957976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DFLY Room

PR

Category

Free Space

Favorite Blog

Recent Posts

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

AU-α907iMOS Limited

Apr 2, 2017
XML
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
α907iMOSの調整について
自分でも忘れかかっているので書いておきたい。

その前に
以下の記述は全て自分なりに調べた自己流なので、
正しいかどうか分かりません。
間違えて覚えている可能性も充分あります。
なんの保証もありませんし、一切責任は負えません。
自己責任でお願いします。

α907iMOSのパワーアンプ部の調整方法です。
MOS以外のα907iは終段がFETではないので
設定値等が違うと思います。

1.電源を入れる前に
①まず半固定抵抗を交換した場合は大体真ん中の抵抗値に設定して
 取り付ける。
②すぐに測定できるようにテスターを準備します。出来れば接続しておく
 テスターは2台以上あった方が何倍も早くできるしとても楽。
 また、テスト端子に取り付けるクリップ付きの導線があると便利
③調整が終わるまで間違ってもスピーカーを接続しない。
④パワーアンプダイレクトをインテグレート以外にするか端子を外して
 プリアンプと切り離しておく。出力接続ケーブルも外しておく。

2.バランス調整
①アンプの電源を入れパワーアンプ基板のHotとCold間が0Vになるよう
 VR1で調整します。
②また、Hot-E間・Cold-E間も0VになるようVR4で調整します。
 この調整が出来ていないとプロテクトは外れない。
③何度か繰り返して調整・確認する。

3.バイアス調整
①簡単に終段のトランジスタをブッ飛ばす恐れがあるので
 慎重に設定する。
②基板にある調整用の測定端子を利用して測定する。
③VR2(Cold)でー20mV・VR3(Hot)で+20mVに調整する。
 この値は適当で正しい設定値が知りたいところです。
 保証は無いけど30mV位までは大丈夫だと思うが、
 終段を焼く恐れがあるので発熱具合で時間をかけて調整する。
④これも何度か繰り返して調整・確認する。

4.確認
①2と3を繰り返して調整確認し、
 プロテクトが外れるか確認する。
②プロテクトや発熱など問題なければ2時間以上暖気して
 再度2・3を繰り返して調整・確認を行う。
③バランス調整はフラフラして調整が難しいが
 振れ幅の中心が0Vに近づくよう調整する。

確かこんな感じだったと思う。
パワーアンプ部の前にプリアンプ部のバランス調整も必要です。
時間がかかるので最近やってないからこれで良いかちょっと不安。






Last updated  Apr 2, 2017 11:24:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 11, 2008
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
D級アンプと真空管アンプキットに手を出して
進んでいなかった弐号機の改造だが、パワーアンプ部と
プリアンプの一部はだいぶ前に終わっている。

いつまでもバラバラだとまともに音を聞くことも出来ないし、
勿体ないので今の段階で天板と側板を除くところまで組み立てた。
ついでに、電源のインジケータを青色LEDに交換した。
黒いフェースに青色は凄くクールでかなり良い。格好いい!(^_^)v
907ikai_28
見た目も弐号機だとすぐに分かる。
参号機は緑色にしようかな?!(^^;

で、せっかく約一年ぶりに元の姿に戻ったし、アンプも
色々揃ってきたので、聞き比べしてみた。

視聴したのは以下の4台
壱号機(907iMOSLTDオリジナル)
弐号機(907iMOSLTD改造)
四号機(トラ技D級アンプ)
五号機(TU-873LE2)

自分の場合壱号機を基準にすることにしている。
聞き比べたCDは
1.ベートーヴェン:交響曲第5番≪運命≫・第7番
2.いい音を選ぶ(2)の付録CD
3.宇多田ヒカルのHEART STATION
の3枚

-聞き比べた感想-(基本的に壱号機との比較)

【壱号機】(基準の音)
・高音から低音まで全体にフラットで偏りがない。
・音の広がり解像度も良い。
・真空管に比べると音の厚み(力強さと言うか前に出てくる
 感じが)が少し弱い。この辺りは好みの問題かな。

