000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ヒューマンリンクでっくぁい輪 ★ HLD

PR

Freepage List

メイン (2007.02)


会則


活動報告


2003年 活動報告


2004年 活動報告


2005年 活動報告


2006年 活動報告


活動計画


2004年 活動計画


2005年 活動計画 


2006年 活動計画


2007年 活動計画


HLDだより


2004年2月号 


2004年3月号 


2004年4月号 


2004年5月号 


2004年6月号


2004年7月号


2004年8月号


2004年9月号


2004年10月号


2004年11月号


2004年12月号 


2005年1月号 


2005年2月号


2005年3月号


2005年4月号


2005年5月号


2005年6月号


2005年7月号


2005年8月号


2005年9月号


2005年9月号


2005年10月号


2005年11月号


2005年12月号


2006年1月号


2006年2月号


2006年3月号


2006年4月号


2006年5月号


2006年6月号


2006年7月号


2006年8月号


2006年9月号


2006年10月号


2006年11月号


2006年12月号


2007年1月号


2007年2月号


2007年3月号


異業種交流会連絡先  


東日本交流会開催日一覧表


2005年9月以降


2007年2月以降


交流会開催会場


京橋プラザ区民館


HLD担当者連絡会開催のご案内


例会開催表提出のお願い 2004.7.10


第4回 HLD 総会


記念写真、スナップ


第4回 HLD 総会議事録


Comments

vovrikqzi@ KoJpCexnlPxWAMJmUhV THVW0x &lt;a href=&quot; <small> <a hr…
ボチボチ野郎会の磯原です。@ Re:2月度HLD幹事会のご案内です 携帯で失礼します。

Favorite Blog

飛鳥山のまさひこ まさひこ0565さん

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

2007.08.15
XML
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
 第3回HLD・リンクのつどい&懇親会

開催のご案内

ヒューマンリンクでっくぁい輪 幹事会

 ヒューマンリンクでっくぁい輪(HLD)では、来る8月26日(日)に「第3回HLD・リンクのつどい」を開催いたします。昨年までは各交流会の紹介を中心に行ってきましたが、今回は交流会の代表によるパネルディスカッションを行います。「リンクのつどい」で各交流会の会員の皆様の交流を深めるだけではなく、各会の運営に参考にしていただける内容にしたいと考えています。さらに引き続き懇親会も開催いたしますので、多くの会から多数の会員の方々に参加いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

                 記
日程:8月26日(日)14:00~17:00 リンクのつどい(受付13:30)17:15~19:45 懇親会
    
会場:リンクのつどい:南部労政会館 第4会議室
            ゲートシティ大崎ウエストタワー2階(JR大崎駅)
 懇親会:「明珠(ミンジュウ)」 会費4000円 TEL 03-5436-1051
            ゲートシティ大崎ウエストタワーB1階(JR大崎駅)
        
内容:1.交流会代表によるパネルディスカッション
     ○DOC:土曜面白倶楽部
     ○横浜かもめ会
     ○多摩DEC会
   2.HLD幹事会からの情報提供と意見交換
     (定例会開催実績表、講師リストを配布します)

参加者:各交流会の会員の方

出欠:8月12日(日)までに「リンクのつどい」「懇親会」別にご連絡ください。      
 白川 滉 E-mail  hshira@ap.il24.net
自宅TEL・FAX番号 047-431-8774
    当日の緊急連絡先:杉浦 道雄 090-2173-8412      
以上






Last updated  2007.08.15 12:42:48
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
HLDだより 2007年8月号
ヒューマンリンクでっくぁい輪 広報部会発行
*********************************************
立秋過ぎたら、いきなり、猛暑。
でも、ビール・かき氷は最高に美味しい季節。

★“HLDリンクのつどい“のご案内!!
HLD幹事会では、本年度も“リンクのつどい”を行います。
今年は講演形式ではなく、複数の交流会の活動をパネル討論スタイルで行います。
日程:8月26日(日)
第1部 14:00~17:00
○パネルディスカッション
パネラー(下記の3会より)
・土曜面白倶楽部
・横浜かもめ会
・多摩DEC会
○HLD幹事会からの報告
第2部 17:30~19:30 懇親会
会場:第1部 南部労政会館第4会議室
      (JR大崎駅前ゲートシティ大崎)
第2部 「広東酒菜 明珠(ミンジュ)」
会費:4,000円(第2部参加者のみ)

★“HLD・懇親ボーリング大会”のご案内
HLD幹事会では、本年度、新たに“HLD懇親ボーリング大会”を企画致しました。
日時:11月22日(木)
ボーリング:19:00~20:25
パーティー:20:30~22:00
会場:東京ポートボール
   東京都港区芝浦1-13-10
   TEL:03-3451-9211
その他、詳細は、幹事会で決定後お知らせします。

★★2008年度リンクOPENフェスタ★★
5月31日(土曜日) アウトドア、及び懇親会
6月1日(日曜日) ゴルフ
場所は茨城県、または埼玉県方面で検討します。

