000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

原付バイクでツーリング★基本は野宿!

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

珈琲自家焙煎記

2007.04.27
XML
カテゴリ:珈琲自家焙煎記

焙煎を始めてから、ずっとワイルド珈琲さんで生豆を購入していましたが、今回は楽天市場内のお店で生豆を購入してみました。

先月は、久しぶりにプロが焙煎した珈琲豆を味わいたくなり、コーヒーモルティブ下北沢さんで、焙煎豆を購入し、ついでに200gほど生豆も購入しました。

プロが焙煎したブラジルカルモシモサカと、自分で焙煎したカルモシモサカを飲み比べてみようという意図です。

結果的には、自分で焙煎した方がおいしかった♪
いやいや、特別劣っているという感じもなく、おいしくいただけました。これまでやってきた焙煎方法に間違いはなかったのだなと、ほっと一安心。



モルティブさんで、焙煎豆を購入すると、1キロで3000円。
ワイルド珈琲で生豆を購入すると、2.5キロで3000円。
生豆で2.5キロなので、焙煎後の重量は2キロ弱といったところでしょうか。
それでも、焙煎豆の比べると、2倍の量です。

十分お得だし、常に焙煎したてのコーヒーが飲めるしいいことばかり。
特に不満があるわけでもなかったのですが、楽天市場内のショップであれば、楽天ポイントを有効に使えるということで、以前から気になっていた生活横浜倶楽部さんで、生豆を購入してみることにしました。

なぜ気になっていたか?

うん。とにかく安いんです。
ワイルド珈琲だと1キロ1100円~が相場ですが、生活横浜倶楽部だと、1キロ700円~と更にお安い!

焙煎工場からの取り寄せということで、納期が1週間以上かかるということが難点だったのですが、幸い急ぐ環境ではなかったため、不安ながらも4キロ分の生豆を購入してみました。

届いたのがこちら
生豆4キロ

生活横浜倶楽部

コーヒー生豆 有機栽培コロンビア 1kg(オーガニック)
コーヒー生豆マンデリンG-1 1kg
コーヒー生豆ブラジルサントスNO.2 s17/18 1kg
コーヒー生豆モカレケンプチG-5 1kg

4種類、それぞれ1キロずつ。
とりあえず、コーヒー生豆モカレケンプチG-5 1kgを焙煎してみましたが、ワイルド珈琲の生豆と比べると、欠点豆が多いかな~という印象です。ま、この価格を考えると仕方ないのかなとは思いますが。

肝心の味に関しては、モカ独特の香りも出ているし、それほど悪いものでもないようです。
特別個性的な豆ではないので、こんなものかと思います。

楽しみなのは、有機栽培のコロンビアですかね。
オーガニックが1キロ800円ですからねぇ~ 安いね~

そんなわけで、久しぶりの珈琲ネタでした。

P.S 酒の飲みすぎが祟ったのか、右足親指の付け根に痛風の疑いが出てます。
皆様、食生活には気をつけて、連休をお過ごしください。
それでは、また。








Last updated  2007.04.27 22:16:07
コメント(3) | コメントを書く


2006.10.20
カテゴリ:珈琲自家焙煎記
初焙煎挑戦から2週間が経った。
最初の頃のように、毎日焙煎することはなくなったけど、1日おきくらいに、ちょこちょこと焙煎しています。

最近は、もっぱら12.3分で煎り止め方向。
可もなく不可もなく、それなりにおいしい珈琲になってきました。

予定では、1ヵ月くらいもつはずだった生豆も、残りわずかとなり、今回もワイルド珈琲さんで生豆を注文しました。

今回注文したのは、
・ブラジルフォルバトス1000g
・グァテマラアンティグアラグリマ1000g←リピート
・モカイルガチェフ 500g
合計、2500gの注文です。

焙煎&ハンドピックで2割減とすると、2000g弱でしょうかね。
これなら1ヵ月はもつでしょ♪

注文翌々日には生豆到着=3 早い!

袋を開け、中身を確認してみると、モカイルガチェフが入っていないことに気づいた。
注文確認メールと、納品書を見て、確かに注文していることを確認後、メール攻撃!!

すぐに返信があり『申し訳ございません。すぐに発送します』とのことで、翌日には到着。

袋の感じからして、500gとは思えない重さ。
開封してみてビックリ!