しかし、改めて聞いても自分好みのいい音だと思う。
これをハッキリ分かる程超えるのは大変だ。

【弐号機】
CD1:それほど差がないが、音の厚みとクリアーさが少し勝る。
CD2:CD1より差が大きい。音の広がり、鮮明さやパワー感は
   確実に向上している。
   より本物に近い(目の前にいる)感じで、違いが
   ハッキリ分かる。
   良い録音の方が差が出やすいのかもしれない。
CD3:非常にクリアでより解像度が高い。今のデジタルの音が
   綺麗に聞ける。
・やはり全体にフラットで、より自然な感じ。
・壱号機よりも全てにおいてレベルアップしていると思う。

非常に綺麗な音でつい聞き入ってしまう。
思いっきりボリュームを上げたくなる。
特にパワーアンプ部の抵抗を交換してから高音の透明感が
違う気がする。
お金かけて改造しているので、効果が出てホッとした。
まだエージングが終わっていないし、まだ改造したい部分がある。
今後が非常に楽しみだ。

【四号機】
CD1:全くパワーが無くスカスカ。
CD2:CD1ほどではないが、おとなしい感じの音。
   やはりパワー不足。
CD3:とても綺麗な音だと思うが、高音が少しシャリシャリしている。
・クラッシックはやはりスカスカ。
・録音レベルの高いJポップ向きだと思う。

このアンプとクラッシックが合わないのは何故だろう?
他はこれ程差はないのに不思議だ。
お金のかけ方が全く違うので、他と比べる方が可哀想ではある。
値段から言えば立派な物だと思う。

【五号機】
CD1:差は少ないと思うが、音の質が違う。この辺が好みに
   影響すると思う。
CD2:音が前に出てくる感じが凄い。体に感じる響き方というか
   真空管が良いと言う人の気持ちが分かる。(これも好みかな)
CD3:音の特徴は変わらない。録音レベルが高いので
   よりパワフルだ。ただ高音の差が顕著にでる。
   高音が柔らかい分クリア感が多少劣る。
・高音の解像度は僅かに劣るが、中低音の厚みと言うか
 パワー感は凄い。
・半導体アンプと質の違う、音が前に出てくる様な独特の
 響き方をする。

真空管アンプを聞いているとワット数って何なんだろう?!と思う。
たった8W+8Wなのに十分な出力がでる。
音も好みの違いがあるが、壱号機に負けないレベルの音だと思う。
より良いパーツに交換したら凄いかも。

以上が聞き比べた感想だが、あくまでも個人的な感想なので・・・
しかし、弐号機は本当にいい音になった。凄く嬉しい。
真空管アンプも音に魅力があってとても良いと思う。

聞き比べって大変だ。
アンプ以外を全て同じ環境にする為に
同じCDを何回も聞かないといけないし、スピーカーや
プレイヤーの接続も面倒。疲れた。






Last updated  May 11, 2008 02:10:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 23, 2008
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
究極の907iMOSを目指して改造を始めた弐号機。
(何の知識も無いところからスタートしている
ので、取るに足らなくても笑わないでね。)

パワーアンプ部で予定していた(一部未)部分と
電源部の予定していた部分がほぼ終わった。
改造中問題が発生したらすぐ戻せるように
暫定的に着けていた終段MOSの導線も取り外した。

ここ数日長時間テストとエージングを兼ねて
音だししているが、本を読みながら何気なく
聞いていたら、高音が素晴らしく綺麗に出てきて驚いた。
自分の安物オーディオ機器ではこれほど澄んだ音は
今までに聞いたことがない。

気のせいかと思い参号機につなぎ替えて
聞いてみたがやはり音が違う。
参号機はまだぼやけた、粒が粗い感じがする。
これが、解像度の違いというのだろうか。

色々交換したので、何が良かったのか分からないが
弐号機と参号機の違いはパワーアンプ部の抵抗を
Vishay&アルファに交換したことと、ハンダの種類が
違うことくらいかな。
(ハンダはそれぞれ違うNASSAUを使ってみた)

やはり初段入口の抵抗を変えたのが効いているのかな?
もう少し時間をかけて聞き比べてみようと思う。
どんどん音が変わるって面白いな~。
でも、それだけに基準がないと訳が分からなくなりそうだ。
たまに壱号機を動かしてリセットしよう。

