037727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛犬と下町のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

2022-0110ルビーとピエロ

2022-0110ルビーとピエロ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.05.08
XML

裕子がクルーズダイニングルームの入口に 近づいたらもうスズキムタクは待っていた。二人でメインテーブルに入っていった。スズキムタクはキョロキョロ眺めて

「今日は自由席だそうですね、どこにします」

といった。

「じゃあここに」

と裕子はすぐそばのテーブルにした。

「そうしましょう」

 二人で向き合って座りかかると途端に近づいてくる二人の女性がいた。一人が

「よろしいですか?」

という。突然の言葉なので

「ハイ」

と答えてしまった裕子。言葉には出さなかったけどスズキムタクに「いい?」と目で聞いていた。スズキムタクは愛想よく「どうぞ」と答えた。空いている四人テーブルは他にもあったけどだからって断るほどもなかったからだ。

 食事しながら四人の会話はこんな風だった。近づいてきた二人はどうやら姉妹だそうで上がサクラコ下がウメコ。ウメコの方がよく喋る。見た目はあまり変わらないけれど名前のせいで下の子の方がひがんでいたのか自分を主張してきたのかずっと喋っている。裕子はそんな気がした。桜と梅じゃね。梅は花というより梅干しだ。シワシワでオバァさん。裕子がそう眺めていたら当然ウメコは言い出した。

「ご夫婦で世界一周羨ましいです」

 裕子は「えっ!」と息を止めるようにして

「違うんです。さっきお知り合いになったばかりで」

「妹は余計なことを言う子なんです。すいません」

 やっぱり桜が付いた名前だから余裕を持って生きてるなぁと裕子は思っていた。結局最後のウメコの話は梅干し。

「身体にいいの」

で終わった。 

 メインテーブルを裕子とスズキムタクは出ながら笑っていた。

「笑いが止まりませんでした」

「私は上手に話せない方なんで裕子さんにどう話したらいいか悩んでました」

「私もです。桜と梅のおかげですね」

 と言って別れた。

 メインテーブルでサクラコとウメコはまだコーヒーを飲んでいた。ウメコは

「夫婦じゃなくてよかったわ」

「ウメコ好み」

「それより持ってるかしら? 名前聞いとけばよかった」

「真っ赤な糸がつながってたら、また会えるわよ」

「ホントお姉さんは。楽天家」

 呆れ顔になるウメコ。
<a href="https://novel.blogmura.com/novel_novelistshibou/ranking/in?p_cid=11145204" target="_blank"><img src="https://b.blogmura.com/novel/novel_novelistshibou/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ" /></a><br /><a href="https://novel.blogmura.com/novel_novelistshibou/ranking/in?p_cid=11145204" target="_blank">にほんブログ村</a>







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.13 15:37:21
[こんぺいとう〜世界一周ひとり旅] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.