★NEO AJISAI訪問記(麻綿原のアジサイ探訪)                              
 6月30日、千葉駅で高橋さん、上野さん、島影さんと落ち合って2時間掛けてようやく目指すあわ安房あまつ天津 の駅に降り立ったのは10時半近くでした。この日は、去年中止になったアジサイの名所を今年こそは探訪できるということで、2年がかりでの挑戦ということですから気合も入ります。安房天津からバスに乗って約15分、日蓮縁りの せいちょうじ清澄寺 まで行き、そこから更に1時間の山歩きです。
 清澄寺ではおみくじを引きましたが、日頃何となく気にしている欠点をそれとなく忠告された感じのする言葉が書いてあり、神妙な顔をして寺を後にしました。足元からの蛭攻撃に備えながら、草を慎重に避けながら進むという、一寸したスリルのある道です。蛭避けの薬をスプレーしてもらって、靴下の中にズボンの裾を押し込んで蛭に備えました。と、目の前に一頭の大きな鹿が倒れ、目を開いているではありませんか。その目は忘れられないほど澄んでおりました。鹿は、どうやらスプレーを掛けてくれた親切な猟師が、猪と間違って撃ってしまったものらしいと後で判明しました。更に進むと、突然前の丘陵全体がアジサイで覆われた、目指す麻綿原が現れたのでした。アジサイの本数は一説に2万本、4-5万本と聞いておりましたが、現地の看板には20万本と記載されておりました。20万本というのが正確ではないかと思われる正に一面のあじさいで、その中を掻き分けるようにして、しかも蛭を気にしながら「蛭体験コース」に入り込んで歩きました。
 ベンチで食事をしてアジサイを満喫し、清澄寺からタクシーで鴨川に出て、始発の特急に飛び乗って4人がけのボックスを占領して、ビールの酒盛りです。島影さんは控えておられましたが、3人は東京までの2時間の間に3本も空けてしまい、高橋さんからの囲碁の愉しみ倍増法、上野さんからの種々の健康バロメーター測定値の「新解釈」を駆使しての、ほとんど100%外食という生活での健康維持法、島影さんからの3万円回数券紛失事件等のお話を肴に、日頃の健康に感謝しながらの旅でした。
折角の機会なので、来年以降は他の方々にも声を掛けようということも話題になりました。
(ホームページを楽しむ会:江田 實)

★SYK定例会訪問(2007年7月7日)
藤井さんと秋葉原で別れてひとり電車に揺られ、ボーっとしながら気がつけば、頭の中で、いつの間にか「涙そうそう」のメロディーが流れていました。
 それは、2007年7月7日、まさに七夕の日の夜、この日開催されたSYKの定例会に参加した帰りの事でした。
 組織図を持ち、分科会活動も盛んで、毎回30名以上の参加者が集う定例会、どんな様子だろうと訪問し、二次会までお邪魔した結果でした。
 定例会は、SYKだよりの編集長を長年勤められた金沢さんの発表でした。第1号から10号までの新聞を振り返り、記事の内容を層別に整理しながら語られ、この頃はこんなつもりで進めていたのか、あの頃はこんな事を企画していたのかなどなど会場からもつぶやきが発せられ、SYKの活動の歴史が伝わってくる内容でした。
 一方、家庭新聞を発行され、新聞を通じて家族、そして親戚とのコミュニケーションなどなど、新聞に対する金沢さんの思いと魅力が語られました。
 回覧されたSYKたよりの中の集合写真の何枚かに、背後霊のように写っている自分の姿を見つけ、SYKの皆さんと一緒に過ごした時間を思い出すことができました。
 発表された金沢さんの奥様が途中から出席され、二次会にも一緒に参加されていました。私も、いくつかのテーブルを回りながら、皆さんとの会話に盛り上がっているうちに、全員の方と話ができないままお開きの時間になってしまいました。残念!!
そして、お開きに本日のサプライズとして金沢さんの奥様の「涙そうそう」が演じられ皆さんと一緒に聞き入った次第です。
家族を大事にするSYKの一面を垣間見て、「涙そうそう」への思いがひとつ増えた瞬間でした。 
SYKの皆さんに感謝!!(そばの会:小川充宏)
            
★北関東3会合同交流会に参加して
7月14日~15日に開催された北関東3会(マロニエ21、鶴舞会、ステップ21)の合同交流会に参加しました。今回はちょうど前日新白河で
研修があったので、その帰途に寄ろうということで参加を決めました。
ところが7月では最強という台風4号が日本に接近して梅雨前線を刺激、14日は朝から雨模様。集合場所の那須高原友愛の森に着いたころは本降りになっていました。そこで参加者18名が勢ぞろいして那須のかたりべ口演会で「那須の昔話」を聞いたあと、ステンドグラス美術館を見物。オルゴールの演奏を聞いたり、教会での結婚式を回廊から見たりして楽しみました。4時半には宿泊する「星降る宿 ラ・モンタニュー那須」に到着。温泉に、ゆっくりつかってから懇親会。そのあとのお目当ての星の観察会は、雨のため会員の菊池さんからの説明だけで、後は次回以降に期待ということになりました。さらに大多数の飲み足りない人は幹事部屋での2次会で0時過ぎまで歓談していました。
翌日は台風がさらに接近して朝から大雨のなか、那須で一番おいしいというペンション「イマジン」にあるパン屋さんで、しこたまパンを買込みました。
そのあと皆さんはお花の城に向かいましたが、私はそこで分かれて帰京しました。
今回は7月には珍しい大型の台風ということで、幹事役のマロニエ21の方は苦労されたことと思いますが、私としては2年ぶりに皆さんにお会いできて、本当に楽しいひと時を過ごすことができました。
次回は来年富岡製糸工場跡を中心に計画するということですし、今秋にはできれば鎌倉散策も計画したいということで楽しみにしています。
(それでも?やる会:杉浦道雄)
★「3会ジョイントフォーラムin横浜」報告
7月15,16の2日間にわたり、高齢社会を考える会、横浜かもめ会、湘南遊友会の3会合同イベントが横浜市上郷森の家で開催されました。
初日は台風4号が九州に大雨を降らせたあと夜には関東地方接近との予報で開催が危ぶまれましたが参加者の熱気に恐れをなしたか早々に太平洋上へ抜け、総勢36名参加で無事開催にこぎつけました。
イベントは初日午前中の陶芸教室から、午後は
「あなたのセカンドライフへの備えは万全ですか」をメインテーマに3題の講演と参加者全員が意見を述べる対話集会の後、はるばる埼玉から駆けつけてくださった8名によるフラダンスを堪能しました。
夜の部の懇親会は日帰りの方も多数参加して飲み物の空き瓶が増えるほどに話の輪があちこちにでき、初対面のぎこちなさはまたたく間に解消して南京玉簾の競演をピークに大変な盛り上がりでした。熱気が覚めやらす、宿泊者の二次会は日付が変わるまで続きました。
翌日は台風一過の下、近くの八景島シーパラダイスでアクアミュージアムを楽しみ、昼食のあと解散となりました。
3会合同イベントはこれまでも多く開催されていますが、今回の3交流会によるものは初めてであり、約1年をかけて日程、場所、イベント、予算など各会2名の幹事で検討を重ね、横浜南部に残された森にある横浜市の施設で開催しました。団塊の世代の定年が始まる時期でもありセカンドライフをテーマにしたこと、閑静な公共施設を割安料金で利用できたこともあって参加者には大変好評でした。
(高齢社会を考える会:竹内 壽)
*HLD加入交流会一覧(2007年7月1日現在) 
● YES-36    ● 活性化プロジェクト
● 高齢社会を考える会 ● G.T.C
● 湘南遊友会     ● 信玄すりばち会
● ステップアップ97(http://www.stepup97.com/)
● STEP21    ● 世界を語ろう会
● そばの会      ● 立川ぷらっと
● それでも?やる会
(http://homepage2.nifty.com/sykhp)
● 多摩DEC(http://www2.biglobe.ne.jp/~tamadec/)
● 鶴舞会      ● dec Web café
● DBキングス   ● DOC:土曜面白倶楽部
● トークの会    ● なのはな
● NEO AJISAI ● 房総くらぶ   
● ホームページを楽しむ会
● ボチボチやろう会 ● 町田21
● マロニエ‘21  ● 横浜かもめ会
● ランダムアクセス  (以上28交流会)
<ご参考>関西地区の交流会
●わになろう(http://waninaro.hp.infoseek.co.jp/)
★☆★☆詳しいHLD情報は、★☆★☆
http://plaza.rakuten.co.jp/hld2004/
あとがき:
最近、電車がとても混雑しています。世の中は夏休み。自分は、9月に夏休みを取ることを決めていますが、夏休みを満喫している姿を見ると、複雑な気分になる自分は、まだ、子供だ、と、実感しています。(編集担当:市野)






