2821690 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全486件 (486件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

サニーレタス

2020.05.20
XML
カテゴリ:サニーレタス






となりのおじさんの作りすぎの サニーレタス

いつも 余っているので くれるのだげど

それにしても たくさん できる物であるなあ

netでみたら 80粒 100円くらい
1つ 1円 これで 野菜が どんどん できる

生産性は すごいものだなあ

サニーレタスの種子 80粒【2020.10】プランターでも楽に作れる!レタス♪
即決価格
55円(税 0 円)
送料 落札者負担 配送方法の詳細

【サニーレタス種子 80粒】

有効期限 2020年10月
種子のみの小分け販売です。全ての種が発芽するとは限りません。また、パッケージや栽培方法などもお送りできませんので、落札者様ご自身でお調べください。
返品、交換は不可。











神道     おべんきょうその040

参拝の方法

鈴鐘を鳴らした後に拝礼をおこなう。

拝礼の基本的な作法は、現在は「再拝二拍手一拝」(或いは「二拝二拍手一拝」「二礼二拍手一礼」)が主に利用されている[55]。

すなわち、
拝(身体を90度折り曲げるお辞儀)を二度おこなう。

拍手を二度打つ。より具体的には、両手を胸の高さで揃えて合わせ、右手を下方向に少し(指の第一関節ほど)ずらし、その状態で両手を二度打ち合わせて音を出し、ずらした右手を再び揃えて祈念を込め最後に両手を下ろす[59]。

一拝する。

神拝詞を奏上する場合は、再拝→神拝詞奏上→再拝二拍手一拝の順で行う。
というもの。

再拝二拍手一拝の前後に深揖(身体を45度折り曲げるお辞儀。最敬礼に相当)を行うとより丁寧である。

祈願を行う場合は二拍手と一拝の間に氏名及び居住地と願い事を(声に出して、あるいは心の中で)陳べるのが一般的となっている。

また、神恩感謝を述べたい場合も同様である。

参拝時は、目を閉じることなく目を開けたままが望ましい。[要出典]

正式参拝や祈祷などで玉串を捧げる場合は、上記の深揖と再拝の間で、
玉串に祈念を込めて根本を神前に向けるようにお供えする[60]。


はた坊






最終更新日  2020.05.20 01:16:15
コメント(0) | コメントを書く


2020.05.02
カテゴリ:サニーレタス







2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている
03月20日 高菜 花がさいて満開になりつつある
03月22日 庭の高菜 これは 花もなし 葉だけである
04月04日 庭の高菜 こらちは またまだ 元気なり
04月11日 庭の高菜 まだ 青々としているなあ
04月19日 庭の高菜 花蕾がついてきている
04月26日 庭の高菜 花蕾がついているが 倒れてしまった お終い













平安京     おべんきょう    その08

歴史

延暦13年(794年)10月22日に桓武天皇は新京に遷り、
翌11月8日には山背国を山城国に改名すると詔を下した。

辛酉。車駕遷于新京。
同十三年十月廿三日。天皇自南京、遷北京。
(略)
丁丑。詔。云々。山勢実合前聞。云々。此国山河襟帯、自然作城。因斯勝、可制新号。宜改山背国、為山城国。又子来之民、謳歌之輩、異口同辞、号曰平安京。又近江国滋賀郡古津者、先帝旧都、今接輦下。可追昔号改称大津。云々。
— 『日本後紀』卷第三逸文、延暦13年10月及び11月の条。

「此の国は山河襟帯(さんがきんたい)し、自然(おのづから)に城をなす。
此の勝(形勝 けいしょう)によりて、新号を制(さだ)むべし。
よろしく山背国を改めて、山城国と為すべし。
また子来(しらい)の民、謳歌(おうか)の輩(ともがら)、異口同辞(いくどうじ)に、号して平安京と曰(い)ふ」

(此の国は山河が周りを取り囲み、自然に城の形をなしている。
この景勝に因んで、新しい名前を付けよう。
「山背国」を改めて「山城国」と書き表すことにしよう。
また新京が出来たことを喜んで集まった人々や、喜びの歌を歌う人々が、
異口同音に「平安の都」と呼んでいるから、この都を「平安京」と名付けることとする)。

ここに言う「謳歌」とは、
遷都の翌延暦14年(795年)正月16日に宮中で催された宴でも歌われた踏歌の囃し言葉
「新京楽、平安楽土、万年春(しんきょうがく、びょうあんがくつ、まんねんしゅん)」
を言うのであろう。


はた坊






最終更新日  2020.05.02 03:59:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.28
カテゴリ:サニーレタス







2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている
03月20日 高菜 花がさいて満開になりつつある
03月22日 庭の高菜 これは 花もなし 葉だけである
04月04日 庭の高菜 こらちは またまだ 元気なり
04月11日 庭の高菜 まだ 青々としているなあ
04月19日 庭の高菜 花蕾がついてきている