話題は違うけど、
真剣に音を聞いていると、録音が良いCDと全くダメな
CDが有って凄く気になる。
特に古いCDや、昔の曲を集めたCDなどは酷い録音が結構ある。
聞いてがっかりするので、買う時に気をつけたい。






Last updated  Feb 23, 2008 12:46:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 1, 2008
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
今考えている907iMOSの改造箇所をまとめておこうと思う。
改造と言っても今の段階では部品交換なんだけどね。

【パワーアンプ部】
・初段入り口とNFBラインの抵抗をVishayに交換
・その他信号ラインの抵抗(温度補償除)をアルファに交換
・初段のコンデンサを現行品(高精度・非磁性体)に交換
・半固定抵抗をコパルに交換

【プリアンプ部】
・半固定抵抗をコパルに交換

【電源部】
・2SA1306・2SC3298を200V品に交換
・パワー段電源用整流素子をSBDに交換
・平滑コンデンサの容量アップ

【プロテクト&リレー部・各端子】
・リレーを現行品に交換
・端子も現行高級品に交換

【共通】
・全ての電解コンデンサをMuzeKZとSILMIC2αに交換
 (一部OS-CONを使用)
・ハンダは全てビンテージNASSAUを使用する。
・基盤面をハイシャワーで掃除して、ハヤコートMark2で
 コーティングする。

ハイシャワーとハヤコートはサンハヤトの製品ですが

これはハンダ面がとても綺麗になるのでお勧めです。

プリアンプ部はあまり構わず、回路がシンプルな
パワーアンプ部と電源部をメインに改造したい。
これで、リファレンスの壱号機と聞き比べて
どのくらい音が変わるか確認したい。

書いてみると項目は少ないけど、元々壊れているので
パーツの入手と修理に時間がかかる。
遊んでいる時間も少ないしね。
まあのんびり楽しみながら進めたい。






Last updated  Feb 3, 2008 10:06:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 28, 2008
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
調子が良かった参号機だが、最近プツプツと
雑音が入るようになった。
どうも参号機は怪しい気がする。

何度か修理しているとのことだったが、
保護リレー基盤のいい加減な修理を見ると
他がどうなっているか不安だ。

買った時に電源部を修理していると教えて
もらったし、整流用ダイオードをSBDに
変えるつもりだったので電源基盤から
点検・修理しようと思う。
電源基盤01
電源基盤を外して、ハンダ面を見ると
早くも怪しいところが・・・
電源基盤02
今回もいい加減なハンダ箇所がある。
電源基盤03
何でこんなにてんこ盛り?!と思ったら
基盤のパターンが剥がれていた。山(ー△ー)
最低の修理だ。

しかも、ヒートシンクを止めているビスが一部
普通の物に変わっていた。(右がオリジナルのはず)

と思ったが、どうやら最初からそうらしい。(^^;)
電源基盤04
つまり修理でこうなったのではないようで
これは訂正します。すいません。m(_ _)m

前のオーナーは2度修理に出したと言っていたから
こんな修理をする業者がいるのかと思うと、
信頼出来るところ以外へは修理に出したくない!
修理じゃなくて壊してるんだからね~
これで高い修理費取っていたら酷すぎる。






Last updated  Feb 2, 2008 08:43:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 12, 2008
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
何故最強の907iMOSを作ろうと思ったのか
まとめておきたい。
907iMOSで遊んでいて気づいたことだ。

1.20年前に発売された新品を買って持っていた。

2.907iMOSは907iのカスタムモデルとして
 作られたので、ベースは907iであり
 パワーアンプ基盤などは907iのものを
 利用している。
 つまりMOS専用に作られた基盤ではない。

3.厳選パーツを使用と謳ってはいるが、
 26万円という値段から言っても全てに高級パーツを
 使ってはいない。

4.現在はより性能の良いパーツがある。

5.基盤を使うことに疑問がある。確かに基盤は
 コンパクトに作ることが出来るが、基盤に
 使われている銅箔は厚さ0.3~0.7mm程度だ。
 907iMOSの基盤は0.3mmだろう。
 パーツのリード線が無酸素銅でも接続されるのは
 ただの薄い銅箔と言うことになる。
 部品接続以外のところもハンダを乗せるが、
 鉛(最近は銀)や錫の合金だ。
 アンプを自作する人が、基盤を使わない理由がそんな
 ところにもあるのだろう。

6.専用基盤ではなく高級なパーツも使っていないのに
 いい音が出ていると思う。
 もし良い物を使ったらどんな音になるのか?!

