楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 6768452 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2019年05月21日
XML
カテゴリ:太田 裕士
​​​火曜日担当の太田です。


今週のホッカイドウ競馬は
今日21日(火)、22日(水)の2日間開催。

今日は
​楽天競馬杯『第56回赤レンガ記念H3』​​
を予定しております。
4月のコスモバルク記念圧勝
スーパーステションが登場。
次回は全国の大舞台に挑むということで注目ですね。
全国にはばたく前の走りを目に焼き付けておきたいですね。

さて、今日の北海道は雨風強く、悪天候となっておりますが、
レースにどう影響を与えるのか。
夜には少しおさまってくるかと思いますが・・・

楽天競馬では今日21日(火)のホッカイドウ競馬
第10レース6%そして、第11レース、そして
第12レースの赤レンガ記念はポイント10%還元
キャンペーンを行っております。


ぜひ楽天競馬でホッカイドウ競馬をお楽しみください。



この週末は気温が上がり、初夏の陽気の帯広。
これから6月のはじめぐらいまでの北海道は
本当に気持ちがよく、一番いい季節。
私は一番好きですね。


先日まで未舗装だった本走路前の観覧スペース
エキサイトゾーンですが、この中間で工事が完了。
きれいに舗装整備アスファルトが敷かれました。





スタートからゴールまでの足元がきれいになり、
レースでは、馬と一緒にゴールまで移動するファンにとっても
歩きやすくなったのではないでしょうか。


真新しいアスファルトですから、雨が降ると
滑りやすくなっているかもしれません。
気を付けてご観戦頂ければと思います。


雨がなく、馬場がカラカラに乾いて
レースでは砂塵が舞う状況
18日(土)は風向きの影響もあり、
砂塵でレースが見にくい状況となっておりました。
レースに騎乗する騎手も砂ぼこりで大変でしょうし、
また、のどの弱い馬にとってはたいへんですね。

よって19日(日)には散水を実施。


ABCD地点の散水となりました。
それぞれ
A地点は、ゲート前から第1障害までの散水
B地点は、第1障害後から20mの散水
C地点は、第2障害手前から20mの散水
D地点は、ゴール手前から20mの散水
となっております。

20日B、C地点の散水でレースが行われました。
明日からやや天気が崩れるようですが、
ここまで乾ききった馬場も久々ですね。

散水をすると、馬場に変化がありますので、
馬にとっては恵みの水、散水となっているのかもしれませんね。


19日(日)のメインは、準重賞
3歳以上牝馬オープン別定
「第12回カーネーションカップ」が行われました。

唯一のオープン馬ミスタカシマが670キロ
最軽量サンシルクラポピーが640キロ
ハンデ差が30キロ。

そんな中でもミスタカシマが1番人気に応えて見事勝利。
いつもよりミスタカシマはゴール前苦しそうに感じましたが、
オープン馬の意地を見せてくれました。



鈴木恵介騎手は、出来はまだまだという感じ
ハンデもあり、厳しい中だったが、それでも勝利したのは
力があるということ。




槻舘重人調教師は、今後は4歳世代戦に向かう。
とお話しくださいました。



古馬牝馬の重賞は年に一度
2月に行われるヒロインズカップのみ

まだまだ先の話ですが、勢力的にどうなるか
というところはありますが、今のところ
一番年下の4歳馬ミスタカシマの1強
牝馬では敵なしという感じになってきています。
後はハンデとの戦いですね。




20日(月)には3歳オープンの
「とかち皐月賞」が行われました。

2歳時の王者「メムロボブサップ」は回避
8頭の競走となりました。

勝利したのは伏兵殿人気のアポロン

第2障害を下ってギンノダイマオーが
先頭でそのままいくかに思いましたが、
苦しくなってストップ。

逃げていた目下3連勝中の上がり馬
インビクタが再び先頭に立ちましたが、
アポロンが並んできて、最後は差し切り勝ち。


8番人気ではありましたが、シーズン最後の
世代戦若草特別2着
前回クラスが上がって8着というのが
おそらく人気を下げてしまったのでしょうね。





3歳馬は春になって急に成長してくる馬が
多くいます。
昨年は「アアモンドグンシン」
その先には「マルミゴウカイ」も3歳になってから
頭角を現しました。

3歳の重賞は8月ですので、まだまだ先。
月一程度で世代特別戦があるので、
アポロンがこの先もしかすると
主役の座に立つ可能性もあるかもしれませんね。

負けはしましたが、インビクタも成長株の1頭。
この馬もこれから要チェックの馬ですね。

2歳時に活躍した馬は、ハンデが厳しく、
3歳時に苦労する馬が多くいます。
だからこそ下から上がってきた馬が目立つというのもありますが、
今年の3歳世代は果たしてどうなるのか。

昨年のチャンピオン「メムロボブサップ」の動向にも
注目が集まりそうです。
​​​






最終更新日  2019年05月21日 13時21分26秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.