ワイルド珈琲おまけ

・マンデリンG-1 TPS ELECT 240g
・ブラジルサントスNo2 300g

が、おまけとして同梱されていました^^

このようなことがあったときに、お店によって対応が違うところが面白い。

ある珈琲ショップで今回のような不足があったときは、メール問い合わせ後『すぐに発送します。すいませんでした』という返信があり、ただただ品物を送ってくるだけだったり

今回のように、おまけまで付けてくれて、メールでの対応も丁寧なところもある。
おまけはしてくれないまでも、手書きのカードで申し訳の気持ちを伝えてくるところもある。

どんな対応をしてくれるかで、今後、そのショップとの付き合い方も変わってくる。
すぐに発送するのは当然だし、おまけがなけりゃ許さない!ということでもないけど、あまりにも素っ気ない態度では気分が悪い。

他のショップでも同じものが売っているなら、二度とそのショップでは購入しなくなる可能性もある。ある珈琲ショップの場合は、そこでしか買えないから、他でというわけにはいかないが・・

でもあれだよねぇ

『足りません』ってメールだけで、すぐに発送してくれるんだもんね。
証拠を提示させられるわけでもないしね。

悪用厳禁!ですぞ。と

よーし 明日も焙煎するぞーと






Last updated  2006.10.21 04:51:03
コメント(2) | コメントを書く
2006.10.14
カテゴリ:珈琲自家焙煎記
先週木曜日に初焙煎に挑戦し、焙煎しなかった日は、昨日金曜日だけ(笑)

毎日毎日、狂ったように手網を振っております!
焙煎する度、このブログを更新していこうと思っておりましたが、キリがないので、不定期で更新することにしました。

焙煎しちゃぁ試飲 の繰り返しで、1500g購入した生豆も残り400g(生豆250 焙煎済150)
親に300gほどあげましたが、それにしても飲み過ぎです。

盛大な祭りのごとく、チャフを撒き散らすグァテマラ
150gの生豆をハンドピックし、焙煎後のハンドピックで90gまで減るマンデリン(爆)
見た目ハイローストなのに、飲んでみたら、恐ろしいほどの苦味を発揮するコロンビア

数々の失敗を繰り返していますが、徐々にコツがつかめてきたかなぁ~という手ごたえも感じてます。

じっくり焙煎で、20分前後に煎り止めたものより、すばやく焙煎で、12、3分前後で煎り止めたほうが、今のところいい感じです。豆の一部が焦げてしまうのが悩みですけど・・

焦げた豆を取り除けば、それなりにおいしいコーヒーになってます^^

親からは「そんな面倒なことしてないで、焙煎してあるの買えばいいじゃん」と言われましたが、
これは僕の趣味であります!とはっきり言い返しておきました。
ま、失敗した苦いコーヒーを飲まされている親のことを思えば、言われても仕方ないけど(笑)

もう少し辛抱してくれ もう少しおいしくなるはずだから

オリジナル野宿ブレンドを夢見て、手網を振る日々は続くのであった・・







Last updated  2006.10.14 22:44:16
コメント(2) | コメントを書く
2006.10.09
カテゴリ:珈琲自家焙煎記
グァテマラでの2回の焙煎を終え、次に挑戦したのはコロンビアスプレモ。
この豆も、モルティブ下北沢さんで飲んで以来、お気に入りのひとつに加えられた豆だ。

10/6 金曜 深夜2時
120gの生豆を、ちょっと丁寧にハンドピックして、約110gを焙煎開始。

前回のグァテマラは10分で2ハゼピークだったため、今回は、序盤は火から遠ざけ、ゆっくりと水分抜きを意識して手網を振る。

あまりに変化がないため、14分を過ぎたあたりで、火に近づける。

およそ18分で1ハゼのパチパチ音。
22分2ハゼのピチピチ音がピークになったところで煎り止め。

焙煎終了後、煎りすぎた豆などをハンドピックで取り除き、残り90g。

焙煎3回目 コロンビアスプレモ

さらに昨日、10/8 日曜日 午後5時。
2回目のコロンビアスプレモの焙煎開始。120g。

前回までは、コンロのハイパワーな方で中火だったので、ノーマルの方の中火で挑戦。
相当火が弱いのか、なかなか焙煎が進まない(汗)

前回よりも、更にじっくり煎っていく方向なので、粘る。粘る。粘る。

22分1ハゼ 26分2ハゼ ここも2ハゼのピークあたりで煎り止め。(手首に違和感泣き笑い)
所々に真っ黒の豆が目立つ。これらを取り除き、90g。

4回目コロンビア2

試飲してみた感想。
3度目の焙煎 初めてのコロンビアは、見た目の割りに、焙煎の浅い豆を飲んでいるような、豆っぽさが目立つ。表面だけ焼けてしまったのだろうか?