今のところ、これだけだが
今より改善できる可能性が十分残っていると思う。
907iMOSにはまだまだ隠れた能力があると思う。
これが、最強の907iMOSを作ろうと思う一番の理由だ。
ただ、自分は回路を設計したりすることは出来ないので
ほとんど部品交換だけなんだけどね。_| ̄|○

基本設計を変えると907iMOSで無くなるわけだから
回路とMOS-FETには拘りたいと思う。
その意味でも最強の907iMOSを目指したい。

こんなことを考えるようになったのも
分解して遊んだ結果だ。(^_^)v
前は分解しようなどとは考えもしなかった、
最初は自分でメンテ出来ればいいな~と思っただけ
だった。遊び心は大切だ!
これが正しいかは分からないが、結果は音で分かる。
自分の好きな音になったら最高!

しかし、高級オーディオが何で100万円とかになるか
最近良~く分かったよ。
抵抗1個で1000円以上って・・・高過ぎ!






Last updated  Jan 12, 2008 10:13:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 9, 2008
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
参号機から外したパワーアンプ部を弐号機に
転用することにしたが、はっきり言って
状態は酷い。
だから最初から劣化しやすい電解コンデンサと
トランジスタ類を全て取り替えることにした。

とりあえず片ch修理したので、
これで動いてくれると良いんだけどね。
っと思いながら電源を入れ、バランス調整と
バイアス調整をした。ここまでは順調だ。
プロテクトも問題なく解除出来た。

弐号機はまだプリ部が死んでいるので、
パワーアンプダイレクトで早速CDを
再生してみた。
音はかなり元気が良い感じだ。
高音・低音とも派手に出ている。
高音シャリシャリ!
エージング前の音としては良い感じだと思う。
MuzeKZ以外にSILMIC2αを使ったからかな?
907ikai_26
今回終段MOS-FETを導線で接続した。
今後の改造のためだ。V(^_^)
こうしないとヒートシンクから基盤を外すたびに
ハンダを外すか、シリコングリスを塗り直す
必要があって面倒だからね。
でも音に影響あるかな。
まあ改造方針が固まったら戻すから良いとしよう。

今は電解コンデンサ以外、ほぼオリジナルと
同じ部品で修理しているが、音が出ることが
確認できたので、これから部品をいろいろ交換して
音を比べてみたい。楽しみだ!






Last updated  Jan 9, 2008 11:59:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 19, 2007
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
いきなりだけど、前回参号機のアンプ部
は修理しないと書いたが、弐号機の
アンプ部を取り付けた参号機(ややこしい)が
ことのほか調子良く、わざわざまた外して
改造するのも勿体ない気がしてきた。

参号機はこのまま遊び用&予備に使おうと思う。
当初パワーアンプ部は部品取りにするつもり
だったが、参号機のパワーアンプ部は
弐号機用として自称最高の907iMOSに使おうと思う。
(つまり弐号機と参号機のパワーアンプ部を交換)

それにしても参号機が良い感じになってきている。
パワーアンプ部とプロテクタ部以外は中古で購入した
ままなので、どんな音になるか楽しみだった。
最初は響かないし、ちょっと心配したんだけど
エージングが進んできたみたいで、結構良い。

パワーアンプ部の劣化部品は交換したが
同じ物を使ったので、オリジナルと違う改善点は
・電解コンデンサをMuzeKZとSILMIC2に変えた。
・ハンダはビンテージNASSAUを使用
これだけ。

日々音が変わっている気がする。
より響く感じに鳴ってきている。
今後が楽しみだし、弐号機で音楽を聴きながら
参号機を修理している。
何か良いね~。







Last updated  Dec 19, 2007 11:17:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 2, 2007
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
やっと時間が取れたので、参号機の修理を
開始した。
まず、故障がはっきりしているLchのパワー
アンプ部を外した。
既に弐号機で色々遊んでいるので非常に簡単。
経験は財産だ。

