216183 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

   ハイファイピカソ 店長日記

Hi-Fi Picasso diary


ハイファイピカソ店長日記 


Hi-Fi Picassoの日々のサロンワークを綴ります




                 






    Hi-Fi   原音を忠実に伝達・再生する装置。

      時代(とき)の流れ、環境の変化、日一日と進化する人間。そして心。

      常に鋭い感性で伝達したい・・・・・・・



    パブロ・ルイス・ピカソ は言いました。

      「私が何かを語りたいとき、私にとってもっとも自然に見える方法で

       それを語る。 それで十分ではないか。 それ以上何をする必要が
    
       あろうか。 それに何を付け加え得ようか。

       全ては語られているのだ。」と・・・・・・


    
      ひとつの作品から受けるものは、 外面的技巧のみではなく、

       その内面に秘められた素材本来の姿のイメージである。

       私たちの技巧は、その人間本来の姿、生き方のイメージを把握し、

      ヘアーという一部分を通して鋭い感性で、そして自然に表現する事

      であると想います。



      1992年6月13日  Hi-Fi Picassoは誕生しました。 









98サッポロコレクション4.jpg
店長(佐藤正洋)

コンテスト活動、創作活動、2店舗を経て92年ハイファイピカソ設立。
00年(有)リファインドカンパニー設立。
ヘアーショー、大手百貨店のプロモーション、美容師対象セミナー、
ワークショップ、アカデミーを主宰。




操さん メイク

    ミサオ(佐藤操)

原宿勤務でテレビCMのヘアーメイク担当、札幌勤務で店長を経てハイファイピカソに参加。
ヘアメイクのみならずテクニカルワークは多岐にわたる。




                Hi-Fi Picasso <完全予約制 アトリエサロン>








ハイファイピカソサロン情報はこちら


 
2017/01/28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは! 店長です!

インフルエンザが流行っていますって!

みなさん、気をつけてくださいね~。

 

今年、ハイファイピカソは創業25周年を迎えるんです。

多くのお客様が創って下さったハイファイピカソの歴史です。

本当にありがとうございます。

 

そして、店長個人としては 美容師人生35周年です。

ちなみに うちのミサオさんは 店長よりずっと先輩です。。。(笑)

 

この業に身を投じ、多くの諸先輩、先生方々にご指導ご教育いただき、

経験年数10年で独立開業させていただきました。

独立しHi-FiPicassoを立ち上げてから25年、本当にいろいろな経験をさせていただきました。

サロンワーク以外のお仕事のオファーもいただき、沢山の外部のお仕事も担当させていただきました。

その中の一つの仕事で大手百貨店のプロモーションのヘアメイクの創作がありました。

今から10年くらい前、僕がまだ四十代前半の若い頃です。

体力も集中力も今の倍以上あったので(笑) 約四年近く続けたお仕事です。

 

百貨店のウインドウのリアルマネキンのヘアメイクの創作。

猛烈にハードな仕事でした。

現場に入り 作業をするのは 百貨店の営業が終わったあとの20時半くらいから

終わるのは明け方です。

でも、現場に入る日の直前一週間くらいから ウイッグの制作をサロンでやるんです。

なので現場に入る一週間前から 睡眠時間がほとんどありません。

それでも 若い時は 出来たんだから 今思うと あの時が羨ましい。。。(笑)

 

あの時の仕事は その後の僕のサロンワークにものすごく活かされています。

 

z4.jpg

毎回、百貨店のコンセプションのシーンをウインドウの中に創るんです。

背景、シーン、モデル、ヘアメイクを決め、その時のファッションブランドの洋服を

チョイスします。

 

僕もまだ四十代前半で若かったし ピリピリしていたので

アシスタントやデコレーター、コーディネーターを怒鳴りつけてしまうこともあった(ごめんちゃい)

 

z9.jpg

あまりにも ピリピリしていたから アシスタント以外の関係スタッフは

誰も僕に近寄ろうとしなかった。。。(ごめんちゃい)

 

z13.jpg

とても 話しかけられるような 雰囲気じゃない。。。。(ほんとゴメン)

 

 

あの仕事も 僕にとってはプライドをかけてやっていたんです。

コンセプションをウインドウで表現する。

それも当時の札幌の一番のメインストリートでです。

ウインドウを見た人が

空気感、香り、温度などを感じられるように。

そして足を止めてもらえるような

そんなウインドウを創り上げるんだ!って。

 

もし、今の自分が創ったとしたら 当時よりもっともっといいものを生み出す自信はあるけれども

体力的に無理です。。。(笑)

 

z10.jpg

ウインドウに入れる前のリアルマネキンのヘアメイクですが

この作品のコンセプションは「トラベル(旅行)」でした。

それで考えたのは 

大人の女性の一人旅。

場所はイタリア。

イタリアの街を歩いている時の風を感じる情景がイメージできたんです。

瞬間的に吹く強めの風。

そのシーンを創るんだけれども

風の吹いていないウインドウという箱の中に

どう創ったら 超自然に風を吹かせて 髪の動く表現ができる?

それを探すために サロンで毎晩何時間も ウイッグに風を当てて

ひたすら観察するんです。

その結果が 上の写真の髪の動き。

 

 

 

z5.jpg

z8.jpg

z6.jpg

z7.jpg

z11.jpg

z12.jpg

 

ヘアスタイルってね、

ファッションの中の一つのパーツに過ぎないんです。

だから僕はヘアが主役になるようなデザインは 好きじゃないの。

でもね、ヘアスタイルって 印象や人相や雰囲気、

その人の内面を表現できるんです。

表現できるというよりも 出てしまう。

だから良くも悪くもメンタルに大きく影響するでしょ。

 

だからね、ハイファイピカソの仕事は

どう見せたいか? どうなりたいか? どんな雰囲気にしたいか? どう生きたいか?

というような 情緒的欲求をヘアメイクで実現すること。

その人の「なりたい」に寄り添う仕事を心がけているんです。

 

なんか、珍しく 美容師っぽい店長日記じゃないか~い!?

だからみんな 髪切りに来てください!(笑)

 

 

夜ピカソはこんな感じですけど。。。

z1.jpg






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/01/28 03:56:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.