000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンション経営のエピソード/勝手な話(特に冬は)も多々あり!(ノウハウ書をかきました)

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

禁煙に関すること

2008年03月20日
XML
カテゴリ:禁煙に関すること

3月は暖かい日が多く、随分雪融けが進んだ現在の我がペンション

我がペンションは、全館禁煙なので、
数年前に日本禁煙推進医師連盟に所属されていて、タバコ病辞典―吸う人も吸わない人も危ない
タバコ病辞典
という本も出版されている方が泊られたことがある。


その関係で、
「タバコと健康を考える愛知の会」という、
「空気のきれいな宿 (全国版) 」を作られている方がいる事を教えていただいた。

今日もその方から本が送られてきた。
読売新聞の医療と介護のニュースにも「空気のきれいな宿 (全国版) 」のことが述べられています。

現在では禁煙施設が随分多くなってはきているが、
我がペンションではもう一歩踏み込んで、喫煙される方の宿泊も昨年9月から受けることをやめた。

予約時には全館禁煙であることを必ず確認する。
それでも喫煙者が泊ることもたまにあった。

もちろん「宿の中では吸わない」と言うから泊るわけだが、
喫煙者は、物凄い臭いに気づいていないため、
「ちょっとぐらいならわからないだろう」と思うのか、
ヘビースモーカーだと禁断症状から結局我慢ができず、
トイレや部屋の窓を開けて吸ってしまう人も多かったので、
この際、徹底的にタバコに関係ない宿にしたかった。

その事を「空気のきれいな宿 (全国版) 」をされている方は、大変喜ばれていた。

勘違いしないで頂きたいが、
お金がかかろうが病気になろうがタバコを吸うこと自体は個人の問題だから、
オイラは「タバコをやめたら」というようなお節介はしない。

一番の問題は、ルールを守れない喫煙者の多いことが、
結果として、喫煙者の首を絞めていることを考えるべきであろう。


ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2014年09月02日 21時52分29秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年04月11日
テーマ:ニュース(88081)
カテゴリ:禁煙に関すること
わがPは、禁煙々と騒がれる随分前から全館禁煙にしているので、
タバコに関する話は多い。

昨日のとくだね!の特集で、
「禁煙外来において通常の病気と一緒で保険が適用になる
適用対象者は、
1日の喫煙本数X喫煙年数=200以上
12週の内、5回の通院のみ保険適用」
と放送していた。

「それっておかしくない」と思ったが、
詳しく聞いていたら、狙いは医療費の削減のようだ。

つまり、タバコを吸わなくなれば、あらゆる病気になる確率が低くなるから、
結果的に、膨大な医療費の削減になるのは確実らしい。


一休みして
ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ


なにかにつけ増税の対象になるタバコ税。
(取れるところから取ってしまおうといわざるおえない増税は本末転倒だとは思うが)

以前何かのテレビで
「1箱(20本)500円位になったら、現在吸っている人の半分は、経済的理由からやめざるおえなくなる」といっていた。

お金がかかろうが、病気になろうが、喫煙するしないは本人の自由だから他人がとやかく言うべきものではない。
だが、タバコを吸うヤツは、人の迷惑をあまり考えない「ジコチュウ」が多いのも事実だから、そんな禁煙外来の保険適用よりも、欧米位の価格(理屈に合った迷惑税をプラスするみたいな)にすれば、よっぽど効果があるし、

「お金がないから吸わなくなる」のであれば、
「何とか我慢できる」ということなのだろうから、たいした病気でもない。


その証拠に「一週間禁煙できたら、ほとんどの人が禁煙に成功する」といわれている。
だからなおさらそう思う。

JR北海道の特急は全面禁煙(3/14のblogより)になりました。







Last updated  2010年03月10日 15時21分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月31日
テーマ:ニュース(88081)
カテゴリ:禁煙に関すること
一昨日から続いていたこの時期としては珍しい大雪(70cm位)で、ほとんど雪がなくなりかけていた屈斜路湖だったが、冬に逆戻りしたようになった。

ところで、今日の北海道新聞に

「08年5月から北海道では、未成年者がたばこを購入できないようにする成人識別機能付き自動販売機を一斉導入される」と掲載されていた。

導入後は、自販機のセンサーに顔写真付き「たばこカード」をかざさないと買えない仕組みとなるようだ。

一休みして
ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ

この背景には、
タバコは地方税だから、自治体のいい収入源だし
「自販機は24時間商売できる」という各商店主にとっても都合の良い
利害関係があったから、なかなか導入されなかった。

未成年者が喫煙出来ない法律になっているのに、好奇心旺盛な若者が簡単に買えてしまう自販機の存在は、大人の責任である。

経済優先で進んで来た時代から、日本もドイツのようにモラルを重んじる国に変わる時代になったのだろうか?