平安京     おべんきょう    その04

概要

京内は東西南北に走る大路・小路によって40丈(約120メートル)四方の「町」に分けられていた。

東西方向に並ぶ町を4列集めたもの(北辺の2列は除く)を「条」、南北方向の列を4つ集めたものを「坊」と呼び、同じ条・坊に属する16の町にはそれぞれ番号が付けられていた。

これによりそれぞれの町は「右京五条三坊十四町」のように呼ばれた。

これら街区は、平城京では街路の中心線を基準としていたため、
街路の幅の違いによって宅地面積の広狭差が生まれたが、
平安京では街路の幅を除いて形成されたため、場所による宅地の広狭が生まれることはなかった。

道幅は小路でも4丈(約12メートル)、大路では8丈(約24メートル)以上あった。

朱雀大路に至っては28丈(約84メートル)もの幅であったが、
一方で東京極・西京極大路は大路であっても造営当初から10メートル前後と小路より狭い幅であった[3]。

また、堀川小路と西堀川小路では中央に川(堀川、西堀川)が流れていた[4][5]。


はた坊






最終更新日  2020.04.28 03:47:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.16
カテゴリ:サニーレタス









2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている
03月20日 高菜 花がさいて満開になりつつある
03月22日 庭の高菜 これは 花もなし 葉だけである
04月04日 庭の高菜 こらちは またまだ 元気なり
04月11日 庭の高菜 まだ 青々としているなあ











脳      おべんきょうその022

性差

質量・容積

哺乳類では脳容積と体容積がおおむね対数比例する。

まず観察される点として、頭蓋骨の大きさは概ね体格に比例し、
男性の脳は女性よりも大きく重い。

出生時は性別による有意差は無く、男女ともに370〜400グラムである。

成人では、男性は1350〜1500グラム、女性では1200〜1250グラムであり、
これは体重の約2パーセントにあたる。

なお、性差・人種差を除外した同質な人類集団同士の比較では
脳の大きさは知能指数と相関係数0.4程度の相関があることが知られる。(研究により異なる)

認知能力と脳の大きさの関連について
13,600人以上の非常に大きなサンプルを用いて行われた研究では、
相関係数は0.19であり、
同性間では脳の大きさは認知テストの結果の約2パーセントに影響するが、
男女の認知テストの平均スコアには有意な差は見られず、
男女の脳の大きさの違いは認知能力の差には繋がらなかった。

研究者は脳の質の性差による可能性があるとしている[19]。


はた坊






最終更新日  2020.04.16 03:06:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.11
カテゴリ:サニーレタス








2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている
03月20日 高菜 花がさいて満開になりつつある
03月22日 庭の高菜 これは 花もなし 葉だけである
04月04日 庭の高菜 こらちは またまだ 元気なり










脳      おべんきょうその019


循環・代謝

脳の質量は体重の2パーセント程度だが、
血液の循環量は心拍出量の15パーセント、
酸素の消費量は全身の20パーセント、
グルコース(ブドウ糖)の消費量は全身の25パーセントと、
いずれも質量に対して非常に多い。

成人男子では脳のグルコース必要量は120-150g/日である[8]。

グルコースは脳関門を通過でき、グルコーストランスポーターであるインスリン非依存性のGLUT1を介して細胞膜を通過して神経細胞にグルコースを取り込む(「グルコーストランスポーター」を参照のこと)。

このことは脳で起こる複雑かつ活発な電気信号の行き来に由来する。

神経細胞では、静止膜電位の維持と活動電位からの回復のためにグルコースから産生された莫大なATPを消費している[9][10][信頼性要検証]。
なお、脂肪酸は脳関門を通れないため、脳は通常、脳関門を通過できる(脳細胞内に能動輸送されるのであって自由に通過できるわけではない)グルコースをエネルギー源としている[11]。

また、飢餓などの場合によりグルコースが枯渇し低血糖となった場合、脂肪酸のβ酸化によるアセチルCoAから生成されたケトン体も脳関門を通過でき[11]、脳関門通過後にケトン体から再度アセチルCoAに戻されて脳細胞のミトコンドリアのTCAサイクルでエネルギーとして利用される[12]。

脳はグルコースを優先的にエネルギー源として利用するが、グルコースが少ない時にはケトン体が主たるエネルギー源となる[13][14]。
飢餓時には脳が必要とするグルコースの約半分をケトン体で代用することができる[11]。

