040461 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

映像記録

全5件 (5件中 1-5件目)

1

日本ドラマ

2019年01月31日
XML
カテゴリ:日本ドラマ
TSUTAYAプレミアムにてレンタル

◆メーカー
NBCユニバーサル

◆演出
堤幸彦、伊佐野英樹、金子文紀(ケイゾク視聴)

◆再生時間
529分

◆原作
石田衣良

◆特典
毎回未公開シーンあり

◆顔も名前も知ってる人
長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、森下愛子、渡辺謙、山下智久
坂口憲二、佐藤隆太、妻夫木聡、高橋一生、矢沢心、きたろう
阿部サダヲ、渡辺哲、遠藤憲一、KORN、小雪、小栗旬、川崎麻世
羽賀研二、古田新太、白竜、島田洋七、未唯、荒川良々、杉田かおる

◆顔か名前を知ってる人
池田鉄洋

◆印象に残った人、キャラ
窪塚洋介、青木賢治
窪塚洋介さん大大大大好き。このドラマで面白い人だな~って思って、『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』で完全にハマった。でも出てる映画は意外と見てない。『東京島』とか『ピンポン』はいつか見たいな~とは思ってるんだけどね。ちょい役で出るのはいくつも見てるけど、知らずに見て出てたのかってなったものぐらいかな。でもこの人の独特の雰囲気はすごく好き。
青木賢治さん。今は引退されてしまったけど、このドラマにはトランスジェンダーで元女の男の人の役で出られてた。そしてその姿かたちがなんか結構良くって気に入ってしまったのよね。なんとなく雰囲気が杉山文野さんに似てるかなって思う。杉山文野さん大好きなのよ。青木賢治さんはれっきとした男の人だけどね(笑)。


感想。

も~めちゃくちゃ面白い。今見ても十分楽しめる。それに将来有名になる人達がいっぱい出てて、出演者決めた人は先見の眼があったんだな~って思う。上に書いてる出演者見てもらえればわかると思うけれど、このドラマに出てた頃はまだ売出し中だった人たちなのよ。小栗旬さんは1回だけセリフも一言だけの出番だったけど、その後の活躍は皆さんご存知のとおり。

私もそれまで知らなかったと思われる、山P、佐藤隆太さん、坂口憲二さん、窪塚洋介さん、妻夫木聡さん、高橋一生さん、阿部サダヲさん、遠藤憲一さん。今はもちろん知ってるわよ。でも2000年にこの錚々たるメンバーを集めたのはすごいと思う。今同じメンバーでドラマ作ったらいったいいくらかかることかしらね(^^;)。

『アキハバラ@DEEP』と同じ石田衣良さん原作だけど、こちらはだいぶ原作と違うらしい。まぁたしかに演出は私でも名前知ってる堤幸彦さんだし、脚本も宮藤官九郎さんなのよね。そりゃ面白くならないわけがない。

実際今でもすごく人気があって、年末年始店舗でも軒並み借りられてたし。続編のスープの回もいざ借りようと思ったら借りられてて借りられなかったぐらい。ディスカスでも未だに在庫なしになるほどよ。ここまで人はあるドラマは他に『魔女の条件』しか知らない。

そうそう西島千博さんという方が出られてるのですが、この方なんと真矢みきさんの旦那様なんですね。全然知らなかった~。この方バレエをされてるからか、もろもろの所作がスマートで素敵♡。ほんと流れるような動きされるのよね。あまり見かけないけれど舞台をメインで活動されてるそうな。てかIWGPマジすごすぎでしょ、出てる人。

ま~色々書いたけどこれだけはマジで見て損はしないはず。今は人気のあの俳優。若い頃はどんな演技してたのかな~とか見るのも楽しみだし、何よりストーリーも面白いのでぜひ見るべき。手放しで楽しめるドラマってホント少ないからこれはマジで貴重。もう19年も前になるのね~(は~懐かしい)。

最後に一言。加藤あいさんのこと全然書いてないけど、普通ならイライラするような女の子演じてるけど、全然嫌いにならなくてすごく良い感じ。演技もなかなか熱演だったな~。



30日のアクセス
ランボー3/怒りのアフガン 用心棒 斉木楠雄のΨ難
極道十勇士第三章 ランボー怒りの脱出 十戒 K-19 シュレック3






Last updated  2019年01月31日 16時21分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月27日
カテゴリ:日本ドラマ
Huluにて視聴

◆メーカー
角川書店

◆監督
星田良子(初視聴)

