000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

むらきかずは

むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 通りすがり@ Re[1]:ブログ移転のお知らせ(04/21) akiさんへ ネトウヨ自称茶請けのカマシ発…
 aki@ Re:ブログ移転のお知らせ(04/21) 日本有事と急がれる改憲、大変恐縮とは存…
 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2007年06月02日
XML
ダンシングスパイダーマン

オープニングの映像からもうダメです。摩天楼をビュンビュン飛び回るスパイダーマンに心が躍るのがとめられない,やめられない。
何のストーリーもなく2時間ぶっとおしでビルの間を駆け巡るスパイダーマンの映像だけでも,お金払って映画館に見に行くね!ってくらい大好きです。
視点の位置もコロコロ変わるので、そのスピードと相まって何がどうなってるのかろくに分からないもの(ぇー)、手に汗握ることだけは間違いなし。
映像テクニックに騙されてるだけなんでしょうけど、でもいーや、騙されても。
だって見てて気持ちいいし、ワクワクするし。
幼少の頃からアニメを見て育ってきた身としては、こんな風に映像表現の幅がリアルに広がるとウキウキします。
ほぼ記憶から消去されつつあるドラゴンボールのハリウッド映画化が、現実の話になるのをうっかり期待してしまうくらい(笑)

娯楽作品としてはこれ以上ないってくらいのクオリティ。
エピソードの詰め込みっぷりが目立って2にはちょっと及ばないかな~と思うものの、

3も水準以上に面白いってのは 詐欺だ!(←マジ)
いまいち評判は芳しくないみたいですが、私的には大満足ってことで♪


今やピーター・パーカーの人生は順風満帆そのものだ。
スパイダーマンとしてはNY市民にヒーローとして愛され、大学では成績トップ、ブロードウェイ・デビューを果たした恋人MJとの関係も良好で、ついにプロポーズを決意する。
ところが、謎の黒い液状生命体に取り憑かれ、復讐と憎しみの感情に支配されたブラック・スパイダーマンになってしまう。
そんな彼の前にこれまでになく手強い敵サンドマンとヴェノムが表れる…。




さて、こっから先はネタバレです。まだご覧になってない方は読まないほうが吉。


スパイダーマンとしての「運命」を受け入れた第1作、スパイダーマンとして生きる運命に
「苦悩」した第2作に続く、スパイダーマンとしての「決意」を描いた第3作。とりあえず言いたいのはですね。

ハリーの執事のバカァァァァァァァァ!(泣)

ということだけですよ,コンチクショー。
映画自体の面白さに文句はありません。
息もつかせないし目も離せない、居眠りする暇もありゃしねえ(ぇー)
でもね?

ハリーの執事のバカァァァァァァァァ!(泣) (←しつこい)

ピーターとハリーが空中をビュンビュンぎゅんぎゅん飛び回ってサンドマンとヴェノムを翻弄する様を見るのは心の底から楽しかったです。
ただでさえスパイダーマンのバトルシーンが大好きなのに、ここに「親友ハリー」の存在まで加味された挙句、時速170キロで飛行するその動力は一体何なんだ!30字以内で簡潔に述べろ!と言いたくなるくらい、火炎放射機能まで付いてる万能スケボーなスカイ・スティックが縦横無尽ときたら、拍手喝采するしかありません。
ハリーの家でバスケをする二人の姿と重なって、スパイダーマン4は二人のヒーローが活躍するに違いないって心の底から期待したんですが、夢は夢で終わってしまいました。

もうひたすら、ハリーんとこの執事(名前覚えてません)の肩をぶんぶん揺さぶって問い詰めたい!「なんでもっと早くに父親の死の真相を教えなかったのか」と。
そうすれば、ハリーが命を落とさずにすんだかもしれないのに……と思わずにはいられません。
少なくとも、さっさと真相を話してあげてれば、二人はすれ違わずにすんだはず。

そういや、ハリーも死んじゃったし、オズボーン家の遺産はどうなるんでしょう?
ハッΣ(゚ロ゚〃)、もしや全部執事の懐に?そ、そんな深慮遠謀があったとは!( ̄□ ̄;)!!
くっそう、真の悪役はもしかしたら、あの執事なんじゃないですか?