このような栄養素などの需要は内頸動脈と椎骨動脈からの血流でまかなわれる。

内頸動脈と椎骨動脈はそれぞれ大小の枝を出して脳の各所を栄養し、ウィリスの動脈輪と呼ばれる環状の吻合を作って互いに連絡している。

このため内頸動脈に血流障害が起こっても椎骨動脈からの血流が脳の全体に行き渡るが、ウィリスの動脈輪が細い人ではその代償があまり期待できない。

脳に分布する静脈は、特に太い部分では動脈に伴走しておらず、硬膜静脈洞に集まる。

硬膜静脈洞の静脈血は内頸静脈へ流出する。

また、リンパ液に相当する廃液は脳脊髄液として脳室系の脈絡叢から産生され、クモ膜下腔を流れて最後にはクモ膜顆粒から、または脊柱管の静脈叢から静脈血に吸収される。



はた坊






最終更新日  2020.04.11 21:47:23
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.31
カテゴリ:サニーレタス







2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている
03月20日 高菜 花がさいて満開になりつつある
03月22日 庭の高菜 これは 花もなし 葉だけである












脳      おべんきょうその09

3.後方への伸びと、側方への回転運動

頭頂方向へ隆起した神経組織は更に後方へ伸びながら、元の神経管の側壁を越えて下側へ回り込む。

このようにして、「後頭葉」と「側頭葉」が作られると共に、
「側脳室後角」と「下角」が作られる。

めざましい終脳の動きに対して、
間脳胞は余り変化せず、
神経管の原型を維持しつつ、
左右大脳半球の基部に位置して、
視床・視床下部を作り、
中心管は正中面に薄く上下にのみ伸びて第三脳室となる。



はた坊






最終更新日  2020.03.31 05:11:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.26
カテゴリ:サニーレタス







2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている
03月20日 高菜 花がさいて満開になりつつある













イーロンマスク    おべんきょうその05

来歴

2017年にドナルド・トランプ大統領のもとで、
大統領戦略政策フォーラムのメンバーだったが、
トランプがパリ協定離脱を表明したことに抗議し、
6月に辞任した[10][11]。

米国政府への一定の影響力も保っており、
2018年3月にはマスクの要請を受けて
トランプは中国に自動車輸入関税の引き下げと外資の単独出資を認めるよう要求し[12][13]、
翌4月に中国もこれを受け入れたため[14]、
6月に
マスクはテスラ初の海外工場「ドレッドノート」(ギガファクトリー3(英語版))を上海に建設することを発表した[15]。
2018年、王立協会フェローに選出。


はた坊






最終更新日  2020.03.26 03:23:09
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.14
カテゴリ:サニーレタス







2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ
03月09日 庭の高菜 これは 葉は元気で頑張っている











インターネットの歴史   おべんきょうその033

国際化と21世紀
詳細は「インターネットガバナンス」を参照

1990年代以降、インターネットの統治と組織は商取引にとっても世界的重要性を持っている。

インターネットの技術的側面を制御している組織は、
古いARPANETを監督していた組織の後継組織と、
ネットワークの日常の技術的側面において意思決定を行っている現行組織とがある。

ネットワークの管理者として正式に認められている一方で、
彼らの役割と決定は国際的に監視・反対されることで制限されている。

そういった反対意見により、
ICANNはまず2000年に南カリフォルニア大学との関係を断ち切り[57]、
最終的に2009年9月には長期に渡っていたアメリカ政府との協定の終了で自律性を増した。

ただし、アメリカ商務省との契約上の義務は少なくとも2011年まで続いていた[58][59][60]。

インターネットの歴史は、
多くの点でICANNが組織としてなす結果によって刻まれていくことになる。

インターネットに関連した標準を形成する役割において、IETFは場当たり的な標準化グループとして機能し続ける。

例えば、APRANET時代から番号順に発行され続けている Request for Comments を発行し続ける。

IETFの前身である GADS Task Force は、1980年代にアメリカ政府から資金提供されていた研究者のグループだった。

最近では世界的な必要性による標準化が多く、例えばi18n作業部会は国際化ドメイン名の標準化などを行っている。

インターネット協会はIETFを資金面で支援し、ある面では監督的役割も果たしている。


はた坊






最終更新日  2020.03.14 04:11:55
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.09
カテゴリ:サニーレタス






2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 
03月08日 m-07のたかな まだ こちらは 葉はおおきいなあ












コロナウイルス     おべんきょうその015

新型コロナウイルスによる呼吸器症候群 (2019年-)

詳細は「2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患」、
「新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年-)」、
および「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照

2019年12月31日に最初にWHOに報告された新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) [20]による急性呼吸器疾患 (COVID-19) およびその流行である[21]。

初発流行地は中国湖北省武漢市とされている。2020年2月には、
中国国内と国外では規模に大きな差があるものの、
東アジアを中心に東南アジア、中東、ヨーロッパなど感染拡大が続いた
(「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照)。