Last updated  2007.08.15 12:39:24
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
HLDだより 2007年7月号
ヒューマンリンクでっくぁい輪 広報部会発行
★“HLDリンクのつどい“のご案内!!
HLD幹事会では、本年度も“リンクのつどい”を行います。
今年は講演形式ではなく、複数の交流会の活動をパネル討論スタイルで行います。
日程:8月26日(日)
第1部 14:00~17:00
○パネルディスカッション
パネラー(下の3会より)
土曜面白倶楽部
横浜かもめ会
多摩DEC会
○HLD幹事会からの報告
第2部 17:30~19:30 懇親会
会場:第1部 南部労政会館第4会議室
      (JR大崎駅前ゲートシティ大崎)
第2部 「広東酒菜 明珠(ミンジュ)」
会費 4000円(第2部参加者のみ)

★“HLD・懇親ボーリング大会”のご案内
HLD幹事会では、本年度、新たに“HLD懇親ボーリング大会”を企画致しました。
日時:11月22日(木)
ボーリング:19:00~20:25
パーティー:20:30~22:00
会場:東京ポートボール
   東京都港区芝浦1-13-10
   TEL:03-3451-9211
その他、詳細は、幹事会で決定後お知らせします。
★ それでも?やる会 6月定例会報告
 今月は参加者増加強化月間として、最近ご無沙汰している会員や知人に積極的に声をかけ、46名が参加しての開催となりました。
発表は2件で、最初は「ボランティア活動の実践~私とシニアピア・傾聴ボランティア活動」との題名にて、市の傾聴ボランティア員として活躍されている会員から発表がありました。
傾聴ボランティアとは、高齢者を相手に話を聴く(聞くではない)活動で、相手の人にできるだけ多くを話してもらい、そのことによってその方自身の心の負担が少しでも軽くなるようにお手伝いする活動とのことです。
発表では、傾聴ボランティアとの出会い・4年目を迎えた体験内容・体験を通じて思うこと等が報告されました。そして、「活動は、私に勇気・刺激を与え、私を成長させ・心豊かにさせ、私は幸せ・生きがいを感じている」とのコメントで締めくくられました。
引き続いて「それでも?やる会四方山話~SYK16年の歴史から20周年を占う」との題名にて、SYK設立時から会長及び代表として会を引っ張っておられる現代表から発表がありました。会設立時からの年表も資料として準備されていましたが、それの説明では通り一遍の解説になってしまうとのことで、それでも?やる会歴史クイズなるものが準備されました。そして、クイズへの回答を通じて会の活動内容を掘り下げるといった形で進められました。
なかなか正解が出ず、中には「古いことは知らないよ」との開き直りの声もあり、会の歴史の長さを感じさせられました。その後、20周年を占うということで「会員は100名を目標に、20歳台や女性会員の増加が必要、活動としては、今までの会員のニーズに応じた活動から社会活動的なものをプラスしていくことが必要では」とのコメントがありました。
今月は積極的な増員作戦に応え、久し振りの方や定例会は始めてといった方も多く、今年初めて参加という方5名と初参加者3名の方に挨拶して頂きました。
勉強会の後はいつもの居酒屋に場所を移し、久し振りの方・初参加の方を交え懇親を深めました。
★ 多摩DEC会日帰りイベント-多摩の“木の文化”を訪ねて-報告
多摩DEC会では多摩地域の活性化を地域特性の「緑の豊富な環境」面からとらえて、数ヶ月間スタディーしてきたので、その成果として、緑の源となる樹木とそこから得られる材料の木材、およびその加工品など“木の文化”に、実際に触れる目的で、6月17日に土曜面白倶楽部・世界を語ろう会の方も1名加わっていただいて実地訪問をしました。
最初に訪れたのが伐採業を始め、ログテーブルなどの木工製品を作っている伊藤木工所の出店「みやび工房」です。ここでは桜のチップでスモークした燻製チーズや、木の素材が置いてあって、本物の木ならではの味わいと感触を楽しみました。
途中、奥多摩の多摩川縁のバーベキューガーデン“朱とんぼ・あかとんぼと読む”に立ち寄りました。そこには煉瓦工房「煉瓦党朱とんぼ」などがあり煉瓦の工芸品を作ることが出来ます。景色も良く、恒例の秋のバーベキューパーティー会場として考えても良いのではと思いました。
近くの東京ペレットの工場に立ち寄り、多摩DEC勉強会のテーマだったバイオマス燃料木質ペレットの製造現場を見学しました。
次に日原鍾乳洞入り口で奥多摩そばを食べて腹を満たし、「日原森林館」に行って、奥多摩の巨樹情報を見学して、展示だけでなく実際の巨樹“倉沢の桧”がある所まで30分かけて山を登って樹齢千年の大ヒノキに接して、自然の壮大さに感動を覚えました。
五日市に戻って、木工房;木楽庵、「素朴屋」、奥多摩の木の文化に触れ、更に陶芸や紙漉きなどの工芸体験ができる「ふるさと工房五日市」、木の図書館などを訪問して、最後にバイオマス燃料使用の「瀬音の湯」の温泉でしめくくりを考えていましたが、「瀬音の湯」が混んでいて、残念ながらお湯につかるのは取止めにしました。
もっと書きたい事がありますが、紙面の関係もあり、後半は大分はしょりました。多摩DEC会はアウトドアイベントを多く実施している交流会です。

