967055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DFLY Room

PR

Category

Free Space

Favorite Blog

Recent Posts

全9件 (9件中 1-9件目)

1

時計

Aug 25, 2015
XML
カテゴリ:時計
全く知らなかったんだけど、先ほど久しぶりに
Seikoのサイトを見たら何と今年の春復刻版62GSが
発売されていた。

復刻版62GS

デザインはほぼそのままで全体に少し大きくなった感じ。
欲しいな~と思ったが、ステンレスケースでも45万円!
自分にはちょっと手が出ない。

発売からまもなく50年、復刻されると言うことは人気があるってことだよね。
とりあえず自分の時計を大切にしよう!






Last updated  Nov 20, 2015 11:13:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 9, 2013
カテゴリ:時計
62GSをセイコーへメンテナンスに出したとき
風防をケースから外すと使えなくなると言われた。
セイコーの基準なのか、構造上なのか分からないが
一度外すと交換するしかないようだ。

今回は風防の劣化が酷く、至る所にヒビや傷が有って
交換するしか無かった。っと言うかどうしても交換して
欲しかったので、結構強引にお願いして交換して貰った。

そもそも時計の風防は一番傷が付きやすく、一番目立つ
存在なのでその綺麗さで印象が全く違う。
今回のメンテナンスで本当に実感した。

細かい傷は磨いても良いが、外したら2度と使えないとなると
62GSを良い状態で長く使う為には、予備の風防が不可欠だ。
そこで、2個目の風防を買いました。
62GS-38
前のよりかなり安かった。
一応未使用品です。

必ず交換して貰えるとは限らないが、今回OKだったので
未開封品なら可能性は高い。
これで当面62GSへの投資は終わりにしたいな~






Last updated  Oct 9, 2013 07:47:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 3, 2013
カテゴリ:時計
折角綺麗になったので、iPhoneではなく
デジカメで写真を撮ってみた。
62GS-31
新品とは言いませんが、かなり綺麗になりました。
ホントにピッカピカです。
ステンレスケースは磨けるのが良いですね。
62GS-30
自分としてはかなり格好いいと思います。
ずっと大切にしたいです。

針のズレについて確認してみました。
62GS-34
写真は撮影のタイミングで秒針がずれていますが。
12時はほぼピッタリ針が重なります。

ところが、6時は
62GS-35
2分前で時針が既に6時を少し過ぎている感じです。
6時ちょうどだと
62GS-36
やっぱり少しズレています。(T_T)

45GSさんに教えて頂いたサイトによると12時にピッタリ
合わせた場合の時針の誤差は±3分だそうです。

自分の時計はちょうど3分ぐらいのズレなので
許容の範囲なんだと思う。
この時計は6時が一番ズレるようだ。

デイデイトやデイト付きの機械時計は、午後9時から
午前3時までは時刻合わせをしない方が良いらしい。
この時間は日付が変わる部分の機構が動いているので
そこで時刻を合わせようとリューズを操作すると
機械の負担がかかるそうだ。
知らないことばかりだ、機械時計は奥が深い・・・。

ついでにもう一度古い風防のヒビを撮ってみた。
62GS-37
よく見るとへの字状にヒビが入っていた。
何かにぶつけたか、落としたのかもしれない。
それでもここまで良くもってくれたよ。






Last updated  Oct 3, 2013 11:01:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 2, 2013
カテゴリ:時計
メンテナンスに出してから1ヶ月以上経ったが、
今日62GSが返ってきた。
62GS-20
箱と封筒が袋に入っていた。この封筒良い!!
62GS-21
封筒の中はメンテナンス記録と時計の扱い方を
まとめた冊子と交換した風防だった。
箱の中は時計がクッション材でしっかり梱包されていた。

修理完了報告書は
62GS-22
点検項目と
62GS-23
修理(メンテ)内容が書いてある。
62GS-24
経年劣化があるみたいだが、基本的なメンテで
済んだようだ。
代金は送料込み44940円だった。(^_^;

返ってきた62GS
62GS-25
風防交換とケースのライトポリッシュでピカピカだ。
風防は新品なのでピカピカなのは当たり前か。

交換した風防も返してくれた。
62GS-26
角に小さいヒビが入っている。
斜めから見ると
62GS-27
表面にも大きなヒビが・・・
62GS-28
62GS-29
外してみると風防の劣化がかなり酷かった。
古い時計なので当然ではあるけど、限界に近い
状態だったのだろう。
交換して良かった。

SEIKOのサービスへ直接連絡してメンテして貰ったが
対応はとても良かった。

しかし、残念なことが・・・
まず時針がズレていて、6時に時針と分針が一直線にならない。
これが結構気になる。
それから時針の表面が少し白く汚れている。
風防が綺麗になったせいか、よく見えるのでやはり気になる。

