みで暴走する事なくネ。。。

あとサーベラーが何故、魔女たちをさがしているのか・・もよくわからなかったナ。。

良かったのは男達の友情が良かったよね。
それぞれのキャラもよく立っていたし。
バーガーと古代、真田さんと古代、土方と沖田・・斎藤と土方・・それぞれが良かったよね。






Last updated  Dec 29, 2014 10:52:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 16, 2014






Last updated  Dec 16, 2014 10:40:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 14, 2014
どう逆立ちしても似ない。。
ゲンコ描き終えた後、チャレンジしたが・・やっぱり似ない。。
滝汗・・

yuki-3
yuki-3 posted by (C)MORI






Last updated  Dec 15, 2014 12:01:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 9, 2014
3時間、自宅で仕事してから・・描いてます。

05_2014_11_2199_kiyosan_ペインティング


謝罪する沖田の気持ちも理解出来る・・しかし、みすみす兄を死なせた沖田を許す事が出来ない。

別室で怒りを押しこめ格闘、自らの頭を壁に思いっきり叩きつける古代。
”ガツンっ!”部屋中に鈍い音が響き渡る。


元画像








Last updated  Dec 9, 2014 10:04:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 19, 2014
こんな風にすれば・・どうよ?



ドメル艦隊の包囲をなんとか突破したヤマト。
しかし、前方から新たな艦隊がワープアウトしてくる。

”万事休す!”
南部、メガネの下で顔を曇らせる。

古代、そんな南部に叱咤、キツくあたる。
瞬間古代、はっとした表情。

”南部っ!”んっと南部が顔向けると。
古代、歯を噛み締めながら、”スマン!”

この緊急事態にこの大将は何言ってんの!?
南部も生死を分けるこの瞬間につぃ素に戻され、苦笑い。

古代
”落ち着け・・ 落ち着け・・古代・・ 敵がチェックメイトと駒を置いた瞬間、この瞬間こそ・・何か突破口があるはずだっ!”




まさにそんな瞬間に沖田が声を発す。
”波動砲発射用意!”


は・・波動砲?? ・・間に合うの・・かっ!?

沖田が珍しく叱咤、
”古代、復唱はっっ!”

”は・・はい、波動砲発射準備にかかります。”

ドメル配下の艦隊に包囲されたヤマト、閃光が光る度に衝撃が走り、各部署から悲鳴をあげた期間停止報告と戦死者報告が入る。

”島、波動砲発射と同時にヤマトの姿勢制御をすべて解除。”
は・・そんな事をしたら、ヤマトは惑星やガミラス艦隊と接触、宇宙(うみ)の藻屑となりますヨ。。

沖田、深い制帽の下でニヤリと笑いながら
”そんな事はわかっとる。他に良い提案があれば受け入れるが、どうだ。良い作戦はあるか?”

島、ゴクリと唾を飲みこんだ・・後、
”はっ、波動砲発射と同時にヤマトの姿勢制御をすべて解除します!”


”波動砲発射10秒前!”

ターゲットスコープを睨め付きながら古代、

”神様は信じないけど・・一生に一度ってヤツさ・・今日、生まれて始めて祈るよ。”

兄さん、俺達を天国で見守ってんだろ!
今日こそ、ヤマトの皆を守ってくれヨ。。









Last updated  Nov 19, 2014 04:50:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 29, 2013


オリジナル作品があるなら製作者は自らのヤリタイ事をせ・め・て・・
80パーセントに抑える努力が必要だと感じました。
大河ドラマで例えるなら”竜馬伝”よりも三谷幸喜”新選組!”・・って感じでしょうか。。

第7章で一番残念なコト・・
闘将ドメルとその部下達がアホな総統に命を捧げたコト・・。
何度、思い返しても・・非常に残念なコトだと思いマス。

ビーム兵器が使えない異空間で実態弾で闘う・・いいトコロはいっぱいあるんだ。
でも世界に先駆ける日本のアニメなら・・その根底の部分をもちっと大事にして欲しい・・と、今回改めて・・感じました。。






Last updated  Aug 29, 2013 09:43:42 AM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 27, 2013
ネタバレ・・一言でいうと
6章が良かっただけに・・かなり・・イマサン。。


デスラーがトチ狂った野郎だった・・という事が非常に残念だった。
愛の為かなんかよう知らんが・・
こんなヤローを頭にした人民が不幸だ。
俺ならこんなクソヤローを頭にして戦争シタクないネ。。

オリジナルのデスラーの方がまだ国家と人民を背負った深さがあった。
籠の中の鳥を殺すシーンあたりから怪しいと思ったんだ。
山ちゃんがいい演技してただけにヒタスラ・・残念。。