★ それでも?やる会からのお知らせ
鵠沼海岸で楽しい地引網をしませんか
この度『それでも?やる会』では、ご要望の多かった地引網を2年ぶりに計画いたしました。   
夏休みの一日、家族連れで地引網に参加されませんか、夏の陽光を浴びて、子供さんには自然に触れる夏の楽しい思い出になることと思います。
取れたての魚は浜辺で刺身、天ぷらにしてお召し上がりいただけます。地引網のあとは、それぞれ海辺などで楽しい一日をお過ごし下さい。
日時:8月4日(土) 
集合:午前11時~11時30分(時間厳守)(小雨決行)
会場:藤沢市鵠沼海岸 鵠沼海浜公園スケートパーク(旧小田急プールガーデン)隣り
(小田急江ノ島線 鵠沼海岸下車 徒歩10分)
網元:堀川網 (Tel:0466-36-9636)
取れる魚:鯵、カマス、シラス、ほうぼう など
参加費:予定¥4,000(小・中学生は無料)
(参加者40~50名の場合)(おにぎりなどは各自ご持参下さい) 
★湘南遊友会、ヨット分科会からのお誘い
毎年恒例になったヨット合宿のご案内をします。
夏の週末、あなたもヨットで海上散歩と洒落てみませんか?
初めてでも、泳げなくても、大丈夫! ベテラン船長が指導します。
日常生活でも役に立つロープワークも教えます。
全日程は1泊2日ですが、1日だけでも参加可能。
今年はヨットを購入し、腕を磨いて皆様のお越しをお待ちしています。
ご家族やお友達とお誘い合わせの上、是非、ご参加ください。
日程:7月28日(土)~29日(日)
場所:オーシャンビュー 京浜急行・三崎口駅 徒歩20分
費用(概算):
  全日程(1泊2日、4食付) 13,800円
※ ヨット乗艇・指導料、オーシャンビュー入場料を含む
申込み/締切り
  申込内容 参加希望者氏名(こどもは学年も)参加日程
  申込締切 7/16(月)
問合せ・申込先
詳細は湘南遊友会のホームページをご覧下さい。
http://www31.ocn.ne.jp/~syonan/
★ 土曜面白倶楽部・そばの会合同花火大会訪問記
6月23日は信州上田の千曲川の鮎解禁日、また花火師でもあるそばの会の小川さんが、この日に合わせて昔のお大尽が贅の限りを尽して遊んだものと同じ花火を参加者個人個人の掛け声で打ち上げるという、なんとも贅沢な企画のイベント旅行を聞きつけて早速参加させていただきました。
出発日は前日の雨が嘘のようにからりと晴れた絶好の行楽日和、ど派手なピンク色のベンツのサロン付き大型バスに総勢30人が乗り込み、新宿を後に信濃路に向かって出発しました。
最初に着いたのが戸倉上山田温泉で、そばの会の小川さんが合流して早速うどん屋“古炉奈”に行って昼食です。ここで長野県特産のねずみ大根をすって布巾でしぼったつけ汁で食べる「しぼりうどん」を食べましたが、此処でしか食べられない、とても辛い昔懐かしいものを味わいました。
素朴なうどんの次は大河ドラマ山本勘助で有名な川中島古戦場跡「八幡原史跡公園」に着き、ボランティアガイドの説明を聞きながら、暫し遠き戦国の世に浸りました。
夕方になって、宿泊地の旅館にチェックインしました、そこにはケーブルカーで山の上に登って入浴する見晴らし最高の雲の上の露天温泉があり、物珍しさもあって鮎尽くしイベントの前に早速入ってきました。そこでの感動は筆舌に尽せないほどでした。
一風呂浴びていよいよメーンイベント会場の千曲川べりに移動です。そばの会の小川さんが花火打ち上げの準備を済ませており、早速今日解禁して釣り上げたばかりの鮎の塩焼き、刺身、天ぷらなど、次々と出る鮎料理を食べながら、お待ちかねの、打ち上げ花火です。江戸時代のお大尽が楽しんだという花火について小川さんが説明されましたが、ビールや岩魚骨酒・かじか酒・竹酒などで良い気持ちになっていると、打ち上げ花火の始まりです。参加者全て違った各種の牡丹・菊・錦の花火が打ち上げられ、その度に拍手が沸き起こりました。いよいよ25番銀椰子花火! 私の番です。私の掛け声と同時に銀色の椰子が夜空一面に咲きました。何とも言えない感動です。皆さんも是非次の機会に参加してこの感動を味わって下さい。
翌日は多種少量生産のマンズワインの小諸工場見学です。私は全種類のワインを試飲しました。
ワインの試飲で気持ち良くなったところで、小諸にあるそば処「草笛」に行って信州そばを食べました。草笛のそばを食べに私は年に数回長野県に行きますが、そばの美味しさについて説明すると損するので私の胸にしまって止めます。説明を聞くより、上田か小諸に行って実際に食べて下さい。また行きたくなりますよ。
という訳でお話すればキリがないので、この辺にしますが、贅沢で楽しい時を過ごす事が出来ました。今回の合同イベントに参加したことによって、同行した人と楽しい一時を共有する事が出来、また仲間になれ、繋がりができて非常に有意義でした。
このイベントを企画された土曜面白倶楽部やそばの会の方々に感謝しながら筆を置きます。
(多摩DEC会 森田でした)
*HLD加入交流会一覧(2007年7月1日現在) 
● YES-36    ● 活性化プロジェクト
● 高齢社会を考える会 ● G.T.C
● 湘南遊友会     ● 信玄すりばち会
● ステップアップ97(http://www.stepup97.com/)
● STEP21    ● 世界を語ろう会
● そばの会      ● 立川ぷらっと
● それでも?やる会
(http://homepage2.nifty.com/sykhp)
● 多摩DEC(http://www2.biglobe.ne.jp/~tamadec/)
● 鶴舞会      ● dec Web café
● DBキングス   ● DOC:土曜面白倶楽部
● トークの会    ● なのはな
● NEO AJISAI ● 房総くらぶ   
● ホームページを楽しむ会
● ボチボチやろう会 ● 町田21
● マロニエ‘21  ● 横浜かもめ会
● ランダムアクセス  (以上28交流会)
<ご参考>関西地区の交流会
● わになろう
★☆★☆詳しいHLD情報は、★☆★☆
http://plaza.rakuten.co.jp/hld2004/
あとがき:個人的に色々あり、本年度は、イベントへの参加が出来ずにいましたが、何とか復活したいと思っています。
ところで最近、幹事の所属交流会以外の情報が希薄です。
“HLDだより”は唯一、上記28会に配信されている情報誌です。皆さんでうまく活用してください。
また、HLDでは、初企画でボーリング大会を企画しました。11月なので皆様、今からスケジューリングをして是非参加してください。
(編集担当:若木)






