126821 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ちゅんたのお留守番日記

ちゅんたのお留守番日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ちゅんりぃ~

ちゅんりぃ~

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

水鯖民@ Re:5000ゴールド→50億?? などと意味不明な発言を繰り返しており今…
噂をきいて見にきました@ Re:5000ゴールド→50億??(07/24) まだ水鯖にいるんですか? スパインにいる…
水鯖民@ Re:精神的限界突破クエ(07/19) 被害妄想、ヒステリー、他人批判に自分の…
ちゅんりぃ~@ Re[1]:精神的限界突破クエ(07/19) 水鯖民さん 変な人も多いですが おっし…
水鯖民@ Re:精神的限界突破クエ なるほど~大変でしたね(ノ_<。) でも…

お気に入りブログ

鈴木じゃないです>< しょっく!さん
白い恋人 こいびとお!!さん
よっしーが思う!「… よっし~の巻さん
↑X↓BLYRA barusa0320さん
祈りという名のスク… 礼には及ばんのですよさん

フリーページ

2012年07月19日
XML
ストレスに超弱い鯖を駆けるリトル   ちちゅんですぅ~^^

月曜日に来た

ある みみがきっかけで

精神的限界突破クエの予感はありました

超ストレスに弱いちゅんとしては何としても回避したい所でしたが

元々何度も言われると断りきれない性格が災いして??

火曜日には精神的限界突破クエを受ける羽目に。。。 あせっ (>△<Uu

5年少しの水鯖生活の中で

トラブルがある度にサブ鯖探しの旅に出かけ

現在は見事居心地の良いサブ鯖を確保する事ができたちゅん


たかがゲーム

息抜きでするはずの物なのに

自分を嫌ったり自分が不快に思う人とは

接触したくないという思いからのサブ鯖確保でした

RSを始めたきっかけは

交通事故で左足半月盤の損傷で一年間

普通に歩く事ができなかった為

今回クエを受諾しなければならないと予感した時

正直水鯖を捨てる覚悟もありました


理由は

水鯖。青鯖どちらの鯖も良い面悪い面がありますが

割合的に水鯖の方が悪い面が多いと言う事

青鯖はとっても支援や妨害職を大切にしてくれます

GVだけでなく

普段の秘密や狩りでも

その証拠が

青鯖姫&青鯖BISの成長スピードの速さ

青鯖生活も3年程ですが

メインである筈の水鯖リトルに追い越す勢いでの成長振りに

現在秘密へ行くのをとめております あせっ (>△<Uu

BISはたくさんの方達に大切にされ

勿論辛い事を言う人も居ましたが

支援や妨害の大切さスキルの意味

それらを知ってる方達なので大切にされたのだと思う

でも

水鯖を完全に捨てられない理由は

引退した王子様である師匠や古い仲間達が時折inしては

みみをくれるから


もう誰も知ってる人が居ないなwって

言いながらも

何年経ってもちゅんは変わらないなw

そう笑われながらふらりと訪れた人達と雑談をする為

ただ単に懐かしんで来る人

リアで辛い事があって訪れる人

理由はさまざまだけど

0時前後の数分や夕方等

ちゅんの居そうな時間に現れてみみをくれる人達

放置の時もあり残念だった事もあったけれど

ちゅんは変わらずここに居る

そう安心して帰られる場合も多いみたいです

今回の精神的限界突破クエは緊急クエ発動な為

メンバー決定も困難を極めました

ちゅんが精神的に安心できて

なおかつ重責を担うのに相応しい人材

そして

わずか1時間半程度の限られた時間の中で連絡が取れ

快く承諾してくれる人材

何とかぎりぎりに見つかり

翌日に精神的限界突破クエ

青鯖的感覚で言うと

考えられない事態で

知られたら呆れられてしまうようなバカげた出来事

これが鯖の違いってヤツなんでしょうねぇ。。。

緊急クエ受諾の瞬間からストレス状態で

時間が経つほどピークに近づいて行った今回


夜には食事もとれず

時間直前にはストレス症状まで。。。

結局緊急クエである

限界突破クエは何とか終了

青鯖的感覚を身に着けてしまってるちゅんにとっては

なんとも必要性のないクエでしたが


無事終われた事は幸いでした

青鯖の方からは

ちゅんの身を心配して
青鯖一本にしたら?

