23528614 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

X

カレンダー

プロフィール


むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「銀魂」でカラーな月詠さん!☆(≧▽≦)☆!(08/07) cialis pill cutterscialis da 5 mg forum…
 通りすがり@ Re:「銀魂」で桂さん←髪の毛がすごいことに(笑)(03/15) 髪をなびいてるイラスト探したらみつけま…
 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2006年05月25日
XML
カテゴリ:読書感想
「ディーンとキス」「ディープキス」と読み間違えて(←どんなんや)お母さん、そんなことは許しませんよっ!と思わずいきり立ちそうになったかずはです。ア~ホ~だ~。

ハリー・ポッターと謎のプリンス


というわけで謎のプリンス、とっくに読了してましたが、週末はジャンプ感想にあけくれたりなんだりで手が回らなかったんですが、ようやっと感想アップできました。うははは。
不死鳥の騎士団がちょっとアレ?な感じだったので、そこまで期待してなかった最新刊。
これがビックリ、面白かったですよ。以下、ネタバレは反転してます。
ハリー達ももう16歳。思春期真っ只中です。ラブラブファイヤーです。ヴォルデモートなんかより、恋の行方の方が大事です。今までほのめかし程度だったロンとハーマイオニーはともかく、ビルフラーハリージニーにはびっくらこきました。うへえ!
今回、ハリーは恋愛がらみで「女性とは、復讐のためならどこまで深く身を落すことができるものなのか」なんてしみじみしてますが、16歳でこんなこと思うのは早すぎです(笑)

今までさんざっぱら伏線のあったロンとハーマイオニーですが、ダメ男もしくは不良に惚れるいい女というのは,ある種お馴染みのパターンですが,ハーマイオニーってロンのどこがよかったんだろ。
いやいや、ロンも非常にかわいいですよ?バカだし、おバカだし,おばかさんだし。(←誉めてる?)
でも、過去を勝手に想像して勝手に嫉妬して、あてつけで別のコと吸盤みたいにくっついていちゃこかれたら、私なら100年の恋も冷めるってもんですよ。それなのに見捨てないハーマイオニーはまだまだ16のお子様なのに、懐が深いなあ。ってか、将来苦労するんだろうなあ。なんか、しみじみ。

さてさて、このハリポタシリーズ。相変わらずハリーに都合のいいことばかり起きますが、まあ、そーゆーものだと思って読んでるので、私的には問題ないです。出だしから運命の男の子ってベタな設定なんだし。でも、予言の解釈のくだりにはなるほど!と思わず膝を打ちましたよ。いいこというなあ、ダンブルドア。23章にはちょっと、ってかかなり感動。ここまで読み続けた甲斐がありました。

そういえば、ワタクシ、「ふふふふっ、私の推理によると、全ての黒幕、つまり真の敵はずばり、ダンブルドアですね(キラリ~ン)」なことを思ってたんですが、外れてました。で、前宣伝でさんざっぱら「またもやハリーに悲しい別れ」とあったのはてっきりそれってハグリッドだと思ってたのも外れました。何もかも外れました。

やっぱり大穴ねらいはやめて堅実な人生を歩まなきゃいけません。(何の話?)

スネイプ先生については、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」でジェームズとシリウスにあんな仕打ちを受けときながら、なんでそこまで二重スパイみたいな貧乏籤をひかなきゃいけないのかしらんと思ってたので、まあこれもありかな、と。
ダンブルドアを裏切り死の呪文で殺害した?ことになってるけれども、ダンブルドアの最後の言葉が「どうか… (打ち合わせどおりに事を運んでくれ…) 」という説(byウィキペディア←ネタバレ注意)もあるらしいですが、どうなんでしょ。
ところで、ハリポタファンサイトさんを見ると、やけにスネイプ先生が憂いを帯びた美青年です。雰囲気はすっかり、アンジェリークの闇の守護聖クラヴィス様。私も腐女子回路をマックスフルパワーにすればそう見えるのかもしれないですが、どうにもこうにも無理です。鍛錬不足か、イメージはすっかり映画のアラン・リックマン。でもスネイプ先生ラブ(笑)

で、ダンブルドアが死んじゃったのは悲しかったんですが、いまいち悲しみに浸りきれないのは,「え?死んだとしても校長室の肖像画と喋ったらいーじゃん」と思ってしまうから。あの辺の設定がいまいち分からないんですが、ハリポタの世界では写真じゃダメなんだろうけど、肖像画に書いてもらっとけば、肖像画が、その人が生きてる時みたいに喋ってくれんじゃないの?←なんか、自分がものすごい勘違いをしてる気もしないでもないですが、読み返す元気もないので、御存知の方教えてください。

タイトルの謎のプリンスの正体ですが、冒頭からのものすごいラブパワーに圧倒されて予想する気も起きなかったんですが、正体は結構意外でした。自分のことをプリンスなんて耽美(?)な呼び方をしないと思ってたから。

何にせよ、読み出したら一気読み、途中じゃ止められませんでした。
で、次はとうとう最終巻。書き始めた当初から金庫の中に仕舞いつづけてたって言う最終章がお目見えですね。
このときばかりは、英語をまじめにやっときゃよかったと思いますよ。原書が読める読解力が欲しい…

ところで、最後の最後にルーピン先生まで上手くいったのにはびっくりです。
ルーピン先生に限っては、幸せがばかでかい不幸の前兆にしかみえなかったり(笑)

感想を読ませていただいた素敵サイト様はこちらです♪
planet17 What's going on? さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
瑞原唯子のひとりごと 落とし穴には気をつけろ! 人形姫の視る夢は… ログハウス
まあぼの交差点 ながら日記






最終更新日  2006年05月25日 21時41分08秒
コメント(6) | コメントを書く
[読書感想] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.