127062 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あなたをインスパイアするシンプル共有空間

PR

Profile


インスパイア大澤

Headline News

Freepage List

★★★Link and Inspire
~インスパイアは引き算から~

カラダ(心身)探究から生まれ、
現在進行形の、
【インスパイア大澤の
シンプル共有空間です!】

本当はもないのです。

カラダ(心身)を探求していくと・・・

あるAさんという人と、Bさんという人は別人のように思います。

普通はね・・・!

でも、よくよく探求を進めると、

ある一つのお餅がボコッ、ボコッと2か所膨らんで、
ある所がAさん、もう一か所がBさんのようになっているのが
どうやら人間や環境を取り巻く本質のようです。

離れているように見えて、実はおんなじフィールド上で
くっ付いているんですね。

まぁ、でもそんなことは現代の科学といわれているもので
今のところ証明などできないでしょう。

が、しかし
少しずつ少しずつ、(証明ができなくとも)
再現性ある事実らしきものが出つつある、というのが昨今の実態です。



この文章、
わかる人には何かピンとくるものがあると思うのですが、
あなたはどうですか?

時代の流れは、
まさに眼に見えない部分をベースに変わろうとしています。

敢えてボカして、かつ象徴的に書いていますが、
もう少しわかりやすいものは、まぁ、これも少しずつ少しずつ
このブログでもあらためて綴っていきます。

何かピンと来るものがあるあなたとのご縁を楽しみにしつつ・・・


2008.06.27
XML
カテゴリ:覚書メモ
(自我)意識を抑え、
無意識レベルの良きものを引き出すためには
どうすればいいのか?


(私が意味する)この場合の意識とは敢えて善悪で言うと
悪者なんです。

ついつい調子に乗ったり、自分の都合の良いようにだけ
とらえがちな部分を意味しています。
(これが本当は都合が悪かったりするのですが…)

例えば、
何か目標としていたようなことが出来ると
飛び上がって喜び

逆に出来ないと、
大きく落ち込む

このようなことは日常茶飯事だと思うのですが、
意識はこの一喜一憂に輪をかけているように
最近特に感じているんです。

(そして
 例えばスポーツの試合でうまく実力が発揮できない
 などのように、どうも成果にも大きく響いている。)


それはつまり、
ちょっと出来ただけで喜び過ぎ
ちょっと出来ないだけで落胆し過ぎという方向に…。


もちろん、
この喜んだり落胆したりというのは善悪ではないのです。

が、より大きな成果なり、目標なりを
達成するためには、

カラダが本来的に持っているらしい

無意識の力・感覚

活用しない手はない!

というのが最近の私自身の実践研究で痛感している
部分です。

で、この無意識の力は、

何かが出来る場合には、
その心地よさをより深く味わわせてくれて、

何かができない場合にもそれは違うよ
という感覚をこれまた味わわせてくれるんです。

で、こうしたらどうかな!という方向を
また新たに作っていく
ということもできます。

この(無意識の)力は、
自分と同等のカラダ感覚をもった第三者が
客観的に力を貸してくれているというような
ものであります。

そう、第三者的なので、

この(無意識の)プロセスはかなり淡々とした
感じで、意識のように舞い上がったり、落ち込んだり
というかなり浮ついた感じはなく、

どっしりと地に足が着いたというように表現できるような
感覚なんですね。

で、そうすると
この無意識レベルの良き、淡々として流れに乗れる
感覚を常日頃、日常の中で必要な時に引き出せるように
するにはどうすればいいのか。

という疑問が出てくるわけなんですが…

さて何が必要なのか…

ということついて、
(眼に見えない領域のため、底は極めて深いものの…)
最近少しだけわかってきたことがあるんです。

それは何か、といいますと、


インプットの質

が大切だということ。


どうも無意識の領域というのは、
本質的なレベルを大量に含んでいるように思えるんです。

泥沼からすくった水でいうとすれば
その上澄みに相当する部分という感じが…

(誤解を恐れずに言うとすれば)
なので、
私たちがそこにアクセスして日常に活かしていくためには、

その上澄みに近い性質のものをたくさん入れていって、
あふれさせる、あるいは共鳴させる必要があるように
感じている次第です。

これがインプットの質を上げる、
ということの一例です。

そして、
インプットする具体的中身の一例ですが、

【心地の良い感覚】

例えば、

カラダにしみ渡るような
高原で味わうような清涼な香り
雄大で広い光景、
動きとともに変化し、活き活きとする視野
草や木、川の匂い、そしてそこから生まれる

などなどなど…。

これは実は私が今、
家の近所のある土手で
行っているウォーキングで得ているカラダ感覚

に過ぎないのですが、

上記のような心地よい感覚が
足の裏の体反射とともに(ウォーキングで)得られて、
日常動作・感覚はもとより、速読なんかにも
物凄く大きな変化を与えているんです。

意識的に得ようとしてもなかなか得られなかった
変化を……。

通常、意識的な事は並列動作ができないが、
無意識レベルになると並列操作可能といわれますが、

上記のような五感に基づいたカラダ感覚は
まさに並列処理が可能なので、
カラダの深い部分が動く(共鳴する)のでしょうか。

理由は定かではありませんが、
ある種のかなり大きな変化が得られるのは、
どうやら確実のようです。

昨今、
心理学や脳科学などにおいて
無意識と意識について
理論的にはいろいろ出てきているようではあります。

これはこれでとても先々楽しみなのですが、

私の場合は、
自分のカラダプラスαで実地に研究していった結果が

無意識レベルへのインプットの質を上げる(変える)と
どうも無意識レベルの深いレベルが活性化して、
思いもよらなかったような成果が生まれてくる!

ということなんですね。


あ、っと、
今日のも極めて感覚的で
わかりにくいですね。

ごめんなさいね。

多分に私に今起こっていことを言語化しているという
要素が大なので、ホント分かりにくいと思います。

(やっぱり言語化しておかないと、
 後々お役立ちに使えないので…)

まぁ、いずれにしても
古来、私たちは自然と共存して、
また自然に畏敬の念を持ちながら生活をしてきました。

その伝統の中には、
現代人がまだまだ気づいていない
叡智とも言える智慧の数々が眠っているのかも
知れない

ということも言えるのかも知れません!


これすなわち、
インプットの質を変え、
無意識の力を引き出すためには、
この自然の叡智を見直していくことが
とても有効かもしれない

ということになりますね。


今日もややこしいお話に(笑)
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

あなたが自然から頂ける素敵なカラダ感覚
日常にオンして、古来の智慧をたくさん享受できることを
イメージしつつ…♪






Last updated  2008.06.27 10:39:11
コメント(1) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

マインドマップ&フ…  たまいち さん
マドレボニータ(美し… マドレボニータさん
【しあわせお父さん】 ツイてる☆とっさん!!さん
元気があればなんで… 炭太郎おやじさん
エナジー牧場 エナジー牧場さん

Comments

もっそもりやま@ (  ̄ω ̄)ゞ<ももっ おじゃましまーす。 おもしろくて初めか…
レヴェランス@ Re:●協力関係は癒着関係ではない・・・●(10/15) いろんなことに共通していることですね。 …

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.