1024592 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

席亭の囲碁日記

席亭の囲碁日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

das53jp

das53jp

カテゴリ

コメント新着

くま仙知@ Re[1]:川口IGOアカデミー(07/13) HNYさん >突如として消えた川口いごアカ…
HNY@ Re:川口IGOアカデミー(07/13) 突如として消えた川口いごアカデミーのweb…
skypia@ Re:日本囲碁界の問題点(04/11) 初めまして。 私もまったく同意見です…

カレンダー

お気に入りブログ

2006/10/12
XML
カテゴリ:雑件
 今日は囲碁とはまったく関係ない話。

 最近(おそらくここ十年くらいの現象)、スポーツ選手がよく「ファンの皆さんに感動を与えるようなプレイをしたい」ということを発言する。

 これが全く意味が分らない。
 感動させようと思えば感動させられるものではないだろう。自分を主語にして「~を感動させる」という表現を使うのは、かなり思い上がった表現にも感じる。


 ある時期まで、この現象は「スポーツの商業化」の影響だと分析していた。
 お客さんに見せて金を稼ぐ職業スポーツマンと、W杯、五輪などイベントごとに「感動」を約束する視聴率狙いのテレビ局の予定調和が「感動させる」現象を生み出しているのだと。それなりに説得力はあるでしょ?

 
 まあそれはそれ。


 しかし最近になって甲子園に出場する高校球児なども「ファンの皆さんを感動させるようにがんばりたい」など言うようになって、ここまで来たかと改めて愕然とする。そもそも高校球児が「ファンの皆さん」を意識している時点で、おかしな世の中だ。

 気がつけば、私の大好きな早稲田ラグビー部の選手までもが「ファンのために」「感動を与えるプレイを」などと言い出していて、個人的にはおかんむり。
 早稲田ラグビーは、秩父宮ラグビー場に通い詰めたほど大好きでそれこそ「感動した」が、そういう発言をする選手がするプレイはたいてい感動できないことが多い。

 
 囲碁でもスポーツでも、基本的には勝利を目指して自分のベストを尽くすだけのことであり、それを非常に高いレベルで実践しえたときにはじめて人を感動させうる。当たり前のことだと思うのだが、もはや当たり前ではないのかもしれない。 
 





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006/10/12 11:40:40 PM
コメント(3) | コメントを書く
[雑件] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.