303543 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハートリンクスのブログ

PR

X

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ハートリンクス

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

地元社協の任務&、、、… New! し〜子さんさん

ナポレオン フラン… New! ただのデブ0208さん

冷えるな!(。◕ˇдˇ​◕。… New! ナイト1960さん

コストコのカヌレ New! dp*さん

あなたも私も『全て… New! 幸せを引き寄せる山形県の心理カウンセラー&セラピスト代表・向月謙信 (☆”鯉)さん

コメント新着

 ハートリンクス@ Re[1]:【ほめるコツ】(11/30) 舞さんへ 回復され、本当によかったです…
 舞です@ Re:【ほめるコツ】(11/30) 本当にご無沙汰してしまいましたm(__)m 「…
 dp*@ Re:【運を上げるには、表情を変えてみる】(11/20) 先生おはようございます(*´∀`*)ノ 今日の…
 ハートリンクス@ Re[1]:【自分の思考グセはどんなもの】(10/20) dp*さんへ クセは簡単には直らないもので…

フリーページ

ニューストピックス

2021年12月02日
XML
カテゴリ:自己啓発すすめ
【ドジな自分にも才能がある】

 アウトドアでの活動が苦手で、運動神経がよくない自分にコンプレックス
 を持っていても、インドアの活動を得意とする人は多くいます。

 人には、もっと自分を成長させたいという「成長願望」が、誰にも潜在的
 に存在しているのです。

 ですから、自分にコンプレックスをいつも感じていても、落ち込む必要は
 まったくありません。

 ある女性は小学校の頃、団体で行動するのが、とても苦手でした。
 とくに、体育の授業でみんなと隊列を組んで歩く時など、人と同じ歩調で
 歩くと、つい一歩出遅れたりする。

 足がもつれてこけそうになり、先生から大きな声で注意されるうちに周り
 のみんなから白い目で見られるようになったといいます。

 ところが、一人で本を読んだり、字を書くことは好きでした。
 そんな彼女が、中学生になると書道の部活がありさっそく入部しました。

 その部活の先生は、自分の父親ぐらいの年齢で、にこやかな雰囲気で指導
 してくれました。

 とくに、最初彼女の毛筆の字を見て、「上手だね!」とほめてくれたときは
 少し恥ずかしい気持ちでしたが、とても嬉しくなりました。

 それから、書くことがますます好きになり、卒業の頃には段位をとるまで
 に上達しました。

 高校生になっても、書道は続け今では、結婚して子どもを育てながら書道
 の教室を開いて子どもたちに教えています。

 人は自分を受け入れてくれる場所、自分の存在を認めてくれる人がいると
 見違えるように成長していく場合が多くあります。

 苦手意識のある勉強や仕事でも、他に目を向ければやりたいこと、得意な
 ことは必ずあります。

 『得手に帆を揚げる』生き方で、本田宗一郎さんは自動車のメーカーを
 創業して成功しています。

 自分はドジだな、と思って落ち込んでもその奥には、まだ見つかっていな
 い潜在的な能力があることを信じましょう。

                  (by ハートリンクス)     






最終更新日  2021年12月02日 07時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.