000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛犬と下町のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

2022-0110ルビーとピエロ

2022-0110ルビーとピエロ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.05.15
XML
裕子は一度自分の部屋に戻ったがまた部屋を出た。
 廊下を歩いて一つの部屋の前で止まった。
マを小さく叩いたら何も言わずドアが空いた。 
「お邪魔します」
と入ってゆく裕子。少し経ってから廊下で裕子の声が聞こえた。  
「あっ、そこです。至福の夜〜たまりませんわ」
 廊下の壁の時計は10時30分を指していた。 
 部屋にいる裕子以外の声は聞こえなかったから一人でおしゃべりに夢中になる裕子だった。
「始めは片山さんだったのにいつの間にか裕子さんに変わっていて」
 そう言ってはクスクス笑っていたがまた急に声が変わった。 
「あっ、そこです〜ホントにシアワセ」
叫ぶ裕子。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.15 14:25:46
[こんぺいとう〜世界一周ひとり旅] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.