そんな戯言はさておき、ハリーの死は、ピーターにヒーローとしての責任や自覚、人を許すことのできる心の強さ、正しい道を見出すために必要な通過儀礼だったのかもしれません。
ラストのシーンは1作目のラストシーンを思い出しました。1作目から3作目まで。あらゆるところで光と影。陽と陽。陰と陰の対比がなされています。
全ては、ピーターが正しい道を見つけるために。

「親友だ。命だってやれる」 そんな風にピーターのことを話すハリーの笑顔が一番心に残りました。

1作目も2作目も3作目のための物語りだったと思う。
結末は必然だったかもしれないけれど、しばらくはピーターとハリーの2人がニューヨークの摩天楼を飛び回って、時々は怪人と戦って、ケンカしたり肩を叩き合ったりしてる姿を想像して胸躍らせてみるのもいいかもしれない。
サンドマンやヴェノムの存在が霞んでしまうくらい、ピーターとハリーの関係に思いを馳せてしまう映画でした。
さて、こっから先はキャラ別感想です。


【ピーター・パーカー】

30過ぎ?うっそでぇ~と驚くしかない童顔なトビー・マグワイア。
今回も変わらずかわいらしかったです。捨てられた子猫みたいな風情に胸キュン(笑)

1で正義のために力を使うことを決心し、2で苦悩の末、スパイダーマンとして生きていくことを誓ったという過去があるからこそ、自力でダークサイドから脱出することができる。そんなピーターは、どれだけ普段が小市民っぽくても、やっぱりかっこよかったです。

そういえば、スパイダーマンに出てくる怪人ってみんなピーターとの私怨がらみばっかですよね。コスチュームのカラーリングはアメリカ国旗そのもので、いかにもスケールがでかいように見せときながら、蓋を開けてみればニューヨークという箱庭限定のヒーロー。
おまけに悩んだり慢心したりと忙しいです。そんな完全無欠じゃないヒーローだからこそ、ツボにばっちりはまっちゃうんだろなあ。

【MJ】

キルスティンは1作目に比べるとかわいくなったけど,相変わらず三白眼は健在でした。
睨まれたら条件反射で謝ってしまいそう(笑)
傍にいて欲しい時にピーターがいない。ヒーローの恋人は大変そうです。
「亭主元気で留守がいい」という心境になったらMJの勝ちってことで。

【ハリー】

パンプキン・ボムが妙にかわいい♪
というのはさておき、いい人すぎて思い出すだけで泣けてきます。
ピーターとハリー。二人のヒーローの活躍を見続けたかった。もう、原作なんか無視しちゃえばいいのに。サム・ライミめ!(←無理言うな)

【フレンチレストランの支配人】

大好きです!(きっぱり)
私も、将来プロポーズする時はあのレストランに絶対行く!

【サンドマン】

警備体制がザルな素粒子研究所、万歳!
こうゆう抜けてる研究所がある限り、怪人の出現に困ることはなさそうです。

【ヴェノム】

よくよく考えるに、危険だと分かってたくせに、自分からはがした後の寄生生物を放置していたピーターの被害者なんじゃ……( ̄□ ̄;)!!

サンドマンもヴェノムも造型的には見事の一言につきますが、見事なだけに1作品に2人も怪人を出さなくても良かったんじゃないかなあ。
怪人の印象が散漫になるし、何より勿体無い!1作品1怪人でじっくりとっくり描いて欲しかったかも。



そんなこんなで期待通り楽しい映画でした。徹頭徹尾、見所だらけ♪
とりあえず、コレを買おうっと♪

←1と2のDVD。セットで2000円で買えるんですね。
 安っ!( ̄□ ̄;)!!

   
にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ 漫画ファンアートへ  にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年06月02日 09時09分33秒
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.