774532 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

進学塾 明秀館 ~続けることを続ける~ 近鉄富野荘駅から徒歩3分@城陽市 上位公立高校・国公立大難関私大に立ち向かえる力を!

全2399件 (2399件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2019年06月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
生徒から伝え聞いた話なので確定情報ではありませんが、来年度から南陽高校は現在の7時間授業を辞めて6時間授業を基本とするようです。

去年なんかも、それまではほぼ必須だった夏期講習も任意参加にしています。(任意という名の必須参加パターンではなく)

管理、強制から、自主性による選択へと路線が変更しているようにも感じます。






最終更新日  2019年06月15日 11時56分33秒
2019年06月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
南陽はクラス順位を素点表として出していますが、城南菱創はまだ素点表が郵送されたのみでその後にアクションなし。

なるべく早いうちに自分の中間テストにおけるポジションがわかった方がいいんですけどね。






最終更新日  2019年06月13日 15時28分18秒
カテゴリ:カテゴリ未分類
お子さんが高校選びで迷ってる時に一言伝えてあげて欲しいことは、

「 高校選びは環境選び 」

の側面が大きな要素であることです。

イメージしてみてくださいね。

自分が国公立大学を目指している時に、周りの子たちがみんな定期テストのことしかやらずに、そもそもセンター試験って何?!状態で頑張れますか?

中には「頑張るのは自分自身だから周りがどうだろうと関係ない。」とおっしゃる方が居るかもしれませんね。

そういうすごい方はご自分がそれを出来ることとお子さんがそれを出来ることをごっちゃ
に考えがちですが、一旦は別のことと思った方が建設的な思考になると思います。

環境で人は大きく変わります。

高校選びは多くの子にとって、人生で初めて自分で選択が出来る大きな場面です。






最終更新日  2019年06月13日 12時48分33秒
2019年06月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
学校にも一通り慣れてきて、友人関係も築きはじめ、クラブなんかも勝手がわかってくるのがこの6月。

中間テストも終わってホッと一息つきたいけれど、「あと3週間で期末テスト~」と学校の先生の声も聞こえてくる。

授業のペースはどんどん早くなるのに予習がなかなか追いつかない。

自分なりには頑張っているのに成績が思うように取れない。

中学校の頃には経験したことがなかったような焦燥感と劣等感を自分だけが感じているように思えてくる。

でも、よく考えてみてほしい。

自分の通っている高校のレベルを。

中学の時に自分と同じくらいの力の子たちが入学した学校であれば、普通に頑張るだけでは真ん中に行けば良い方でちょっとでも手を抜けばズルズルと落ちていく。

2時間しかやってないなら、2時間半やってみる。

今の勉強のやり方がしっくり来ていないなら少しずつでも変えてみる。

勉強が作業になってないか、ただ学校から出される宿題を受動的にこなしているだけになってないかを疑ってみる。

大きな分岐点の6月を乗り越えよう!







最終更新日  2019年06月12日 02時17分14秒
2019年06月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
言われたことを素直にやろうとする気持ちを持てるかどうかは成績が低迷している状態を上向きにするために必要なスタートラインです。

保護者対象の高校入試説明会を実施します。

何かに対して指摘されることは、今の自分の在り方まで否定されるような気がしますが。

けれど、そこをグッと堪えて向き合えるかどうか、素直に「やってみよう」と思うえるかどうかでその後は変わってきます。






最終更新日  2019年06月07日 11時48分01秒
2019年06月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類


南陽高校1年生の定期テストの順位がわかりました^_^

7位/240人中

8位/240人中

と好ポジションからのスタート!