4度目の焙煎 2回目のコロンビアは、手挽きミルの手ごたえもやわらかく、中の方まで火が通っているような感じ。単に焙煎が深すぎただけか、苦めの味わい。

どちらも不味くて飲めないというものではないが、おいしいというほどでもない(笑)
4度の焙煎を終え、一番おいしく飲めたのは、2回目のグァテマラ♪(近距離10分で仕上げたもの)
ただ、焦げた味がするのが残念。

プロが教えるこだわりの珈琲を読む限り、全て参考焙煎時間が長めになっている。

ネットで手網焙煎について調べてみると、15分あたりで煎り止めにしているケースが多々ある。
結構短めでもいいのだろうか?次の豆は、15分位を目安に焙煎してみようと思う。
もう少し浅煎りの2ハゼ開始くらいで煎り止めてみるつもりスマイル

コロンビア スプレモ ナリーニョ【200gパック】
コロンビア スプレモ ナリーニョ【200gパック】

しかしまぁ面白いですなぁ♪手首が腱鞘炎になりそうですけどね~






Last updated  2006.10.09 18:32:29
コメント(3) | コメントを書く
2006.10.06
カテゴリ:珈琲自家焙煎記
初めての焙煎から12時間後。
夜勤から帰った深夜2時過ぎ、早速試飲してみることにしました。
予定では24時間後のつもりだったのだが、どうしても我慢できなくなったもんで目がハート

ミルに豆をセットしてゴリゴリ。
う~ん なんだか芯が残っているような感触。
見た目の焙煎度からすると、もっと軽やかに回るはずなんだが・・

嫌な予感がする。

ネルに挽き終わった豆を投入し、83度のお湯を注ぐ。
プックラ膨らむお豆さん♪やっぱり焙煎したては違いますな~

3カップ分をサーバーに落とし、カップに注ぐ。
残り2カップ分は魔法瓶へ(最近の定番)

カップへと注がれた液体を眺め、しばし余韻を楽しむ。
初めて自分で焙煎した豆、どんなお味になるのかドキドキワクワク

カップに鼻を近づけ、す~っと深く深呼吸・・

むむ!?香りが弱いか!??

ズズズ

お!珈琲の味がする←当たり前だ

普通に飲めるスマイル が、若干、焦げたような味も混じっている。
さらにコクなし涙ぽろりスッカスカ

極端な話、珈琲色したお湯(ちょっと言い過ぎ 笑)

飲めないほど苦いとか、不味いというわけではありませんでしたが、到底満足できるようなものではありませんでした。

まぁ、初焙煎ですからね☆

試飲後、深夜2時過ぎにもかかわらず、2度目の焙煎←手網振りたい症候群発症

一度目は、火からの距離が20センチほどだったので、2度目は、実験の意味も込めて、10センチほどまで近づけて焙煎してみました。

5分もしないうちに1ハゼ 10分で2ハゼ 
このままでは真っ黒になってしまいそうだったので、煎り止め。
煎りムラが凄く、所々こげてしまった。見た目最悪。

手網焙煎2回目 グァテマラ

たった10分で焙煎し終わってしまった2度目の豆。
本日出勤前に試飲。

確実に失敗したであろう焙煎だったが、飲んでみると意外や意外 おいしいびっくり
なんでだー??ちょっと苦めだけど、香りもいいし、それなりに飲めてしまった。

奥深し、焙煎の世界

今宵も深夜の焙煎祭りじゃーーーーーーーーい!!!

↓これであなたも手網フリフリ団(笑)
ホームローストセットホームローストセット







Last updated  2006.10.07 01:30:21
コメント(6) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.