Last updated  2007.08.15 12:36:18
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
HLDだより 2007年6月号
ヒューマンリンクでっくぁい輪 広報部会発行
HLDの最大イベント「リンクOPENフェスタ」が好評のうちに終了しましたので、次のビッグイベントであるHLD・リンクのつどいに向けて、我々記事団は梅雨を吹き飛ばして活動開始です。今後も引き続き、HLDだよりの記事にご期待下さい。
★第5回リンクOPENフェスタ開催!!          
5月26日、27日に恒例のリンクOPENフェスタが開催されました。
心配された天候は前日の25日が大雨で、当日は朝から雲ひとつない五月晴れ。今回は回を重ねて第5回、リンクOPEN「ゴルフ」から「フェスタ」に代わって2年目ということで、今までの初日にゴルフと懇親会、2日目にアウトドアというやり方を変えて、初日にアウトドアと懇親会、2日目にゴルフコンペ(ゴルフをしない人は散策)という日程で実施しました。
【5月26日アウトドア(バス旅行)】
26日朝10時、蘇我駅にアウトドアに参加する27名が集合してバスで久留里城に向けて出発。11時30分に着いてからお城まで搦め手の山の中の道を登り久留里城址を見物。帰りは表通りを下って昼食。なにしろ小さな食堂に27名の団体客で、あらかじめ注文しておいたものの時間がかかり、ビールや日本酒で小宴会が始まりました。
昼食後、バスで養老渓谷に行き新緑が美しい渓谷を散策。そこから本田忠勝の居城として名高い大多喜城址を見物しました。
大多喜城址を出発し上総一ノ宮駅でアウトドアだけで帰る方を送ったあと、宿泊先の「そとぼう」に17:30着。ここは部屋も広くシーサイドの部屋からは外房の海が望めて快適でした。
18:30からの懇親会には、懇親会から参加する人を含めて33名が参加。懇親の間に各会の紹介やPRがあって、20:30まで大いに飲み食べ話をしていました。
さらに飲み足りない人は2次会のカラオケルームに集合して、制限時間をオーバーして23:00近くまで日ごろの喉自慢を披露していました。
【5月27日ゴルフ】
明けて2日目の27日も朝から良い天気でゴルフ組、散策組、共に すがすがしい5月の房総のすばらしい1日でした。
ゴルフ組は7時前に朝食を済ませ、今回のゴルフ場、一ノ宮カントリー 倶楽部からの迎えのバスでコースに向かい、直接ゴルフ場に集まった方 と合わせて合計28名、7組でプレーを楽しみました。コースは事務局長の新井さんのホームコースで手配から賞品まで大変お世話になりました。
コースコンディション、天候共にすばらしい状態で、費用集めに企画 したOBなどの「罰金」は期待?したほどに集まらないという、最高の 懇親ゴルフでした。
結果は個人総合優勝が門間さん(SYK)、女子の部優勝が永山さん (KSK)、団体優勝がKSKでしたが、個人も団体も僅少差で改めて ゴルフの「1打の大切さ」を実感しました。
プレー終了後表彰式と懇親の後、午後5時、次回の再会を申し合わせて お開きとなりました。
【5月27日散策組の小旅行】
ゴルフ組が出発した後に、散策組は南房総の九十九里浜の海岸に向かいましたが、そこには展望台が一つあるだけで、あとは延々とはるか遠くまで続く海岸があるだけでした、が、そこに群生しているハマヒルガオの花が美しく、皆夢中になってデジカメでハマヒルガオを撮り続けていました。
次に向かったのが、銚子の代表的な景勝地のひとつである『屏風ケ浦』です。屏風ヶ浦は、銚子市の犬岩から飯岡町刑部岬まで、延々6キロにわたる海岸の絶壁(海抜40~50m)で、英仏海峡のドーバーの「白い壁」に匹敵するといわれ、荒削りで雄大なスケールのものです。我々は刑部岬の海岸べりからこの景勝を堪能しました。
次に房総半島で地球が丸く見えると言われている「地球が丸く見える丘の展望台」に行きました。ここの展望台にはハワイ、フィリッピン等の方向がかかれていましたが、残念なことに少し曇っていた為、ハワイやフイッリピンまでは見えませんでした。
その後、君ヶ浜の海岸を歩いて、サボテンを触ってとげに刺されながら犬吠崎の灯台に出て、近くにある「伊万里寿司」で昼食をとりました。東京では滅多に食べられない新鮮な魚、寿司屋のおばさん、親父さんと楽しく魚談義で美味しい一時を過ごしました。
最後に銚子ポートタワーの魚市場に行き、アイスクリームや魚の試食をしながらお土産をしこたま仕入れて船橋まで送ってもらって、それぞれ帰途につき、楽しい一日を過ごす事が出来ました。これも、事前に調査してくださった志甫さん、白川さんのお陰と房総を堪能できた事を感謝しました。
(杉浦さん、竹内さん、森田リレー報告)
★“HLD・リンクのつどい”ご案内
HLD幹事会では、本年度も“リンクのつどい”を行います。
今年は講演形式ではなく、複数の交流会の活動をパネル討論スタイルで行います。
日程:8月26日(日)
第1部 14:00~17:00 パネルディスカッショ
ン、HLD幹事会からの報告
第2部 17:30~19:30 懇親会
会場:第1部 南部労政会館第4会議室
      (JR大崎駅前ゲートシティ大崎)
第2部 「広東酒菜 明珠(ミンジュ)」
会費 4000円(第2部参加者のみ)

