213493 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Free Essay by SAMURAI MR

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

“コンサナリスト(R… 川越@満月さん
ワクワク×ドキドキ研… ぶんぶん55さん
MRからAEへ転職日記 元女性MRポロコさん
Commencer~新社会人… ひとみん坊さん
元MSのMR奮闘記 ケンシロウ0202さん
MR(医薬情報担当者… つくしんぼ1764さん
一杯 一杯 復一杯 おがりん0929さん
  ポンちゃんとい… ポンちゃん0237さん

Calendar

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Headline News

製薬企業のMRとして約20年活動してきましたが、夢とチャレンジ精神は未だ衰えていません。国際化が進む医療界で世界に通用するMR目指して、またこれまでお世話になった先生方に恩返ししたいと思い、何かをやってみたいと思いブログを立ち上げました。気まぐれな日英両文ですが、よろしくお願いいたします。

I've been working for pharmaceutical company as MR (Medical Representative) for 2Oyears, and I've been continuing to have dream and challenging spilit in my mind.
To become international MR in globalized medical industry, to contribute to doctors and many steakholder thank to a lot of favor given by them, start this blog in order to find out what I shoud do.
I appreciate you if you read English and Japanese free essay.
2013.01.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
The doctor, with whom I had an interview, said a lot of patients pay slight attention to influenza. He also wondered how many people take little care of flu appropriately with the story about the sports instructor, who must be aware of healthy matters, had worked at sport club without enough recovery.

In Japan flu is going to be prevailing recently. Once we are infected with influenza, we are afflicted with tough symptoms such as fever over 40, joint pain, muscle pain and so on for some days. What the worse, children might be suffered from acute encephalopathy. People in inadequate condition such as the elder are easy to become more serious like pneumonia.

What we should most recognize is that flu is too infectious disease. Unless patient with flu has recovered enough, he or she could scatter the virus to others in the closed room at offices or schools. Moreover in case of waiting room at clinics and hospitals, patients are more at risk for its easy infectiousness.

About ten or so years ago we Japanese ought to be ashamed to “sick leave”. Even if I had a fever over 40, my boss used to command me “Come to the office. I ‘ll decide if you can take sick leave by judging your face.” No kidding? Sometime “Your cold was caused by your negligence.”

Nowadays such “brave” bosses might have been almost extinct.
If you were infected with flu, you are infectious agent yourself. If you infect influenza virus to others, they would be obliged to tough symptoms, to worse matter lethal conditions might be considered in case of elder or new born people.

If you cannot help do business despite heavy flu, you could work in your home thanks to the Internet or pc’s in present days.

And that we must not be off guard because we got vaccinations. Although vaccinations heighten our immune level, we cannot prevent from flu completely.
It is still important for prevention to continue to do effective ways such as wearing masks, washing hands, gargling, avoiding places many people visits, keeping good conditions with enough nutrition and rests and so on.
Those actions would definitely have little opportunities to get flu and therefore prevents prevalence of flu.

昨日面会させていただいた先生より、インフルエンザを甘く見ている方が意外に多いというお話をうかがいました。中にはより健康に気を使うべきスポーツインストラクターが十分な回復をしていないのに、スポーツクラブで教えていたなんていうケースもあったということで、インフルエンザに対して適切な対応を行っていない方が如何に多いか嘆いておられました。

日本全国でインフルエンザが猛威を振るい始めていますが、罹患すると38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など、とても苦しい症状を余儀なくされます。さらに小児ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあるので、とても侮れない感染症です。

そして我々が十分認識するべきことは、インフルエンザはとても感染性の強い疾患でもあるということです。十分な回復をしないまま社会・学校復帰しますと他人に感染させてしまいます。ましてや病医院の待合室では体力が低下している患者さんばかりですので、よりその危険性が高まります。

ほんの数十年前まで、病欠ということはどこか後ろめたいものがありました。たとえ40度近い発熱を出したとしても、「とりあえず会社に顔を出せ!休んで良いかは俺がお前の顔を見て判断してやる」と当時の所長からは言われたものです。「気合が足りんから風邪をひくんだ!」と怒鳴られたことも・・・

今はさすがにそんな「勇ましい」上司はいないでしょう。
インフルエンザに罹ってしまったら、自分自身が「感染源」なのです。他人に感染させてしまったら、その方々はとても苦しい症状に悩まされますし、ましてや免疫力の低い高齢者や幼児には命に係わる状況になる可能性だってあるわけです。
決して「インフルエンザになろうが、俺の勝手じゃ!好きにさせてくれ」というわけにはいきません。

どうしても「仕事をしたい」のなら、今でしたらインターネットやパソコンも充実していますので、外出しなくでも自宅で多くの事が出来るのではないでしょうか?

またワクチンを接種したからといって安心しては行けません。確かに免疫力は付きますが、100%防げるというわけではありません。マスクを着ける、手洗いやうがいを励行する、人込みを避ける、十分な栄養と休養を確保して体調を整えることなどは、ワクチン接種を受けた方々にも以前予防のためには必要な対策です。
そうすることによって、インフルエンザの罹患を防ぐ、そのこと自体が社会での流行を防ぐことになるわけです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2013.01.27 15:05:15
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.