楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10737635 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

楽天競馬ライター

楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2022年06月26日
XML
カテゴリ:高橋 華代子
日曜日担当の高橋華代子です。

 この一週間は船橋開催が行われました。

 珍しく重賞のない開催でしたが、2つの準重賞が行われ、1200mの千葉日報賞スプリントと1800mの短夜賞と好メンバーが集いました。

 千葉日報賞スプリントは、和田譲治騎手が手綱を取った1番人気ギシギシが優勝しました。道中は2番手から、3コーナー付近で手応えが怪しくなるような気配もありましたがまた直線で先頭に立つと、並びかけた中央からの移籍初戦フォーテをクビ差抑えました。

 重賞初挑戦をした東京スプリントはタイム差なしの3着に入り脚光を浴び、それ以降もこれで2連勝。

 東京スプリントとそれ以降のレースでは相手もだいぶ変わりましたが、差がほとんどありません。

 相手に合わせて走るところがあって大きく離して勝つタイプではないだけに、乗っている矢野貴之騎手のほうは、「ヒヤヒヤする(苦笑)」と言っています。

 個性派ギシギシ。



 ただ、今回は大井競馬場外でのレースは初めてだっただけに本来の走りではなかったそうですが、それでもしっかり勝つのは立派です。

 いろいろ経験をさせて強くしたいと栗田裕光調教師も言っています。
 
 秋にはJBCスプリント(盛岡)に挑戦させたい希望もあるそうで、その大舞台に向けて第一歩。この後は習志野きらっとスプリントで重賞初制覇を目指したいそうです。

 一方、短夜賞は和田譲治騎手がエスコートした1番人気ギガキングが優勝しました。5番手を追走し直線で力強く差し切りました。

 今回は休み明けの一戦でしたが、どんどん強くなっている印象ですね。

 

 この後はマーキュリーカップに向かいたいそうで、その結果次第ではJBCクラシック(盛岡)という選択肢もあるでしょう。

 ギシギシもギガキングも4歳馬。4歳世代には東京ダービー馬アランバローズがいて、ジャパンダートダービー馬キャッスルトップもいて(2頭とも休養中)、古馬になってからも活躍しているランリョウオーやセイカメテオポリス、ワールドリング、ギャルダル、ジョエルなどなど役者ぞろいです。

 さて、大規模改修工事中の船橋競馬場。今開催は4コーナー寄りのスタンドがこういう姿でした。

 

 次開催にはこのスタンドも取り壊されているんでしょうね。未来に向けた工事が進んでいる船橋競馬場の今の姿を見られるのも今だけですよ!

 次開催は7月22日からの5日間開催です。






最終更新日  2022年06月27日 07時02分35秒
[高橋 華代子] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.