だが、心配なのは、
このタスポの管轄団体が、天下り組織になりかねないことと、
未成年にカードを闇で売るオトナが出現しないことをいのりたい。






Last updated  2010年03月10日 15時33分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年03月14日
テーマ:ニュース(88081)
カテゴリ:禁煙に関すること
昨日の北海道新聞に、
「JR北海道相互発着特急列車(北斗・スーパー北斗・スーパーおおぞら・スーパー宗谷・とかち・スーパーとかち・オホーツク・サロベツ・まりも)・はまなすにおいて3月18日のダイヤ改正より『全車禁煙』となる」と掲載されていた。

JR北海道のおおぞらやオホーツク(見栄を張って、なんとグリーン車)を利用したことが何度かあり、すぐ隣の連結位置(トイレがある辺り)が喫煙スペースになっていた。
それ自体はいいのだが、全く隔離されていないから、車両のドアが開くたびに、煙が流れこんできて抜けないから、結局「喫煙車両とあまりかわりがない」と感じた。
JR北海道のアンケートが送られてきたので、
「そういったことは改善するべき」と書いた。

一休みして
ワタクシメにポチッとゴシエンヲ!

わがPも全館禁煙(ワタクシメはタバコの煙が耐えられないのは事実)だが、全面禁煙一辺倒になることがいいとも思わなし、
そういった考え方を押しつけているわけでもない。

「大阪でも歩きタバコ禁止に」でも書いたが、喫煙するスタイルを認めないのも偏ってしまう(他人に配慮することが大前提で、これに欠ける喫煙者が多いのも事実)から、1~2両位は喫煙専用(隔離できる造りが大前提)があってもいいと思う。

関連Blog1   関連Blog2   関連Blog3






Last updated  2010年03月11日 09時54分56秒
コメント(9) | コメントを書く
2006年02月27日
テーマ:ニュース(88081)
カテゴリ:禁煙に関すること
今日の屈斜路湖(うちの玄関前より撮りました)
今日の屈斜路湖(うちの玄関前より撮りました)

スケートリンク化した庭スケートリンク化した庭


昨日の夜から朝方まで、この時期としては珍しく、強風と大雨で、積っていた雪が随分融け、庭はスケートリンクのようになってしまった。14:00現在10℃もある。

ところで、今日のラジオニュースで、
「大阪市も歩きタバコ禁止条例が制定される。はたして大阪人はおとなしく罰金を払うのであろうか」と放送していた。(札幌市でもすでに実施)

人気ブログランキング--結構面白い物が多いです

ワガPは全館禁煙だが、本来法規制で縛るべきものではなく、モラルによることが理想だと思うし、タバコを吸うスタイルも否定しているわけもはない。
だから、健康を害しようが、お金がかかろうが、喫煙を他人がとやかく言うべきものではないと思うのだが、
昨日の飛行機での「お騒がせ携帯メール君」のように、この背景には他人の立場を考えられないジコチュウが多いので、罰金にしなければなおらない。
結果として、自分で自分の首を絞めることになっていまう。

道庁HPの「空気も美味しいお店」に登録しているので、そのアンケート依頼が来た。
登録してくれるお店が少ないようで、(北海道は、喫煙率が特に高いため)
「どうすれば登録店が増やせると思いますか」との問いがあった。
ワタクシは、「喫煙者のものすごい臭いに気づかせるべき」と回答したのだが、これをお読みの方で何か良いと思える事があればコメントお願いします。


関連Blog1   関連Blog2   関連Blog3







Last updated  2010年03月11日 10時05分25秒
コメント(3) | コメントを書く
2005年12月22日
テーマ:ニュース(88081)
カテゴリ:禁煙に関すること
一昨日、禁煙タクシー訴訟のニュースがあったが、タクシーの中で喫煙されると吸わないお客様や運転手さんはたまったものではないであろう。
ワタクシは超田舎に住んでいるし、またビンボーショウだからめったに乗らないが、車体に染み込んでいるから、乗ったときのあのタバコ臭さにはカンベンしてもらいたい。
(レンタカーでも同じである)

昨日のとくだねで、小倉さんも言っていたが、
喫煙者にはそのすごいイヤナ臭いがわからないから始末が悪いし、はたして食べ物の味がわかるのかも疑問に思う。
そういった意味では、禁煙専用車は少なすぎるから、今まで訴訟が起こらなかったこと自体不思議なくらいだ。

実は、我がPも全館禁煙なのだが、
オキャクサマの中には、「外で吸うことはかまわないですよね~」との問合せがたまにある。
そこまでは規制できないから、
シツコク「ポイ捨てしないでくださいね」とひとこと言わせていただくのだが、これが守ることが出来ないモラルに欠けた喫煙者が結構いる。

関連Blog
タバコが嫌いな方へ--全館禁煙宿一覧

以前泊った、某航空会社の乗務員の方から聞いたことがあるのだが、
飛行機は全面禁煙(国内線での話)だから、トイレで吸う奴が未だにいるのだそうだ。
当然危険だからすぐにアナンスされるらしい。

煙草を吸うこと自体はその方個々の意識感覚だから、他人がとやかく言う事ではないのだが、ポイ捨て、歩きタバコなど、他人に対する配慮に欠けている自己中が多いから、結局、喫煙場所もだんだんなくなるうえ、法規制にまでなってしまうのであろう。

それにしても、大麻だと捕まってしまうのに、タバコもニコチン中毒からくる常習性なのだから大差無い。
アメリカ産牛肉を気にする前に、やめる努力をした方が賢明であろう。






Last updated  2010年03月11日 10時54分10秒
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.