000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

ゑびす顔の百笑さん

ゑびす顔の百笑さん

Calendar

Favorite Blog

● 安心なお米屋さん ●安心なお米屋さん
みさちゃんの絵筆 ♪みさちゃんの絵筆さん

Comments

 masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
 ゑびす顔の百笑さん@ Re:コメント失礼します☆(02/27) masashi25さん >ブログ覗かせてもらいま…
 masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
 mkd5569@ Re:健康食品の害って?(11/08) すごい、真っ赤に染まっていますね~

Freepage List

Headline News

2010.04.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
大悲山の観音堂石仏

先日紹介しました大悲山の大スギと石仏
ですが、今回は観音堂石仏を紹介致します。

kn-01

kn-02

大悲山の麿崖仏の一つである観音堂石仏は
岩窟の掘り込められた、十一面千手観音坐像で
あったと考えられている。
 現在はほとんどが剥離欠損しているが、本
来は像に高さ約五、五メートル、台座の高さ
約二メートルの堂々とした観音坐像であっ
たことが明らかである。
 千手観音坐像の両側壁面には、化物坐像多
数が薄肉彫りされている。これらは二重円光
の光景と台座を伴っていて、賢劫千仏とされる。
 観音堂石仏は、観音信仰に基づく、平安
時代の麿崖仏の一つであり、わが国の仏教美術
史上重要な価値を有するものとして、昭和五
年国の史跡に指定された。
(観音堂石仏案内版から掲載)

kn-03

kn-04

kn-05

ほとんどが剥落していて良くみると当時の
観音坐像が伺い知れます。
現在は石仏を覆うようにお堂になっていて
回りも整備されていますが、保存状態は
あまり良いとは言えません。

今日も素敵な出会いがありますように。








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2010.04.12 08:38:10
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.