針の汚れはまあ良いけど、針のズレは出来れば直して欲しい。
サービスに相談してみよう。

っと思って12時に確認したらほとんどズレが無かった。
6時の時は見間違いだったかもしれない。_| ̄|○
ズレが無いなら問題無い、良かった。






Last updated  Oct 3, 2013 12:04:57 AM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 27, 2013
カテゴリ:時計
風防が割れているので、パーツが無いか探してみたら
何とか1個ゲットできた。
62GS-19
一応新品のデッドストックだ。
しかし、磨いてバンドを交換しただけで、かなり見た目が
良くなった。ホント良い感じだ。
今付いてる風防は角が丸いけど新品は角がある。
62GS-18
何とかメンテで交換して貰いたい。

Seikoにメールでメンテナンス可能か聞いてみたら
一応可能なようだが、実物を見てみないと分からないらしい。
とにかく古くて、もうパーツが無いのでダメなパーツが
あっても交換出来ないそうだ。
まあネットで書かれている通りなので予想通りだった。
状態を見て修理出来ないようならそのまま返品となるそうだ。

この機種は風防を外すと再利用できないそうで
ボディの磨きは不可能で中身のメンテナンスしか出来ないと
言われたが、手に入れた風防に交換して貰えないかと
お願いしたら、現物を見ないと保証のこともあり
明言出来ないそうだ。

費用は中身のメンテナンスだけで税込み44100円だそうだ。
たっ高い!(T_T)風防交換や磨きが加わると更に・・・
メンテ出来ないときは無料だそうだが、結構良い時計が
買える金額だ。参ったな~

痛い出費だけど、気に入ってるので仕方ないか。






Last updated  Aug 27, 2013 11:34:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 26, 2013
カテゴリ:時計
62GSの掃除をしたいと思う。

まずは古い歯ブラシで全体の汚れを落とす。
62GS-10
ボディのステンレスは意外と柔らかい金属なので
溝の汚れを掻き出す程度で終了。

更にボディを磨く為にステンレスみがきクロスを買ってみた。
62GS-09
傷もこの時計の歴史なので、汚れを落とす程度にしたい。
じっくり磨けば傷はほとんどなくなるようだが、
削ってるだけなのでほどほどが良い。

この機会にバンドも交換したい。
62GS-12
金属も良いけど、皮のバンドはシックだ。
バンド交換専用工具も買った。
62GS-13
バネ棒も限界だったようだ。
62GS-14
すり減ってるし、ゆがんでいる。下が新品のバネ棒。

バンドを換える前に風防も磨こうと思う。
専用の磨き剤サンエーパールを使った。
62GS-11
綿100%のクロスに磨き剤を付けて磨く
納得いくところまで磨いたら綺麗なクロスで拭き取って終わり。
20130821-62GS-01
上が磨く前で、下が磨いた後
62GS-15
おー!細かい傷が消えてかなり綺麗になった。
細かくても傷があると雲がかかったようになるので
これは良い。
これもあまりやり過ぎないようにしたので、深い傷は
残ったけどまあ充分だろう。
風防の右下にヒビが入っている。(T_T)

新しいバンドを着けてみた。
62GS-16
Seiko純正の皮バンド、なかなか格好いいぞ!
62GS-17
少しは高級感が出たかな?!

この後はメンテナンスに出したい。
動かし初めて4日目になると進み方が酷くなって
日差+21秒だった。
46年だからな~やっぱりメンテが必要だな。







Last updated  Aug 26, 2013 08:59:31 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 24, 2013
カテゴリ:時計
磨く前にちょっと長文になるけど感じたことを少し。

かなり以前から所有していた62GS(と最近知った)、
何となく気に入ってそのまま保管していた訳だが。
20130824-62GS-08
自分は電子機器や機械が好きなので、いらないと
思ったものは分解して中をみたり部品を取ったりしていた。
腕時計だけでも10個以上分解して壊している。

もし、何となく気に入ってなかったら(^_^;
62GSは既にこの世に無かっただろう。
いつも思うが知らないとは恐ろしいことだ。
45GSさんに古いGrandSeikoは貴重なものだと
教えて貰わなかったら危なかったかも。
ホント分解して壊さなくて良かった~。感謝します!

元々気に入っていたし、稀少なモノだと分かったので
美品では無いが大切にしたいと思う。
自分的に「大切にする」ということは、
「できる限り長く使い続ける」と言うことだ。
そうなるとやはりメンテナンスは欠かせない。

この時計は親から貰って今まで一度もメンテナンス
したことが無い。(親が死んだら形見になるのかな)
うちの親がメンテなんてするはずも無く、つまり
購入してから46年、一度もメンテナンスしたことが
無いということだ。

今になって色々調べているが、本来3年程度に一度
メンテナンスした方が良いらしい。
自分が貰ってからほとんど動かしていないのが
幸いして(?)今も特に問題無く動いている。