何人も言ってくださいますが

ちゅんに会いに来てくれる人達が居て

友人として愛し守ってくれる人達が居る限り

完全に捨て去る事は難しく。。。

地下界キャラもGv用キャラもほぼ同じように育っており

元大人推奨鯖

というだけあって

まぁ

マナーが良いし良い意味でドライです

水鯖が子供鯖といわれてしまうのも

仕方が無い気がします

ちなみに

今回の限界突破クエでは

この5年少しの中で2度目となる異例の標準語チャット

普段のチャットは古い友人から

ちゅん語と呼ばれ親しまれて来て

叫び位普通に叫びなさいw

怒られた事もありましたが

秘密の常連さんやPT等で何度かご一緒させていただいた方達からは

女の子らしいチャットで微笑ましい

丁寧な叫びだ

ちゅんさんらしいから辞めないで

そう言って頂いてるので

秘密募集の叫びも「ちゅん語」です 照ッ(〃ノ∇ノ)

ちゅんが標準語を使うのは滅多と見れないと思いますが

ちゅんが「春麗シリーズ」で標準語を使う時は

怒りが限界点に達してるとご想像下さい


とにかく

長く辛い精神的限界クエが終わり

必要性の無い無意味だという評価から始まったクエも

メンバーにはどう映ったのかは分かりませんが

ちゅんとはどのような人間なのか?

その端を見てもらえたのではないでしょうか??

メンバーも実際

ちゅんが召喚したその人以外は

どのような人物なのかも

殆ど分からない人ばかりでしたが

ちゅんという人間が青鯖で受け入れられた事により

ちゅんは人として激しく道を外れてる人間ではないと

自信がモテたのが大きかったのかもしれません

RSの世界

学歴。性別。年齢。国籍

さまざな人が沢山居ます

ちゅんのように人種の違う人も居ます

その中でチャットという感情の伝わり難い表現方法で

人とのコミュニケーションを図る事は容易ではありません

くだらない甘えは通用しません

ネットの世界であれリアの世界であれ人と人とが関わってる以上

過ちは過ちなのですから


ちゅんはRSを始めて

初めて言われだしたのが

「天然だねw」
「世間ずれしてるねw」
「一般常識知らないのに変な事知ってるねw」

↑だった

でも周囲の人達の中には

虐めたり騙したりする人間から

ちゅんを守り

教え導いてくれた人も多かった

リアの知り合いじゃあない

ネットだけの付き合い

嫌いなら。不快な思いをするなら切り捨てれば良い

息抜きのゲームでストレスを貯めてどうする

それが青鯖的発想

でも水鯖で引退した人達の中には

息抜きのゲームで生き抜きできない

ゲームなのにやりたい事ができない

そういって去って行った人も多い

引退を表明したのに「認めない」といわれて

鯖内Gvの度にメールで呼び出されてた人も居た

他鯖じゃあ考えられない事だけど

水鯖じゃあ結構多い話し


今回の精神的限界突破クエの受諾が

ちゅんにとってどう影響するのかはまだ分からないけれど


一夜明けた今日

いつもより3時間↑も速く目が覚めてしまい

その3時間後にストレス性の嘔吐感でまた床についてしまった

食事も前日の夜からまた食べれてない

せっかく2月の体調不良から治ったばかりだというのに。。。

もし

ここまで押し切られる形で渋々やった

「精神的限界突破クエ」が

この先何の意味もなさなかったらと思うと

怖い気もする

連合大合戦は

青鯖用アリーナIDと水鯖用アリーナIDが違う為出場しようか悩んでいたけれど


今回の精神的限界突破クエの疲労が酷い為

水鯖では出ない事に決めました

RS最大のお祭り??といわれる一大イベントに

鯖を駆けるリトルとして両鯖で出てみたかったですが

水鯖のみなさん敵として良い対戦をしましょう


定時発秘密の方は行きますが

それ以外は色々と未定です

リトル 3次転生(701)BIS 3次転生(671)

ネクロ 2次転生(465??)


リトルが所属してるGのGMさまには

ご協力を頂き大変感謝しております

せっかくアリーナ転送用にBISを入れていただきましたが

また欠席が続くかもしれません

今回の精神的限界突破クエのその後

何も無ければ直ぐ復帰できるかと思います

このまま収束へ向かえば

例年通りの11月~2月の例年通りのGV休止期間以外での

長期欠席は無いと思われます


今回感じた事は

ちゅんには多くの愛してくれる仲間が居ると言う事

人として間違った時

不十分な態度を取った時

きちんと教え導いてくれる仲間が居る幸せ

怒鳴ったり脅したりして

無理に従わせようとするのではなく

人種の違うちゅんの特性を理解し

どこまでがちゅんの限界なのか

どこからが甘えなのか

キチンと理解したうえで

導いてくれる仲間

多くの人が顔も名前も年齢も性別も

全く知らない人だけど

大切にしてくれてるのだと感じる

ちゅんはこんなだから

散々トラブルに巻き込まれたけれど

いつかリアの世界でも役に立ちますように








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年07月19日 15時22分25秒
コメント(5) | コメントを書く
[ ε=( ̄。 ̄;A フゥ…] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.