665588 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

吾が輩は野良猫である

PR

Calendar

Profile


ルキシト

Comments

パイパンマン@ Re:アンパンマンからの伝言。(10/19) イキスギィーイキスギィー
アナルスミス@ Re:覚醒剤アラカルト。(05/25) 投稿者は生きてるかぁ?
ホモガキ@ Re:アベノミクスには裏がある。(07/26) どうして新党迫真と画像検索したら全く関…
CG202@ Re:リタリンとプロザック。(12/16) リタリン、ないじゃん。 シートじゃないん…
ルキシト@ Re[1]:ビーチサイドの人魚姫。(08/18) にゃんた7151さん > >ずっとお身体の具…
にゃんた7151@ Re:ビーチサイドの人魚姫。 ずっとお身体の具合が悪いのだろうか…と…
にゃんた7151@ Re:覚醒剤アラカルト。 覚醒剤などの麻薬で逮捕されたシンガーソ…
にゃんた7151@ Re:美味しい腎不全定食は如何ですか。 入院食の献立は保存していますが、写真に…
Happy Birthday!@ Re:美味しい腎不全定食は如何ですか。(11/02) そういうサービスがあると多くの人が助か…

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

Recent Posts

2014.04.05
XML
カテゴリ:詩集小説
神田川慕情.jpg
 
いっそこのまま 何処までも
流れ流され夢の果て
交えぬ心が 泣き出しても
咲かせてみたい 浮世花
 
  行く手遮る カモメの群れに
流れ呼び寄せ 祈ります
僅かばかりの 残り香に
あの方恋しや 神田川
 
手首辿って 傷付けて
 恋の数だけ 流れ行く
心乱れて 夜の窓
 一人漂う 神田川
 
 叶わぬ想いと 知りつつも
 流れに任せた 恋化粧
 おぼろ月夜の 神田川
 揺らり揺られて あの方へ

 

 







Last updated  2014.05.25 10:29:45
コメント(0) | コメントを書く
[詩集小説] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.