楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8943154 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2021年05月11日
XML
カテゴリ:太田 裕士
火曜日担当の太田です。


5月に入り大分暖かくなってきましたが、まだまだ昼間と朝晩との気温差が大きいですね。
今季のばんえい競馬、レースを見ていると、すごく時計がでているという印象。毎年春に馬場改修で砂の入れ替え、ゴール前の砂障害の設置(夏仕様の馬場)が行われるのですが、その年によって馬場は違ってきますね。今年はどうやら、馬場は軽めで時計が出やすい状況。スピードがある馬が有利な感じです


2週続けての重賞。ばんえい競馬は9日(日)古馬牝馬重賞
第14回カーネーションカップBG3が行われました。

ばんえいの女王と言えばミスタカシマという人がほとんどかと思いますが、古馬牝馬重賞はハンデ戦。いつも重量で涙の結果。今回も690キロのトップハンデで3番人気に甘んじておりました。

1番人気は、ミスタカシマの次にクラス上のアフロディーテ。
悲願の初重賞制覇を狙うシンエイボブが2番人気。

カーネーションカップについてはこちらもご覧ください。

結果は、第2障害を下って切れ味を見せたシンエイボブが勝利。デビューから重賞13戦目、嬉しい悲願の重賞制覇となりました。

(主催者提供)

2着はトップハンデのミスタカシマ。昨年に続いて今年も2着という結果に。
3着にはアフロディーテを最後差したジェイカトレアが入りました。

障害を下りた時点ではミスタカシマが勝つかと思いましたが、シンエイボブはいいレースを見せてくれましたよね。
負けはしましたが、ハンデ差を考えるとミスタカシマは負けて強しという感じでした。
古馬牝馬重賞はハンデ戦なので、冬のヒロインズカップも厳しい戦いを強いられそうです。それをはねのけて、古馬牝馬重賞制覇を願っているファンも多いことでしょう。


シンエイボブは、3歳4歳の3冠馬メムロボブサップが弟という血統。もともと期待が高かった牝馬です。
重賞13度目の挑戦で悲願達成。重賞で2着が多く、手が届きそうで届かなかっただけに、関係者も喜び一入のことでしょう。

(主催者提供)

古馬牝馬の次の重賞は、来年1月30日のヒロインズカップまでありません。自身のクラスで走り続けるわけですが、牡馬相手で苦戦を強いられるところもあることでしょう。ミスタカシマは古馬重賞への挑戦。ここではハンデをもらえるので、昨年も岩見沢記念で2着と大健闘。展開次第ではチャンスがないと訳ではないと思います。勝利したシンエイボブは、今後一気にクラスが上がってどうか。ただ、今季の馬場はシンエイボブにとっていい感じ。活躍に期待が持てます。

その他のばんえい牝馬は個性豊かでファンが多くついています。年齢を重ねてきて、牝馬は本当に柔らかな表情を見せたりと、可愛いんですよね。

今年も個性豊かな牝馬の活躍に期待します。

5月8日(土)


2R 1番 タアボモリウチ 馬場水分1.2% 2:04:4



3R 5番 イワキボブ 馬場水分1.2% 1:54:2



4R 2番 ヘッチャラ 馬場水分1.2% 1:52:4


5月9日(日)


2R 7番 ジェイホースワン 馬場水分1.4% 1:23:7



3R 6番 ツガルノヒロイモノ 馬場水分1.4% 1:32:5



4R 7番 キョウエイハンター 馬場水分1.4% 1:27:7


5月10日(月)


2R 8番 ホクセイウンカイ 馬場水分1.4% 1:44:0



3R 7番 ピュアリーナナセ 馬場水分1.4% 1:59:3



4R 8番 ギンノカミカゼ 馬場水分1.3% 1:43:1


日曜日昼から開催が始まるぐらいまで雨が結構降ったので、9日は時計が出ていますが、それにしても、能力検査と比べたらかなりの好時計。能力検査は砂が入れ替わってすぐでしたので、あの雨でも重めでしたが、レースを使うごとにしまってきて、砂のおさまりもよくなっているのでしょうね。

新馬戦は開催の後半に行われるので、また2週後。
金曜日には第3回能力検査行われる予定です。始まったばかりの2歳馬戦。ばんえいを担う将来の有望な馬の出会いに期待大です。






最終更新日  2021年05月12日 00時26分43秒



© Rakuten Group, Inc.