高校入試が終わってからこのタイミングをひとつの目標にしてきたので、ここで自信と勢いを持って今後に活かして欲しいと思います。

高校生はひとつのきっかけで大きく変わります。

2人とも、相談タイム、個別指導、音読、ランダムテスト、塾長への途中報告、爆笑と明秀館にあるあらゆるメニューを自分なりにカスタマイズして結果に繋げることが出来ました。











最終更新日  2019年06月05日 23時43分19秒
2019年06月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類


「英検のテキストって何を買ったら良いですか?」

この質問が多いので一度まとめておきますね^_^

写真は2級のものですが、自分の受験したい級に当てはめてください。

まずは、単語帳





・出る順 パス単 (旺文社)

・ランク順 英検2級英単語1750 (学研)

こちらの2冊を手にとってみてしっくり来る方を選べば良いでしよう。

出る順については、明秀館で積極的に指導している発音記号の読み方学習がやりやすいですし、本の開き具合と手触りはとても優れています。一方で、改訂されていない期間が少し長くなってきたので、そういった意味ではランク順は新しい本なのでレイアウトも今風です。



次は問題演習や知識のインプットはこちらの

・英検2級を ひとつわかりやすく。(学研)

こちらは、他の英検の問題集などとは少し雰囲気が違って見た目が可愛らしくて、とても薄い本です。自信がない場合や初めからゆっくり取り組みたい場合はここからスタートしましょう!




ある程度出来る場合は、いきなり過去問に入る前のクッションとしてこちら

竹岡の英検2級マスター (教学社)

これは後で紹介する、過去問とも繋がりますが、一問一問に対する解説がかなり詳しいので自学に向いてます。

問題形式別なので、いきなり過去問はちょっときついと思う場合にはここからスタートしましょう。

リスニングパートはスマホでやります。


本番形式の問題を解きながらサラッと取り組みたい場合はこちら

・7日間完成 英検2級 予想問題ドリル (旺文社)

中1や中2生で3級くらいまでは、この本とパス単をおすすめする場合が多いです。

リスニングはCDを使います。



英検2級 ライティング大特訓 (ask)

ライティングパートは採点してもらう環境がならば、この本は不要かもしれませんが、独学の人は手元に置いておくと安心の1冊です。


過去問演習はこちらがおすすめ!

・英検2級 過去問集 (教学社)

旺文社のものに比べで収録回数が多く、CD別売りパターンではないのでこれ一冊と、スマホで完結です。CDは付いておらず、QRコードで指定のサイトに飛ぶスタイル。操作はとっても簡単です。










最終更新日  2019年06月02日 11時34分12秒
2019年05月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類




教室前の看板をリニューアル!

今回は高1生の2名が描いてくれました✨

さて、昨日も修学旅行の振替の子が勉強しやすいように早めに教室を開けましたが、開始の時間ピッタリに到着。

過去の経験から振り返ってみると、こういう時に切り替えて取り組める子は最終的に自分の希望する進路を実現しています。

種蒔きをし続けた子は強い!






最終更新日  2019年06月09日 18時34分30秒
2019年05月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類



保護者対象の高校入試説明会の案内です。

日時: 7月6日(土曜)14:00-17:00

場所: 明秀館の本館1Fにて

前半は塾長による受験の概要を簡単に説明した後に、毎年のようにマニアックな部分に踏み込んでいきたいと思います笑。南陽・城南菱創高校の話を中心に、堀川・西京・嵯峨野・桃山のこともお話しします。

後半は現役高校生や、大学生による高校生活のリアルな声をお届けします。きっとお子さんの高校生活のイメージが湧くはずです。

お申し込みは以下の「お申し込みはこちらから 」をクリックして必要事項をご記入ください。お問い合わせ内容の欄には「保護者説明会の参加希望」と書いてくだされば確認が早く出来て助かります。

お申し込みはこちらから

お電話の場合は 0774-56-3555 までご連絡ください。






最終更新日  2019年05月29日 12時21分43秒
2019年05月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
南陽高校や城南菱創は今日から中間テストの結果が返却される。

高校1年生にとっては最初の審判のタイミング。

高校受験が終わってからここまでの期間で自分の勉強のやり方が意味のあるものだったかどうかが試される。

ケアレスミス

クラブの忙しさ

プライベートの充実

体調

通学時間

それぞれに違う環境でもテストは同じ!

結果が出た子は、その勉強の進め方をそのままの方向で進めながらグレードアップしていこう。

うまく行かなかった子は、相談に来て次のテストに向けて今すぐやれることをやっていこう。その前に反省シートを利用して、自分の勉強に何が足りていなかったかをしっかりと考えて書き出す時間を作ってからね。






最終更新日  2019年05月27日 12時40分46秒
このブログでよく読まれている記事

全2399件 (2399件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

プロフィール


明秀館

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.