528143 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ツインズママのカラダにイイモノ・ココロにイイコト

PR

プロフィール


ミント ティー

サイド自由欄

りんご1

訪問ありがとうございます!
こちらはツインズママの
忘備録兼ブログです。

韓国ドラマ記事や
生活に役立つ話題も折込みつつ
双子の育児日記も綴っていたり
地元栃木の情報も発信している
寄せ鍋的日記であります・笑

こんなトコロではございますが
気に入っていただけたら
ごゆっくり味わってみて下さい☆

■壁紙、トップ欄を更新。
春の気配と共に桜を配置v
(2013.0305)

■楽プロでは更新状況を。

■遅レスでごめんなさい。
これからも宜しくお願いします!
 
 りんご2


カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

お気に入りブログ

久しぶりの天ぷら New! よりすぐりさん

天気は下り坂 New! moririn65さん

UDON New! *ひらやん*さん

秋靴投入! ひより510さん

7^2 ホシミスト_3013さん

加工用 極早生吉田み… end841さん

●まるで魔法の世界~♪ 幸運体質セラピスト工藤ももさん

在庫処分セール yukkoyukkoさん

「ファイアーエムブ… きまぐれしゃいさん

プルーム・テック、… schocolatさん

コメント新着

ナチュラルなつめ@ Re:東日本大震災から2年が経ちましたね。(03/11) お久しぶりです~ お忙しそうですね。 な…
季節は巡り@ Re:東日本大震災から2年が経ちましたね。(03/11) こんばんは! ご無沙汰です…(>_<) …
ゆー空@ Re:東日本大震災から2年が経ちましたね。(03/11) こんにちは~(^_^)/ 私も休みがちですが…
la-ta@ Re:東日本大震災から2年が経ちましたね。(03/11) 今日は風が すごい強い日でしたね 明日は…
CMfan@ Re:東日本大震災から2年が経ちましたね。(03/11) お久しぶりです。お忙しそうですね。ネッ…

ランキング市場

ニューストピックス

楽天カード

全4件 (4件中 1-4件目)

1

新種生物のコト

2012.05.12
XML
カテゴリ:新種生物のコト
この地球あまりにも広く、まだまだ謎がいっぱい詰まっているようです。

海の奥深くで、無人探査機のカメラが謎の軟体生物を激写!
そのセンセーショナルな映像が
今、Youtube上で話題になっているそうですよ♪


たまたま映り込んだ軟体生物。
カメラが追跡し激写に成功しています!
それでは、さっそく動画をご覧下さいませ~v

★「Cascade Creature」


見ていただけると分かると思いますが、とにかく大っきい!
2012年4月27日に公開されたこの映像ですが
Youtubeでも、すでに240万回再生を突破し
これからもぐんぐん伸びる勢いなのだそうです。

この衝撃的な映像は
遠隔操作の、深海無人探査機のカメラによって撮影されたものです。

海の底へ潜る途中の探査機の前を、奇妙な物体がカメラを横切る。
すぐさまカメラはその物体を追跡!
そうして激写された生物は、まるでアメーバーか巨大クラゲのような
なんとも不思議な生物だった訳です。

しばらく、この謎の生物の真相は解明されていませんでしたが
「ディープスタリアクラゲ」というクラゲだったようです。
深海に住む全長1m以上もある巨大なクラゲで
腕が小さく傘の部分が非常に大きいため
まるで巨大なビニール袋のような姿をしているのが特徴です。

ディープスタリアクラゲ(Deepstaria enigmatica)
全長は、傘を広げた状態で1メートル以上
水深500メートル以上の深海に生息する、ミズクラゲ科に属するクラゲさんです。

食事方法がこれまたビックで
この巨大傘を使い、魚などを一網打尽に捕食するという非常に豪快なモノ。
ビニール傘をガバっと広げたら最後、一瞬にしてそこにいた魚達は
このクラゲさんの餌食となる訳です・笑
海流に身を任せ、ふわふわと移動する様子からは想像も付きませんね。

天敵は、意外にもウミガメさんだそう。
ちなみに
ウミガメがビニール袋を食べて死んでしまう事件は
ビニール袋をディープスタリアクラゲと間違え
誤って飲み込んでしまうことにより起こるそうです。

自然からは、まだまだ目が離せないですね!


 

 

クラゲこわーい!









最終更新日  2012.05.13 07:10:54
コメント(2) | コメントを書く
2012.05.02
カテゴリ:新種生物のコト
はい、またまた新種の深海魚発見のニュースですv
…どんだけ好きなんだか・笑

先月29日
知床財団と北海道大と共同調査で発見した魚が
新種の深海魚として確認されたそうで
「国立科学博物館」の学術誌に掲載されたのだとか。

その名も
「タマコンニャクウオ」!!
新種で、貴重なお魚の割には
またこれ、安直な名前を付けられたものですね~。
逆に学名はかっこよくて
「カレプロクタスラウスエンシス」といいます。
クサウオ科に分類されるそうですよ。

ウィキによると
クサウオ科の魚類はすべて海水魚だそうで
一般に、底生性。
通常は、吸盤状に変形した腹鰭を使って
海底に横たわっていることが多いとのこと。
きっと、ウトウトと寝てるところを
急に吸い上げられて見付かっちゃったのでしょうね。

