142630 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あなたをインスパイアするシンプル共有空間

あなたをインスパイアするシンプル共有空間

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

インスパイア大澤

インスパイア大澤

Headline News

Freepage List

2007.10.15
XML
カテゴリ:覚書メモ
当たり前の話ではありますが、

カラダの部分部分の協力関係というのは、

癒着して一緒に動く、
あるいは動いてしまう、

ということでは断じてありません。


例えば、
腕は腕として、肩は肩として、
それぞれ独立して動くようでないと、
協力関係は成り立たないんですね。


もう少しわかりやすくお話するとすれば、

まぁ、肩甲骨が張り付いていたりして、
カラダの動きや本来の機能が限定されると、

肩を回して!
なんて言われても、
腕も肩も一緒くたに動いてしまいますよね。


本人は一所懸命、肩を回しているつもりでも、
実際は腕がちょこっと動いているだけ
なんてことも・・・
あります。


これは協力関係ではなくて、
筋等が癒着してカラダの基本的な動き

すなわち、腕を回す、首を回す、横、前後にひねる、
腰を回す、腰を折る・・・・・・
など諸々の動きが

制限されちゃっているだけです。

これは協力というよりも、
つぶし合いに匹敵します。


このことは、
会社等の組織で考えても分かりやすいですね。


それぞれの社員が自主独立の精神で活動できる場合は、
各々の役割分担の中で、組織の目標に向かって
協力関係が作れます。

が、
社員がお互いに依存しあって、
もっと悪く言えば責任を押し付けあって自主独立の精神が弱ければ、
組織が目標に向かう力、エネルギーは低くならざるを得ない、

というのは当然ですよね?


カラダもまさに同じで、
カラダの部分部分の協力関係が大切と言えども、
例えば、肩が上がらないとか、首が回らない、とかいうような
動きの制限、癒着部分があると、

その癒着部分が足を引っ張り合うので、
協力体制は非常に弱くなってしまう

協力しようにもできない、
共通の目標達成もおぼつかない、わけですね。



至極当たり前のお話なんですが、

どうでしょうか?

意外と昨今の健康ブームでも言及されていないと
思いません?

カラダの部分部分の自主独立的な動きを良くする

なんて(笑)・・・・・・。

肩凝りに効くストレッチ
とか
肩凝りに良い栄養素
なんていうのはよくありますけれど・・・


それはさておき、

最近私が実話としてお話している、

カラダの部分部分の協力関係を良くすると、
驚くほどカラダが変わり、
ビックリするほどのカラダ感覚の変化を経験する

っていうのは、カラダの部分部分が自立して、
自由に動けるようになっていることが
前提なのです。


協力関係というと、
なんとなくカラダの部分部分が
一緒に動けば良いはず!、
なんて私自身以前は考えていましたので、
一応ここではっきりしておきますね。


本来動くはずのところが癒着していたり、
結果として機能制限していると、
協力関係は成り立ち難い
っていうことを・・・


あ、それと、
誤解しやすいので申し添えますと、
カラダが柔軟であればすべて良し
というわけではありません。

はい、私インスパイア大澤も
カラダの使い方のまずさで、硬くしてしまった部分も
あるんです。

それでもカラダの部分部分の連動性、協力体制の中で、
私よりもずーーっとカラダの柔軟性が高い人よりも、
軽快な動きができちゃったりするんですよ。


そう、
カラダの単純な可動域の問題ではなくて、
部分部分がカラダの全体バランスの中で、
一定レベル(人それぞれレベルの中身は違うと思います)
自立して動けるかどうか、
の方が大切なんです。


つまり、
カラダの中で硬い所があっても、
各々のカラダの中で自立した動きが一定取れれば、
良いということですね。


もちろん、可動域は広いに越したことはないですが・・・


以上、今日は少し原則的なお話をしてみました。

で、一番言いたかったことは、
カラダの中で少々硬い部分があっても、
大丈夫な場合もありますよ!

っていうことです。


まぁ、少々ではあるかもしれないですけれどね・・・・・・(笑)


あ、繰り返しになりますが、
逆に柔らかければ良い、っていうことでも
ないです。

イメージとして)
ゴムが伸び切ったような柔らかさは、
カラダの連動性や協力体制がうまく行かない場合
が多いようです。


あーー、結構難しいですね(苦笑)。


なので、今日はこの辺にしておきます。



今日もここまでお付き合いいただき、
ありがとうございます。

あなたのカラダの部分部分が見事に自主独立の仕事をして、
軽快な日々が過ごせるよう、
心よりお祈りしつつ・・・♪





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007.10.15 16:57:05
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


こんにちは   育児・子育て きらり さん
今晩は


そーですか。

では、また。

(2007.10.15 19:39:49)

Re:●協力関係は癒着関係ではない・・・●(10/15)   レヴェランス さん
いろんなことに共通していることですね。
うんうん、とうなずきながら拝読しました(´▽`)
(2007.10.16 09:44:02)

Re[1]:●協力関係は癒着関係ではない・・・●(10/15)   インスパイア大澤 さん
レヴェランスさん
>いろんなことに共通していることですね。
>うんうん、とうなずきながら拝読しました(´▽`)
-----
レヴェランス様、

お久しぶり、です。

イヤー、ご訪問、書き込みまでいただき
とても嬉しいです。

やっぱりカラダで勝負(!)されている方の
言葉(言霊)は違うのかなぁ・・・

あらためて御縁に感謝しつつ、

レヴェランスさまのますますのご発展を
心よりお祈りします♪

あ、季節の変わり目、
お忙しいとは思いますが、
充分にご自愛くださいね!! (2007.10.16 22:22:43)

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

関門突破~関門ONAIR… 塩見直紀(半農半X研究所)さん

マインドマップ&フ…  たまいち さん
マドレボニータ(美し… マドレボニータさん
【しあわせお父さん】 ツイてる☆とっさん!!さん
元気があればなんで… 炭太郎おやじさん

Comments

もっそもりやま@ (  ̄ω ̄)ゞ<ももっ おじゃましまーす。 おもしろくて初めか…
レヴェランス@ Re:●協力関係は癒着関係ではない・・・●(10/15) いろんなことに共通していることですね。 …

© Rakuten Group, Inc.