◆再生時間
109分

◆原作
鎌田敏夫

◆特典
配信のためなし

◆顔も名前も知ってる人
芦名星、加藤雅也、不破万作、斉藤洋介、和田正人

◆顔か名前を知ってる人
洞口依子

◆印象に残った人、キャラ
加藤雅也、和田正人
えっと~加藤雅也さんってこんなに演技下手だった?。通常印象に残った人のとこに書くのは良い印象のことが多かったんだけど、今回あまりにひどかったので逆に印象に残った。『アンフェア』や『許されざる者』の時はそんなこと思わなかったのにとにかく今回はひどい。一体どうしちゃったんだろう。
和田正人さん。D-boysの初期(遠藤雄弥さんとか城田優さんがいた頃)から気になっててこの方も久しぶりに見て嬉しかった反面、超絶嫌な役で見たくなかったとも思ったり(泣)。現在のD-boysで知ってる人はもうこの方しかいなくなってしまった。出演作品見てたら結構色んな作品に出られてるようで嬉しい。校閲ガールはスペシャルを先に借りてしまったので見ずにそのまま返却したけれどこれもいつか見たいと思ってたのよね。楽しみが増えた♪。

感想。

これは見てて怒りしかない。今まで見た全作品の中でワーストになる可能性もある。過去作品を見返さないとはっきりとは言えないけれど、それでも今年一番のワーストになることは決定。そもそもなんでこれ撮ろうと思ったのかが不思議。もともとはドラマとして放送されてたみたいだけど、映画になったということはそこそこ人気があったってこと?。しっんじられない。まず脚本からストーリーから何もかもだめ。そして最大の誤算が監督。

私もねわざわざ作られたものをそこまでこき下ろしたくはないけれど、それでもこれは怒りを抑えられない。高級コールガールってそんないきなりなれるものなの?。私が思う高級コールガールって顔はもちろんのこと知性と教養を兼ね備えてて、連れて歩いてるだけど格が上がる。会話も出しゃばらないけれど、空気を読むことには長けてて必要なところで助言もできる。この映画に出てくる高級コールガールは良くて2流。とても1流なんて言えたもんじゃない。第一客の質低すぎだし、安全面も助けに行くのが女って時点でありえない。送り迎えがないのもダメダメね。私に言わせれば高級になりたいコールガールだわ。

芦名星さんがどうこうとは言わない。『ブラッディ・マンデイ』見てて結構気に入ってたから。多分精一杯演じられたことだろう。加藤雅也さんもだけどなんか見てられなかった。あ、そうそうタイトル詐欺もあるわね。タイトル見たらいかにもエロシーンバンバン出てくるのねって思っちゃいそうだけど大間違いよ。エロいシーンなんてこれっぽっちもないから。

脚本にも数々の疑問があるけれど、ストーカーに狙われてるくだり必要あったかな。あとのストーリーにも全然絡んでこないし、どういう意図でこのシーンを入れたのか謎。それに加藤雅也さん演じる代議士を見つけたときなぜ警察に連絡しなかったのかも意味分かんない。さっさと警察に知らせてれば誘拐が自作自演と言われも事もなかっただろうし、ボロいアパートで匿うより警察に守ってもらうほうが安全じゃない?。あ~もうますますわけわからん。

あとね、"強くなり方がある"って台詞があるんだけど、わたくし意味が通じません。"強くなるなり方がある"、じゃないの?。最初言い間違いかなって思ったら2回も同じセリフ言ってるから重要なセリフなのね、きっと。でも意味通じないとその重要なシーンも台無しじゃない?。これ普通の言い回しなの?。私が通じないだけ?。

と・に・か・く、こんなつまらないもの見せられたわたくし激おこぷんぷん丸でございます。いや、見せられたって自分で選んで見たわけだけれどもね・・・。しかしそれが悔しい。

最後に一言。一つだけ褒められる点を上げるとするならば斉藤洋介さんの腹立たしいほどの嫌な役どころをご覧あれ(笑)。



26日のアクセス
極道黙示録






Last updated  2019年03月27日 17時17分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月09日
カテゴリ:日本ドラマ
TSUTAYA

◆メーカー
TCエンタテインメント

◆演出
大根仁(まほろ駅前番外地視聴)

◆収録時間
459分

◆原作
弘兼憲史

◆特典
なし

◆知ってる出演者
瑛太、深田恭子、森田剛、蒼井優、リリー・フランキー、山口智子

◆印象に残った役者
蒼井優
蒼井優さん。なんか黒木華さんと雰囲気似てない?。というか芸歴からこの場合黒木華さんって蒼井優さんと雰囲気似てない?って言うべきかもしれない。まあそんなことはさておき、今回そう感じたのよね。あと、正直そんなに面白いと思えなかったのだけど、蒼井優さんが出てた回だけはまあまあ楽しめた。うん、良い女優さんになられましたね。