クサウオ科には
「インキウオ属」「コンニャクウオ属」の2属があります。
…これまた属性もえらいネーミングだこと(^▽^;)

タマコンちゃんの特徴は
頭が大きくオタマジャクシ形をしているコトや
うろこがなく、ゼリー質の層に覆われているトコロ。
体色は、全体がほぼオレンジ色で外側が黒!という
ちょっと奇抜なカラーリングな新種魚ちゃんです。
それでは、貴重な画像をご覧下さいませ♪

 


 ↓


 ↓


 ↓


 ↓

どーん!!
タマコン
今回は、ちょっと控えめに載せてみました。



この新種魚タマコンちゃんは
遡る事2007年9月。
羅臼漁港沖の水深356メートルで
海洋深層水をくみ上げる施設の濾過フィルターに
引っかかったところを捕獲。
魚の形に見覚えがないところから研究を進め
新種だったことを突き止めたそうです。
既存種の可能性やDNA調査で
判定まで約5年もかかっているのですね!
…なのにタマコンってねぇ。(しつこい)
山形県で発見されたら
もっと話題になっていたかも?





 
大きくなるのかな?







最終更新日  2012.07.08 10:29:46
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.18
カテゴリ:新種生物のコト
またもや甲殻類の話題です・笑

沖縄で、新種のコシオリエビが発見されたそうですよv
体長15ミリ、白色に赤いまだら模様の美しい体にちなみ
和名を「チュラコシオリエビ」と名付けられました♪

以前、南極で発見されたエビちゃんよりもずっと小さく
全長15ミリ程。
沖縄美ら海水族館職員の方が、無人潜水艇で展示用生物を採集中に
恩納村沖約1キロ・水深188メートルの海底から見つけたのだそう。

コシオリエビは「エビ」との名が付いていますが
実は、ヤドカリに近い仲間に分類されるそうですよ。
それでは画像をどうぞ♪

 
 ↓


 ↓


 ↓


 ↓

 

かわいい~きれい!
エビ2



「沖縄美ら海水族館」の詳細はコチラ!
「チュラコシオリエビ」ニュース記事はコチラ!(Yahoo!ニュース)



すっごい余談なのですが
ちなみに、あの冬の高級食材「タラバガニ」は
十脚目(エビ目)- 異尾下目(ヤドカリ下目)- タラバガニ科 (en)
タラバガニ属 (en) に分類されていて、和名に「カニ」の名もあるのですが
実は生物学上、コシオリエビと同じ「ヤドカリ」の仲間になるのだそうです!
びっくり。なのに英語では「レッドキングクラブ」で
何だかとっても複雑なキモチですね。

こちらは、長期にわたりみんと家の冷凍庫を占領していた
タラバちゃん。
先日、やっと家主の胃に納まりました…やったよ師匠!!

2012-01-29 16:52:59



一方で、同じ英名「キングクラブ」 と呼ばれる海産動物では
古生代からその姿がほとんど変わっていない、生きた化石
「カブトガニ」がいるそうで、その事だけでも驚きですが
こちらも凄いことに「カニ(甲殻類)」ではなく
クモやサソリに近い分類になるんですって~もう何がなんだか。
生物学って奥が深い…。

コチラ、なかがわ水遊園のカブトガニです。
そのうちに、記事アップしますね~♪

DSCF1453

 

 

美ら海水族館行きたい!
ランキング
日記・ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ













最終更新日  2012.07.08 10:26:43
コメント(4) | コメントを書く
2012.04.12
カテゴリ:新種生物のコト
少し前の記事ですが、ニュージーランド沖のケルマディック海溝から
なんとも不思議~な巨大エビが発見され、驚きを誘っていますよ!
まだまだ深海には、人類の知らない秘密が眠っているかもしれない…。

甲殻類が苦手な方は、閲覧にご注意下さいね!!
















ココロの準備は大丈夫ですか?では、そのエビさんの映像はコチラです!

☆ニュージーランド沖で謎の巨大エビを捕獲!
南極大陸の地下奥深くに横たわる巨大な謎の湖からの新発見


えび


白い伊勢海老じゃないですよ・笑
さすがに深海魚+古代魚好きのみんとでも、ちょっと…引く映像ね( ̄Д ̄;;

このエビさんは、主にクジラの餌になるという甲殻無脊椎生物の
「アンフィポッド」といって、通常は体長1cmを超える事は無く
超えると「大きなサイズのエビ」に分類されたりするそうなのですが
上の写真でお分かりのように、なんといきなり
1cm越えどころか30cm近いビッグなエビへと成長してしまっているみたいです。

これを深海から引き上げた探査チームの人達は
「プラスチック製のおもちゃでも海の底に沈んでいたのだろう」
…と思ったようですが
本物のエビだと分かると、もうビックリ仰天!だったそうですよ。

これまでに
体長30cm級の「アンフィポッド」が見つかったという事例はほんの数件しかなく
今回も、同じ場所へ探査チームが戻って再び捕獲を試みたものの
忽然と姿を消してしまったそうです…。
なので、美味しいのかどうかまでは判明しなかったのだそう。残念。

深海には、まだまだ人類に発見されていない生物が、沢山いるのだそうですね。
今後の新種発見に期待ですv

にゃんこ先生の映像でお口直しをv



 
実物見てみたいですわ~!








最終更新日  2012.07.08 10:39:18
コメント(4) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.