今回も相当な部分部品交換が必要だろうから
さっさとヒートシンクから基盤を外しハンダ面を見ると
907ikai_19
うわーこれは酷い。汚れと埃がフラックスにへばりついて
真っ黒だ。こんな状態ではまともに動くはずはない。
907ikai_20
このアンプが作られた当時は手でハンダを
していたのかな?
昔のアンプってみんなそうだったのかもね。

そのせいかハンダのやり方にかなりばらつきがある。
しかも危ないハンダがあちこちに。
参号機は改造用なので、パワーアンプ部は直さない。
改造のための部品取りと保守パーツ用に使いたい。

そうは言ってもパワーアンプ以外は使いたいので
他の部分の修理は必要だ。
そこで、修理が完了した弐号機のパワーアンプ部を
取り付けて更に故障箇所を確認した。

すると音は問題なく出るようだ。ボリュームにガリも無い。
プリ部はとりあえず動く、ただ少しボリュームメモリと
音量が合っていない感じがする。
ボリュームメモリに対して音量が少し低い。

まあそれは後で調べるとして、次の故障箇所
スピーカーBから音が出ないこと。
スイッチを入れてもリレーが動かないようだ。
早速プロテクタ基盤を分解。
配線が直接ハンダ付けされているので外すのに苦労した。
907ikai_21
基盤を外してハンダ面を見ると、これまた酷い。
今度は埃ではなく、いじった後がある。
スピーカーB側から音が出なくなって調べたのかもしれない。
しかし、そのやり方が呆れるほど酷い。
907ikai_22
何をしたかったのかよく分からないが、
基盤のパターンを一部剥がしてしまった部分もあった。
907ikai_23
ハンダも凄く下手だし、プロの仕事とは思えない。
自分でやったのかな?!
907ikai_24
まずリレーを外して、動作テストしたらやはり
1個壊れていた。コイルに導通がない、原因はこれだな。
リレーは当然交換しよう。
今回はA側はOMRON製、B側は松下製のリレーに交換した。
もしかしたら聞き比べられるかもね。
ついでに全体的なハンダのやり直しとリレー周りの
ダイオード交換、トランジスタも交換した。
907ikai_25
交換したパーツ達。
基盤を戻し、動作テストしたらスピーカーBからも
問題なく音が出た。プロテクタ基盤はこれで修理完了だ。
今回は順調だった。V(^o^)






Last updated  Dec 2, 2007 12:59:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:AU-α907iMOS Limited
オークションで手に入れた参号機
お約束のジャンク扱いだった。

説明にあった状態は、
・ボリュームのガリ音
・Lchがボッボッと酷い音がする
・スピーカーBスイッチ不良
・過去に電源を2度修理
など

早速分解してみた。
907ikai_17
うーん汚い、2号機より状態は悪いようだ。
ありゃ、電源部のコンデンサの頭が丸くなってる。(ToT)
907ikai_18
すぐに壊れることは無いだろうけど要注意だ!
早めの交換が必要だな。ポッコリ頭(お腹じゃないが)

とにかく電源を入れて状態を確認した。
やはり説明通りLchは酷い音がする。
Rchだけなら音が出る。
確かに各所に修理の跡があり、あまり良い状態ではない。

参号機の状態が分かったので、前に書いた通り
今後の予定を考えた。






Last updated  Dec 2, 2007 09:25:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

Comments

DFLY@ Re[1]:朗音!真空管アンプの愉悦02(12/24) 45gsさんへ あけましておめでとうござい…
45gs@ Re:朗音!真空管アンプの愉悦02(12/24) あけましておめでとうございます、 こんな…
DFLY@ Re[1]:PM-A890廃インクカウンターリセット(03/17) おかめさんへ 書き込みありがとうござい…
おかめ@ Re:PM-A890廃インクカウンターリセット まだ現役です。(PM-A890)×3 WIN10でも…
DFLY@ Re[1]:6418追加購入(03/17) 45gsさんへ 返事が遅くなってすいませ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.