2020年2月26日にブラジルで感染者が出たことで、
南極大陸を除く5大陸全てに感染が拡大した[22]。

構造生化学者Jason McLellanのテキサス大学オースティン校チームは2020年2月19日
『サイエンス』誌に発表した論文「Cryo-EM structure of the 2019-nCoV spike in the prefusion conformation[23]」で、
SARSコロナウイルス(2002-2003年流行)と
新型コロナウイルスのスパイクタンパク質には類似性があるが、
新型コロナウイルスの方がはるかに人の細胞に取り付きやすいとした[24]。

BSL3/ABSL3 (Animal Biological Safety Level 3) 施設で扱い、
感染疑い患者由来の臨床検体はBSL2施設で扱う[25]。


はた坊






最終更新日  2020.03.09 04:55:56
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.07
カテゴリ:サニーレタス






2019年
01月12日 たかな m-08の畝の分 元気である
02月02日 たかな 葉は茂っている またまだ 元気である
02月09日 たかな m-34のも元気である
03月02日 たかな 収獲をしておいた
03月03日 たかな 在庫はたくさんある どんどん 収獲していこう
03月09日 たかな 育ち具合はokだなあ いい感じ
03月24日 たかな 元気ではあるが そろそろ花芽がつきそうになった

秋の高菜
08月24日 たかな 種をかってきておいた
09月01日 たかな 庭で種まきをしておいた
09月05日 たかな 4日で 発芽してきている
09月07日 たかな m-07の畝のたかな 苗はなんとか かんとか
09月08日 たかな 第二弾のもの 庭で種まきをしておいた
09月13日 たかな 第二弾のものも 発芽してきている
09月14日 たかな m-07のは 消えてしまっている
09月22日 たかな m-07の畝に 追加の高菜の苗を植え付けておいた こちらは よし
09月23日 たかな 第四弾の種まきの分 発芽した
09月29日 たかな m-07の高菜 ちいさいのが残っている 数はすくないなあ
10月05日 たかな 苗がなくなっているので 追加のたかなのタネを買ってきた
10月13日 たかな 庭でまた 種まきを追加でやっておいた
10月20日 たかな 追加の種まきの分 発芽してきている
10月22日 たかな m-07の畝にうえつけておいた
10月26日 たかな m-07の畝の苗 まだ 小さいままである みずやりしておいた
11月03日 たかな 苗はまだ 小さいが 葉は伸びてきたかな
11月04日 たかな 見た目は良くなってきている たくさんある
11月05日 たかな 残っているのはちいさいが たくさんあるでえ
11月16日 m-07のたかな こちらは まあまあ 育ってきている
11月23日 g-01の畝の高菜 こちらも まだ たくさんある
11月30日 m-07の高菜 こちらも 育ちは良くなってきている
12月01日 g-01の高菜 こちらも 数はたくさんある
12月08日 高菜 苗も 冬にも これからも 生育してきている
12月14日 高菜 m-07の畝のもの すくないが 大きくなりだした
12月15日 高菜 g-01の畝の物 生育はなんとかなっている
12月21日 高菜 今年のは 緑でなく 紫の物 サイズはやや 小さいな
12月28日 高菜 そのごも 生育はいい 元気になってきている

2020年
01月01日 たかな これは普通の高菜 葉は しわしわなり
01月04日 たかな こちらは 紫の葉で ちいさいな
01月11日 たかな もう 収獲できるかな たくさんある
01月18日 たかな 在庫は たっぶりある 葉は良く育っている
01月25日 たかな 霜を受けても あまり 影響はなし 元気なり
02月01日 紫のたかなg-1のもの 葉の裏表でいろが違うなあ
02月15日 g-1のたかな 葉が よれよれになりだした 春だなあ
02月16日 m-7のたかな こちらは 葉はまだ無事なり
02月28日 g-1のたかな  葉が よれよれになりだしたなあ
02月29日  m-07のたかな こちらは まだ 葉はしっかりとしている
03月01日 庭に落ちた種からの発芽のたかな 1本が生えている 収獲できそう 











コロナウイルス     おべんきょうその013

SARSコロナウイルスによる重症急性呼吸器症候群 (2002-2004年)
詳細は「重症急性呼吸器症候群」および「SARSコロナウイルス」を参照

2002年に発見されたSARSコロナウイルス (SARS-CoV) による。

キクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている[12]。

2002年11月、中国広東省を起源とし中国を中心として全世界で感染が拡大したが、
2003年7月5日にWHOはSARS封じ込め成功を発表した。

ただし、その後も2004年に14人の感染例がある。

最終的な罹患数は世界30ヶ国の8,422人が感染、916人が死亡した(致命率11パーセント)[14]。
潜伏期間:2-10日[12]
BSL3施設で扱う、感染症法二種病原体[12]。


はた坊






最終更新日  2020.03.07 21:25:21
コメント(0) | コメントを書く

全486件 (486件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.