★ それでも?やる会 ミニ講演会報告  
  今月の勉強会は、初めての試みとして家族会員を交え、「家族」をテーマとして開催されました。
最初に基調講演として会員の方から「家族と私とそれでも?やる会」というテーマで発表していただき、そのあと家族会員3名へのインタビューという形で進められました。
基調講演では、自己紹介・家族紹介のあと、SYKと自分とのつながり・SYKと家族とのつながりが紹介されました。10数年前から家族もイベントを中心に参加されており、初めて一緒に参加したイベントはとても楽しんでいたこと、恒例の花見にはほぼ毎年参加していることなどが述べられました。
ご家族の協力を得ながら定例勉強会や各種行事に
参加するだけではなく運営にも携わっており、SYKは「学び舎」であるとのコメントもありました。
 続いて、家族会員へのインタビューに移り、「初めて参加したSYKの行事は?」「これまでで最も思い出に残っていることは?」「どんなテーマの定例勉強会なら参加しますか?」といった質問がなされました。
中国旅行やサクランボ狩り等のイベントが心に残っていること、そこでご一緒した他の家族と意気投合し、その後も参加してみる気になったことなどのお話がありました。
 家族会員からひととおりお話をうかがったあとは、参加者全員にマイクを回して家族の話を一言ずつしていただきました。「うちの奥さんは多趣味なのでSYKにつきあってもらえない」「○○がテーマならきっと参加する」「子供がSYKを認知していて、今日のお出かけはSYK?と聞かれる」など、これまた楽しいコメントが続々と出てきました。
 勉強会の後は、いつもの居酒屋に場所を移し、参加された家族会員を交え懇親を深めました。

★土曜面白倶楽部・そばの会合同花火大会について
 開催日6月23日(土)~24日(日)
 今年も味わう信州そば、
  掛け声であがるmy花火!
   いつもの鮎尽くし飲み放題に、
    ケーブルカーで行く露天風呂!
     バイキングの朝食でまた一杯!
      うまくいけば、
       山本勘助の墓参りもできるかも!! 
<23日>
 東京出発、バスにて移動・到着時間が早ければ、小諸・上田近辺を散策。
1.新幹線で来られる方は19時までに上田駅に到   
着し徒歩で会場に移動(移動時間10分程度)
2.19時~21時 千曲川河原で鮎尽くし煙火大会
3.21時30分バスにて宿まで移動22時宿に到
着(新幹線で来て、宿泊する人も一緒に移動)
<24日>
1.朝食後宿を出発(8時30分~9時ごろ)上田駅
経由(朝、新幹線で帰る人を乗せて)観光へ
2.武田信玄ゆかりの地を訪ねます。
<費用は>
1.宿代:一泊朝食つき8000円
2.鮎尽くし煙火大会9000円(鮎尽くし飲み放
題:岩魚骨酒・かじか酒・竹酒他プラス煙火1発)
3.その他、バス代、昼食代、拝観料等
4.新幹線利用の場合〔新幹線往復東京⇔上田〕
約12000円
詳細および申し込みは
DOC  人見 聡 sh52536@pop21.odn.ne.jp
そばの会 小川充宏 mioga@ueda.ne.jp 
★3会合同イベント「3会ジョイント・フォーラムin横浜」開催のご案内
 高齢社会を考える会、湘南遊友会、横浜かもめ会の三会は、合同で下記内容の一泊イベントを企画しました。人数に制限はありますが他交流会からの参加も歓迎です。
日時:2007年7月15日(日)~16日(月・祝日)
場所:横浜市民ふれあいの里「上郷・森の家」
 JR大船駅よりバスで約21分、京浜急行金沢八景駅よりバスで約20分、車では横浜横須賀道路朝比奈ICから約10分
概要:(1)交流ミーティング(15日13時~18時)
 セカンドライフへの備えは万全ですか?と題して基調講演とパネル討論。
 アトラクションとしてフラダンスショー
  (2)懇親会(15日18時半~21時)
  (3)プレータイム(16日朝より)ハイキング(森の家~自然観察の森~金沢自然公園~六国峠~八景島)ほか
  (4)オプションとして15日午前に陶芸教室があります
費用等:宿泊者11,500円(一泊2食、懇親会費含む)、日帰り5,000円(懇親会費)交流ミーティングのみ参加者は無料。
問合せ・申し込みは幹事(小島信博:メールnkojima@ytv.home.ne.jpまたは竹内壽:メール takeuci@ytv.home.ne.jp)までお願いします。募集締切は6月23日です。

★それでも?やる会からのお知らせ
鵠沼海岸で楽しい地引網をしませんか
この度『それでも?やる会』では、ご要望の多かった地引網を2年ぶりに計画いたしました。                                
夏休みの一日、家族連れで地引網に参加されませんか、夏の陽光を浴びて、子供さんには自然に触れる夏の楽しい思い出になることと思います。
取れたての魚は浜辺で刺身、天ぷらにしてお召し上がりいただけます。地引網のあとは、それぞれ海辺などで楽しい一日をお過ごし下さい。