感想。

『まほろ駅前番外地』と同じ演出の方だからか事務所とかソックリ。原作は知らないけれど後半などは多分オリジナル。ドラマにできそうな話なかったのかしら。『まほろ駅前番外地』もそうだけど、そこまで面白いと思える作品ではなかった。ただ一度見始めてしまったからには最後まで見ないと気がすまないのでね(^^;)。

もともとはもらったポイントでレンタル購入してたんだけど期限までに最初の2話しか見れなくって結局レンタルする羽目になってしまった。あ~もったいない。と言ってももともと貰ったポイントだから自分のお金ではないだけマシなんだけど。

『まほろ駅前番外地』が好きな人ならきっとこれも楽しめるはず。探偵とは言うもののやってることは便利屋とほぼ変わんないし。でもな~探偵ものならもっと違った演出で見たかった。







Last updated  2019年01月07日 14時22分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月27日
カテゴリ:日本ドラマ
ツタヤディスカスにてスペシャル含み全巻レンタル。

◆メーカー
NHKエンタープライズ

◆演出
渡辺一貴、一木正恵、西村武五郎、川上剛、村橋直樹、保坂慶太

◆原作
オリジナル

◆特典
あり

◆知ってる出演者
土屋太鳳、大泉洋、常盤貴子、篠井英介、塚地武雅、ガッツ石松
板尾創路、中川翔子、根岸季衣、山崎賢人、清水富美加(千眼美子)
門脇麦、葉山奨之、高畑裕太、りょう、中村敦夫
柳楽優弥、鈴木拓、小日向文世、田中裕子

◆印象に残った役者
葉山奨之、高畑裕太、藤吉久美子
葉山奨之君。どっかで見たことあるなーって思って検索してみたら謎の転校生に出てた。あ~出てた出てたって思い出した。んでもって完全に顔と名前を覚えた。けっこう可愛い顔してるのよね(*´∀`)。
高畑裕太さんは、まあ話題になったよね(笑)。インタビューとか見ててま~確かに挙動不審。けどそこまで変な人って感じには見えなかったんだよね。実際にはどんな人かはわからない。でも印象はそこまでひどくないなってとこでした。
藤吉久美子さんは秋吉久美子さんとなんか印象似てて最初完全に秋吉久美子さんだと思ってた。でも名前なくてそこでやっと勘違いだと気づいた。もう完全に覚えた。もう間違えない、多分(^^;)。

感想。

朝の連続テレビ小説を全部視聴したのは実はこれが初めて。今までなんか苦手っていうか私が興味持つ内容のものがなかったのだけど、これはすっごい面白かった。出てる人も知ってる人ばかりでそこも気に入った。でもすんごい不評。なんでだろ?。私が思うに連続テレビ小説っぽくなかったのかも知れない。だから私が楽しめたのかも?。
土屋太鳳ちゃんと山崎賢人くんが夫婦役なんだけど、もう完全に理想の夫婦。この二人見てたら自分までほっこりした気分になれる。すんごいオススメなので、私と同じく連続テレビ小説はあんまり性に合わないわって人も一話でいいので見てくらはい。きっと気にいるはず。あ、や、一話見て面白くないってときは残念だけどね・・・。

連続テレビ小説 まれ 完全版 DVDBOX1 [ 土屋太鳳 ]
価格:10355円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]







Last updated  2019年01月07日 14時23分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月18日
カテゴリ:日本ドラマ
ツタヤディスカスにてレンタル。特別版はhuluにて視聴。

◆メーカー
バップ

◆演出
河合勇人、佐久間紀佳、山田信義

◆原案
秋元康

◆知ってる出演者
福士蒼汰、山本未来、堀部圭亮、岡江久美子、遠藤憲一、鈴木保奈美

◆印象に残った役者
山本未来

もうねこの人だ~い好き。画面で見るだけで嬉しくなっちゃう。天海祐希さんとちょっと感じが似てるかな。でも山本未来さんのほうがすっごい好き。天海祐希さんも好きだけどね(^^)。

感想。
二重人格(最近ではこんな言い方しないらしいね)だというので興味を持ち借りてみたらすっごい面白かった。けど二重人格が発覚するのって最終話じゃん。ちょっと悲しい・・・。それに人格が変わる時、「うっ、頭がっ」っていうのは嫌だ~。何もなくいきなり表情が変わったり目つきが変わったりするような演技が見たかったのに~。ま、それでも総合では及第点。でもねぇ、huluでやった特別版は正直必要なかったと思う。見ても見なくても影響ないしね。なのでわざわざ契約してまで見る必要性は感じられない。それでも14日間無料なので試してみるのはありかな。

愛してたって、秘密はある。DVD-BOX [ 福士蒼汰 ]
価格:15269円(税込、送料無料) (2018/4/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

017






Last updated  2019年01月07日 14時23分39秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Shopping List

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.