しかし、やはりメンテナンスは必要だろう。
問題はどこに依頼するかだけど、まあとにかく
Seikoにメンテ出来るか問い合わせてみようと思う。

と、その前に自分で出来そうなことはやりたいと思って
ここ数日普通に時計を使ってみた。
実は実際腕にはめて長時間使ったのは初めてだった。

すると何でこんな古い時計がいまだに高額な値段で
取引されるのか分かった気がする。

自分が感じた魅力は

・とにかくシンプルで必要最小限だが、必要充分。
 機能は日・曜日・時・分・秒が分かるだけ、
 たったこれだけだけど、これで良いんだと思う。
 手巻き機能すら無い為、竜頭が邪魔にならず
 デザインもコンパクトでシンプル。

・腕にはめているだけでずっと使える。
 手巻き機能が無いので、使っていないと止まって
 しまうが、逆に言えば腕にはめてさえいれば
 何もしなくてもずっと機能すると言うことだ。
 手巻きはもちろん、充電や電池交換する必要も無い。

・正確に時を刻む。
 今日で連続3日ほど使っているが、
 1日目が日差+2秒程度、2日目が日差+4秒、
 3日目が日差+7秒だった。

 最初寝るときに外したら朝止まっていたので、
 ゼンマイを巻く為に寝るときも腕に付けていた。
 その為かゼンマイが巻かれるほど進んで行くようだ。

 もう少し様子を見ないと分からないが、46年も前に
 発売された時計が、ノーメンテで日差10秒以内とは
 驚異的な性能ではないだろうか。Seikoさん凄い!
 自分はこれが一番驚いた。

 ちょっとした安物クオーツより正確かもしれない。
 ゼンマイを巻きすぎないよう今後は寝る時に外しておこうと
 思うので、誤差が安定するかもしれない。

・長く使える。
 46年前に買った時計が、ノーメンテで全ての機能が普通に使える。
 Seikoさん凄すぎる。

たったこれだけのことだが、
使ってみるとこれが本来の腕時計というものなんだと感じた。
腕時計を突き詰めるとこうなるんだと思う。
そしてそれが一番の魅力だ。

やっぱり機械時計って良いね~
さて、自分で何が出来るか、やっぱり掃除からかな。(^_^;






Last updated  Aug 25, 2013 08:27:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:時計
さて見つかった62GSだが、
どうせなら綺麗にして使いたい。
傷が酷いし少し磨いてみようと思う。

その前に、裏蓋を保護しよう。
そのままだと傷つき安いし、肌が当たると
GSマークが剥がれそうだ。
やっぱり金色のGSマークは残したい。

ただ肌が当たる部分なので、シールなどを貼って
蒸れたりすると嫌だ。
そう言えばデニム生地が家にあった。
20130824-62GS-03
これを使いたい。
眼鏡用のクロスも利用する。
20130824-62GS-04
デニム生地に強力両面テープを貼り付けて
20130824-62GS-05
直径30mm位に丸くカット、
クロスは少し小さく直径20mm位にカットする。
20130824-62GS-06
デニム裏の両面テープを剥がしてクロスを真ん中辺りに貼る。
これでGSマークを粘着部分から保護したい。

そのまま時計の裏側に貼り付ければ完了だ。
20130824-62GS-07
デニム生地は強いし蒸れないし、表面からは見えない。
GSマークは見えないけど(T_T)裏蓋は保護は出来るだろう。

さて次は表面を磨こうかな。






Last updated  Aug 24, 2013 10:38:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 21, 2013
カテゴリ:時計
行方不明だった古い時計が出てきた。
前から探していたんだけど、どこへしまったんだか・・・
こう言うのって思わぬところでポロッと
出てくるんだよね~

セイコーのGrandSeikoで、62GSというらしい。
20130821-62GS-01
古くてキズキズです。(T_T)
久しぶりに出てきたので、日付や曜日時間が滅茶苦茶です。

裏も傷が多いけど、ゴールドのGSマークは比較的綺麗。
20130821-62GS-02
型番は6246-9001らしい。

調べてみるとGrandSeiko自動巻の初期型らしい。
1967年頃から発売されたとなると何と46年前!
今でも特に問題無く動くのはさすがセイコーだね。
セイコーならメンテナンス出来るのかな?

美品では無いけど大切にしたい。






Last updated  Aug 23, 2013 09:21:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1

Comments

DFLY@ Re[1]:朗音!真空管アンプの愉悦02(12/24) 45gsさんへ あけましておめでとうござい…
45gs@ Re:朗音!真空管アンプの愉悦02(12/24) あけましておめでとうございます、 こんな…
DFLY@ Re[1]:PM-A890廃インクカウンターリセット(03/17) おかめさんへ 書き込みありがとうござい…
おかめ@ Re:PM-A890廃インクカウンターリセット まだ現役です。(PM-A890)×3 WIN10でも…
DFLY@ Re[1]:6418追加購入(03/17) 45gsさんへ 返事が遅くなってすいませ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.