・日 時:8月4日(土) 集合:午前11時~11
時30分(時間厳守)(小雨決行)
・会 場:藤沢市鵠沼海岸 鵠沼海浜公園スケート
パーク(旧小田急プールガーデン)隣り
(小田急江ノ島線 鵠沼海岸下車 徒歩10分)
・網 元:堀川網 (Tel:0466-36-9636)
・取れる魚:鯵、カマス、シラス、ほうぼう など
・参加費:予定¥4,000(小・中学生は無料)(参加者40~50名の場合) 
(おにぎりなどは各自ご持参下さい)                        
・申込先:杉浦宛 090-2173-8412
         sugiura-m@jcom.home.ne.jp

*HLD加入交流会一覧(2007年6月1日現在) 
●YES-36   ● 活性化プロジェクト
●高齢社会を考える会 ● G.T.C
● 湘南遊友会     ● 信玄すりばち会
●ステップアップ97● STEP21    ● 世界を語ろう会 ● そばの会      ● 立川ぷらっと● それでも?やる会
●多摩DEC  ● 鶴舞会      
●dec Web café ● DBキングス   ● DOC:土曜面白倶楽部● トークの会    ●なのはな● NEO AJISAI 
● 房総くらぶ   
● ホームページを楽しむ会
● ボチボチやろう会 ● 町田21
● マロニエ‘21  ● 横浜かもめ会
● ランダムアクセス  (以上28交流会)

あとがき:
 この時期は行楽シーズンの真っ盛りです。会員の皆さん方もご家族、友人、恋人達と旅行に行かれた方も多いと思います。
 リフレッシュして、気分転換して、今から来る暑い夏をのり切りましょう。
   6月担当 森田






Last updated  2007.08.15 12:31:40
コメント(1) | コメントを書く
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
HLDだより 2007年5月号
ヒューマンリンクでっくぁい輪 広報部会発行
*********************************************
いよいよHLDの最大イベント「リンクOPENフェスタ」が近づきました。薫風かおる5月の房総で新緑浴に懇親会、ゴルフ組と散策組、と多彩なイベントを幹事団は総力戦でがんばります。
乞う、ご期待!!
***********************
★第5回リンクOPENフェスタの追加情報           
今年のリンクOPENフェスタはお伝えした通り5月26-27日に房総半島で開催されます。初日のアウトドア(バス旅行)と懇親会、2日目のゴルフコンペについては既報のとおりですが、2日目のミニ旅行の詳細が決まりましたのでお知らせします。
【5月27日小旅行】
・JR長者町駅発 8:05 千葉行き乗車
・銚子電鉄君ヶ浜駅着10:33
・君ヶ浜海岸から犬吠崎灯台へ散策 11:00着予想
・灯台見学・及び付近の散策   1時間程度
・昼食及び温泉(岩盤浴)2時間程度
・犬吠崎形成ホテル前  14:30 発
・高速バスでJR東京駅・浜松町駅17:00頃着予定
 *東京帰着までの総費用は約7千円です。(飲み物代別) 
★“HLD・リンクのつどい”ご案内
HLD幹事会では、本年度も“リンクのつどい”の開催を予定しております。
今年は講演を止め、複数の交流会の活動をパネル討論スタイルで交換し合います。
日程:8月26日(日)
第1部 14:00~17:00 パネルディスカッション、HLD幹事会からの報告
第2部 17:30~19:30 懇親会
会場: 第1部 南部労政会館(大崎駅前、予定)
第2部 「広東酒菜 明珠(ミンジュ)」
会場、および第2部懇親会場は現段階では予定ですので、変更になることがある事をご了解願います。

★ それでも?やる会 3月定例会報告  
 今月の勉強会は、自己紹介・業界紹介とテーマ発表での開催でした。
最初は、昨年入会の会員による自己紹介・業界紹介で、「窮すれば通じた半生とこれから…」と題して説明がありました。まずは出身地である宮城県涌谷町の紹介があり、その後出身校の紹介・会社生活の紹介と続きました。仕事は05年に転職するまで、東芝及びその関係会社にて家電やパソコン等の営業を担当していたとのことで、転勤や異動で苦境に陥ったこともあったが窮すれば通じ、何とか乗り切ってきたとのことでした。そして外食産業を経て、06年8月から人材派遣関係の仕事で頑張っているそうです。今後はこれから迎える60~80歳を人生黄金時代と考え、柔軟・謙虚で、秘めたるエネルギーにて過ごしていきたいとのことです。
 引き続いて昨年6月に直腸ガンが見つかり、手術した経験をもつ会員から「昨年の私の病気と生きがいについて」と題しての発表がありました。最初血便があり痔ではないかと思っていたが、今まで病気をしたことがなく病院に行くのがいやで放置していたとのこと。しかし6月に診察を受け、直腸ガン・肝臓に一部転移との診断が下り手術を受けたそうです。今年の2月に良性ポリープ摘出手術を受けたが、その後の経過は順調との報告がありました。今回病気になり「自己診断は禁物であり、早期に医者に診てもらうべき」と反省したとのことでした。そして生きがいについての説明があり、自分としては「生きがいとは、健康で自ら輝くことであり、相手に感動を与える自分自身の生き方に喜びを感じることである。」と考えているとのまとめがなされました。
勉強会の後は、いつもの居酒屋に場所を移し発表者を交え懇親を深めました。
★土曜面白倶楽部・そばの会合同花火大会について
 開催日6月23日(土)~24日(日)
 今年も味わう信州そば、
  掛け声であがるmy花火!
   いつもの鮎尽くし飲み放題に、
    ケーブルカーで行く露天風呂!
     バイキングの朝食でまた一杯!
      うまくいけば、
       山本勘助の墓参りもできるかも!! 
<23日>
 東京出発、バスにて移動・到着時間が早ければ、小諸・上田近辺を散策。
1.新幹線で来られる方は19時までに上田駅に到   
着し徒歩で会場に移動(移動時間10分程度)
2.19時~21時 千曲川河原で鮎尽くし煙火大