”竜馬伝”でも感じたけど、物語の根本の脚本・シナリオってのはよく練り直した方がいい。
敵将がトチ狂っただけの弱っちぃ野郎になってしまうと、全部ブチ壊しになる。


ガミラス星の人民の生活が描かれてあって、これじゃガミラス星滅ぼしにくいなぁ・・どうすんだろう・・と思ってました。
まさか・・ヤマトがガミラス本星を救うとはね・・。
個人的には互いの国の存亡をかけてガチで闘う・・っていう旧作(オリジナル)の方が良かったなぁ。。


雪を捜索するの古代だけでいいの?
あの爆発で敵の戦艦は巻き込まれるのに雪は無傷なの?
あの残骸の山の中でよく古代は雪を見つけられたね。。

例えば、イスガンダルのコンパクトを雪が持ち歩いていた。
その電波を頼りに雪を捜索・・の方が良かったんじゃね?


雪がデスラー砲を破壊・・ガミラスの警備の皆さんは何してたの?
・・というくらい簡単に敵の重要ポイントに乗り込み破壊工作を行います。。

せっかく娘がヤマトに乗り込んでいるんだから、狂った総統を止める為にリッツ提督の息のかかったモノが雪と共にそれぞれの専門分野を生かし、破壊工作を行う、
雪を助ける為に雪のお付きをしていたガミラス2級市民だっけ(名前知らん??)の彼が凶弾に倒れる。
雪と永遠の別れ間際に一言残す。
「あなたに礼を言わなければいけない。。私は生まれて初めて・・自分の命をかけても守りたいという人と巡り逢えた。。」

そのセリフがあったなら、後に出てくる雪の「互いに愛し合う事も出来たのに・・。」が。いろんな意味で重いセリフとなったのに。。


ゲスラー総統は身近で自らを守っていた味方の兵は撃ち、敵の兵士(古代)は「撃つな・・。」
・・で艦に帰ったら、ゲスラー砲発射ですか??
行動が一貫しとらんように感じた。
どういう基準でモノ考えとるかようワカラン。。


死者の想いってのをあまり出して欲しくなかった。
それヤリだすと特にヤマトはキリガナイカラ・・。


最後は古代&雪が結構コッテリンコだった。。
もちょっとあっさりでも良かったなぁ・・と感じた。
良く忘れたけど「雪を守るのは俺しかない。」みたいな古代クンのセリフがあった。。
それ聞いて、あまりにもコッテリンコでコケたのは俺だけじゃなかったはず。。


続編”さらば”で2時間のみの劇場版なら金払って観るが、”2”だったら、テレビ版で充分かな・・
感想書いている方が悲しい・・最終章でした。。




RS.イスガンダルが波動エンジンを兵器に変えて、様々な星を滅ぼした過去があるなら、ガミラスにもその伝説が残っているはず・・ガミラスの科学力ならその伝説だけでもっと以前に波動砲を作れたはず・・多分、いきあたりばったりで本作ってるんだろうなぁ・・と感じました。






Last updated  Aug 27, 2013 10:12:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 21, 2013






Last updated  Aug 21, 2013 03:59:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 26, 2013



一言で言うとドメル艦隊との決戦がもっと観たかった。
まずは決戦の一報を受け、水杯で乾杯がカットされているのが、残念だった。
制作陣の意図が関係しているとは思うけど・・ピリリ・・とするシーン、是非”2199”でも観たかった。

7色星団戦は序盤は良かった。
中盤、中だるみというか・・原作ではもっと息つくヒマもなく畳みかけていた印象だった。

攻撃に間髪入れずという方が良かったのでは・・
ユリーシャ奪還計画が残念ながら裏目に出てしまったのだろう。。

ドリルミサイルが放出される時も沖田が
「攻撃空母の軸線にのるまで、放出を待て!」・・のような指示をしたらもっと分かり易かった。
今回の7色星団は中盤の大戦ではなかったな。。
もっとヤマトを追い詰めたなら、ドメルの株も上がったろうに・・。



最後の空母がヤラれる時・・
「こんなヤラれ方でいいのかよぉぅっ!」
・・なんてセリフを敵に言わせてはならない。

総員退艦命令が出ている空母の中で
「一機だけでいいっ!発鑑させてくれっ!」

ガミラス乗務員はたった一機の艦載機を発進させる為に、まさに命をかけて火だるまの艦内で任務にあたる。
すでに傾いた甲板から一機がやっとの思いで発鑑。

ヤマトに一矢むくいるべく、決死の飛行をみせ、ヤマト乗務員に大きな恐怖を背負わせ、散ってゆく。



反乱軍の中、ガル・ディッツやメルダが反乱分子として動き出した心理がよくわからなった。
テレビ放映で改めて、観てみようと思う。

レイ・ユリーシァ・メルダのパフェシーンは良かったよね。
ちなみに俺がメルダだったら、仲間に引き金は引けネェなぁ・・。






Last updated  Jun 26, 2013 08:52:10 PM
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.