23427081 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

X

カレンダー

プロフィール


むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「銀魂」でカラーな月詠さん!☆(≧▽≦)☆!(08/07) cialis pill cutterscialis da 5 mg forum…
 通りすがり@ Re:「銀魂」で桂さん←髪の毛がすごいことに(笑)(03/15) 髪をなびいてるイラスト探したらみつけま…
 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2006年03月02日
XML
カテゴリ:読書感想
個人情報、保護魔法!

マジカルランドシリーズ、第15作目です。知る人ぞ知るユーモアファンタジーの傑作。
このシリーズにどうやって出会ったかというと、ずばり水玉螢ノ丞氏のイラストだったからというミーハーな理由(いわゆるジャケ買い)でしかなかったんですが、読んでみて大正解でした。面白い(≧▽≦)☆
※水玉螢ノ丞氏と言えば、西澤保彦氏のチョーモンインシリーズのイラストの方が有名ですかねえ。他には久美沙織氏のドラゴンファームとか。
SFに造詣の深いイラストレーターですが、もんのすごい絵がかわいいんですよ!
というわけで、これでもか!と並べてみる↓
(ホントは全部で15冊出てるけど、画像がなかったのでこんだけ)
あと、水玉氏のセンスも素敵です。立ち読みでいいので、騙されたと思ってマジカルランドシリーズの挿絵を見てみて!あれ全部水玉氏のオリジナルだから!もう、なんてーかすごいかわいい(かつブラック・笑)

魔物をたずねて超次元! 魔法探偵、総員出動! 大魔術師、故郷に帰る! 魔法の地図はいわくつき! 魔法探偵社よ、永遠に! 大魔術師対10人の女怪!

おまけで西澤保彦の「チョーモンインシリーズ」
実況中死人形幻戯転送密室
もひとつおまけに久美沙織の「ドラゴンファームシリーズ」
竜飼いの紋章竜騎手の誇り聖竜師の誓い(上)聖竜師の誓い(下)

ね?ね?かわいいでしょ?

さて、本題。
マジカルランドシリーズの主人公のスキーブは、表紙イラストからも分かるとおり、金髪碧眼の美少年(魔術師)。でも、読んでみると美少年らしさはちーともありません。貧乏性だし、服のセンスは悪いし、魔術のうではへっぽこだし、自分の外見が若く見られるのが悩みの種だったりといたって普通の好青年。
で、みんなにこれでもかって程好かれてます。いやいや、ほんと、ものすごいいいコなんよ、これがまた。

勉強熱心だし、まじめだし、いざというときにはハッタリもきく。それより何より、すっごい友達思い。
スキーヴの元師匠かつ元相棒で今は友人のオゥズ(緑の鱗の魔物ね)も最初はスキーヴのことなんか鼻にも引っ掛けてなかったのが、スキーヴと付き合ううちに、みるみるほだされてっちゃう。
ところで、ふと思いついたんですが、この辺は銀河の荒鷲シーフォートと共通する部分があるかも。
性格は全然違いますけどね。なんてったって、スキーヴに比べてシーフォートさんの方が圧倒的にひねくれてるし、これでもかってほど融通は聞かないうえに超暗い。おまけにかなり不幸(笑)
ただまあ、周囲の人達からの信頼度とか好かれ具合はいい勝負なんじゃないかなあ。(ちなみに、このシーフォートシリーズは表紙イラストは漫画チックですが、中身は結構ハードですよん♪)

というのはさておき、ファンタジーといえば「指輪物語」に代表される「剣と魔法」を思い浮かべちゃいますがですが、この作品は魔法しか出てきません。
で、いろんな次元のいろんな魔物達がてんやわんやの大騒ぎをくりひろげ、スキーヴ達が事件に巻き込まれたり、自分から首を突っ込んだり、友達を助けようと事件を引き起こしたりしつつ、スキーヴが成長していく、っていうビルドゥングスものでもあります。

翻訳がうまいのか、水玉氏のイラストとあいまって、出てくる人物がみんな好人物です。ユーモアミステリーだから能天気な話ばかりと思いきや、要所要所でスキーヴは辛い決断もするし、葛藤もしつつ、立派な魔術師となるべくがんばります。

で、シリーズ最新作「個人情報、保護魔法」ですが、前作のひきでスキーヴのこさえた(らしい)山ほどの借金の取立人がオゥズのとこにやってきてましたが、今回、その真相が語られてます。
外伝的な位置付けでスキーヴ本人は全く出てきません。けど、そのかわりといっちゃあなんですが、スキー部の偽者がわんさか出てきます。
で、今までのシリーズはほとんどスキーヴの一人称だったので、スキーヴの外見が果たしてどんなものかいまいち分かりづらかったのが(水玉氏のイラストがロバートアスプリンのスキーヴ像とおんなじかどうかは分かんないしね)、今回オウズ視点からスキーヴの外見について山ほど語られてるのでそこが楽しい。ほっほお背が高くてすらりとしてて反射神経が良くて金髪で目がぱっちり大きくて・・・・・・・・・
おいおい、オゥズさんあんたどれだけスキーヴ大好きなの?いくらなんでも誉めすぎだよ。
しかもそれが無意識っぽいのが余計にタチ悪いって言うかさあ(笑)

キャラクターがすごいたってるので、ライトノベル感覚でさくさく読めます。
今回も楽しくさくさく読んだけど、やっぱり主人公が出てなんぼだよなあ。今回のは途中が結構もたもたしてたし。このシリーズ、13作目からジョディ・リン・ナイとの共著になるんですが、そのせいもあるかも。

ともかく、読んでてハッピーな気持ちになるファンタジィなのでお勧めですよ~♪


ところで、こっそり宣言させてください。
ブログを始めてからようやっと3ヶ月が経ちました。
素敵サイト様のリンク貼ってみたいな~と思いつつ、いつめんどくさくなって自分のブログを放り投げるかわからなかったので(←己に信用が全くない)、なかなか踏み切れませんでした。
駄菓子菓子! だがしかし!
3ヶ月、自分もよくがんばった!この調子だとそこそこ続けられそう!ということで一念発起!素敵サイト様を日記リンクさせて頂くぜ!と決心しました。
パチパチパチパチ(拍手)
登録させて頂いたサイト様達にはこれからご報告に伺おうと思います。
あ~、なんか、一端のブロガーになった気分♪うへへへへ(←浮かれすぎ)






最終更新日  2006年03月02日 21時43分05秒
コメント(2) | コメントを書く
[読書感想] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.