000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


formusic

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News

April 29, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ラスベガス旅行記 アンテロープ 編☆

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜
-------------------------------------------------------------------------

【アッパーアンテロープの巻】

昨日のグランドキャニオンは、軽飛行機で行きましたので、お昼にはホテルに戻れ
ました。
でも、今日のアンテロープキャニオンは、日本人ドライバーさんとバンで行きます。
同乗者は、私たち4人と、日本人の学生さん5人です。

今度は朝、5時集合。
前の日にサンドイッチを購入。またまたポテチを挟んで、さっと朝食に。
運転手は、郊外で牧場を経営するHさん。週に1回、この仕事をしているんだそうです。
アンテロープまでは、東京から大阪間くらいあるそう。
のんびり景色&Hさんの歴史やラスベガス話を聞きながらのドライブが、始まりました。

途中、ユタ州、ハリケーンの町の小さなガソリンスタンド&お店により、ドーナッツを購入。
クリスピードーナッツが手に入ります。

レイク・パウエル、グレン・キャニオンダムに立ち寄りました。
国立公園のセンターで、恐竜の本をゲット。
ちょっとした仕掛け本です。(アメリカはこういうの多いですよね~)

アッパーキャニオンではナバホ族の運転するジープへ乗り、約1時間30分のジープツアーへ
参加です。
まさに中は異空間。
不思議な空間に、絶妙に光が入ってきて、なんとも言えない光景です。

せっかくのアングルを手ブレしたくないというので、各国から写真マニアが三脚を持って
撮影に来るというポイントです。

いいちこのCMで有名になりました。
http://www.youtube.com/watch?v=Ia5-zkwA9VQ
さて、次はロアーアンテロープキャニオンに行きます。

【ロアーアンテロープの巻】

ロアーアンテロープは、下に降りていく感じのところです。
しかも人がひとり通れるのがやっとの細い隙間を進んでいきます。
子供たちは大喜びの探検気分を味わえます。
でも、またまた不思議で神秘的な空間。
ここでも、地層の作り出す摩訶不思議な模様と、どこから入ってくるのかわからない光
とのコラボが楽しめます。

ここを出たあと、ペイジの町にてご昼食
評判の中華バイキング!!
日本食に近いということで、またまた次男が大ハッスル!!
めちゃめちゃ張り切って食べていました!!
でも美味しかった~~

その後、 ホースシュー・ベンドへ到着
馬のひづめのような地層を対岸から見るのですが。
Hさんが、私たちを怖がらせます。

柵がありませんから気を付けてくださいよ。
亡くなった方もいるんですから・・・

ひえ~~
落ちたくない!!
子供たちもこわごわ・・・

最後は、
バウンス・ロック観光
大きな岩が、絶妙のバランスで保たれています。

そして、バンに乗ったが最後、もはや意識はなく深い眠りへと・・・
気づいたら、ラスベガスでした。

スライドショー
https://picasaweb.google.com/101092276857023242148/xptCuH#slideshow/5729049109634923010
翌日27日は、ホテルの中の遊園地で少し遊び、ラスベガスの見残したところと、お土産購入に、
子供たちは躍起に。子供たちだけで、ショップで買い物していました。

ラスベガス最後の夜。
もう一度夜景を見に市内へ。
豪華なディーナービュッフェ。
最後の夜を惜しむようにホテルへ戻ってきました。

最後だよ~と、散々子供たちにカジノ行ってきなよと背中を押されたのですが、
まったく意図してこなかったため、気が乗らず・・・
(後で考えてみるとこれって、言語感覚のこだわりだったかも・・笑)
子供たちはネバダの法律で、カジノは禁止どころか見てもいけないことになっていて・・・
ラスベガスのトランプを買って二人でポーカーの練習をしていました。
成人したら、行くのかな??

もとは、バイオリンの千住真理子さんのお母様の手記から、子供たちといくグランドキャニオン
旅行が母としての私の夢でした。
一生心に残る景観になったという千住家の子供たち・・・
さて、我が家の子供たちはどの景観が一番印象に残ったでしょうか?
大人になったら聞いてみたいと思います。

長~くお付き合い頂きありがとうございました。

来週からは、またいつものスタイルでみなさんにコーチングレッスンの情報をお伝え致します。






Last updated  May 1, 2012 12:04:32 AM


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.