3.21時30分バスにて宿まで移動22時宿に到
着(新幹線で来て、宿泊する人も一緒に移動)
<24日>
1.朝食後宿を出発(8時30分~9時ごろ)上田駅
経由(朝、新幹線で帰る人を乗せて)観光へ
2.武田信玄ゆかりの地を訪ねます。
<費用は>
1.宿代:一泊朝食つき8000円
2.鮎尽くし煙火大会9000円(鮎尽くし飲み放
題:岩魚骨酒・かじか酒・竹酒他プラス煙火1発)
3.その他、バス代、昼食代、拝観料等
4.新幹線利用の場合〔新幹線往復東京⇔上田〕
約12000円
詳細および申し込みは
DOC  人見 聡 sh52536@pop21.odn.ne.jp
そばの会 小川充宏 mioga@ueda.ne.jp 

★高齢社会を考える会訪問記
 4月19日に高齢社会を考える会の定例会に参加しました。スピーカーは大坂氏でテーマは「生活習慣とコレステロール」。大阪出張の帰りに寄ったので1時間ほど遅刻してしまいましたが、それでもコレステロールによる血管閉塞の状況をリアルな写真で見たり、今話題の「メタボリックシンドローム」、はじめて聞いた「アディポネクチン」の話など、興味深いお話を聞くことができました。会場はいつもとは違って川口駅前のメディアセブンの会議室。100名近く入れるような立派な部屋でしたが、ここには会議室のほかに年間2000円を払えばパソコンが使い放題(1回3時間まで)というワークスタジオや編集スタジオ、録音スタジオ、プレゼンテーションスタジオなどがあるユニークな施設でした。
 2次会はそれでも?やる会でもおなじみのさくら水産(いつも2次会は大崎のさくら水産です)でした。発表のなかで健康のためには「禁酒禁煙」という話が出ていたので、今晩の乾杯はジュース?と思いきや、最初から日本酒をがんがんやりながら健康談義をする人もいて、楽しいひとときを過ごすことができました。 (文責 杉浦)

*HLD加入交流会一覧(2007年3月1日現在) 
●YES-36   ● 活性化プロジェクト
●高齢社会を考える会 ● G.T.C
● 湘南遊友会     ● 信玄すりばち会
●ステップアップ97● STEP21    ● 世界を語ろう会 ● そばの会      ● 立川ぷらっと● それでも?やる会
●多摩DEC  ● 鶴舞会      
●dec Web café ● DBキングス   ● DOC:土曜面白倶楽部● トークの会    ●なのはな● NEO AJISAI 
● 房総くらぶ   
● ホームページを楽しむ会
● ボチボチやろう会 ● 町田21
● マロニエ‘21  ● 横浜かもめ会
● ランダムアクセス  (以上28交流会)
<ご参考>関西地区の交流会
●わになろう
★☆★☆詳しいHLD情報は、★☆★☆
http://plaza.rakuten.co.jp/hld2004/

あとがき:
 編集作業がゴールデンウィーク真っ最中のせいかいつもより記事が若干少なかったようです。会員の皆さんはいかがお過ごしでしたか。
交流会予定表からは家庭サービス優先の心遣いが感じられますから、ご家族の点数は稼げたことでしょう。
 リフレッシュで気分新たに頑張りましょう。
   5月担当 竹内






Last updated  2007.08.15 12:26:00
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
HLDだより 2007年4月号
ヒューマンリンクでっくぁい輪 広報部会発行
*********************************************
4月といえば、初桜、お花見というのが定番でしたが、最近は暖冬の影響で、東京で初桜といえば3月の下旬に移り変わっているようです、今年も桜が早かったので、花見の言葉を避け、4月のもう一つの季語である新年度にして、入学式、入社式が行われて季節になりましたという言葉で、4月号のオープニングにしたいと思います。
楽しみにしている、リンクOPENフェスタがいよいよ来月に近づいてきました、年々盛会になる事を祈って、また出来るだけ多くの方々に来ていただけるように、リンクOPENフェスタ実行委員会一同気合を入れています。

★ヒューマンリンクでっくぁい輪(HLD)の新幹事等について
HLD総会後の幹事会で本年度の幹事の役割分担が下記のとおりとなりました。皆様よろしくお願いします。
会長  江田
副会長 杉浦(企画担当)、竹内(新聞・広報担当)、白川(事務局担当)
会計  佐々木
企画  杉浦、山本、平戸、平和、牧元、人見、志甫
新聞・広報  竹内、市野、斎藤、豊田、若木、
森田、小川
事務局 白川、南端
なお、本年度における各幹事と担当交流会は下記のとおりです。併せてよろしくお願いします。
若木:ホームページを楽しむ会、町田21
市野:NEO AJISAI
江田:dec Web café
小川:そばの会
斎藤:マロニエ21、鶴舞会、ステップ21
白川:房総くらぶ、なのはな
杉浦:それでも?やる会
竹内;世界を語ろう会、YES-36、高齢社会を考える会
豊田:トークの会、ステップアップ97、ボチボチやろう会
人見:土曜面白倶楽部
平戸:G・T・C
平和:ランダムアクセス
南端;DBキングズ
牧元:横浜かもめ会、湘南遊友会
森田:多摩DEC会、立川ぷらっと、信玄すりばち会
山本:活性化プロジェクト

★第5回リンクOPENフェスタのご案内           
リンクOPENフェスタ 実行委員長 竹内 壽
リンクOPENフェスタ 事務局
  今年はリンクOEPNフェスタも5回目となり、先月号でもお話しましたように、毎年のことですが、多くの皆様が初日のアウトドアから夜の懇親会に参加をして、ぜひ各会会員相互の交流と親睦を深めていただき、翌日のゴルフも一緒にプレーが出来れば幸甚でございます。万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますよう重ねてお願い申し上げます。
【日 程】 
・ 5月26日(土) アウトドア、懇親パーティー
・ 5月27日(日) ゴルフ、パーティー
【スケジュール】
第1部 アウトドア:9時45分
(蘇我駅改札外陸橋集合)
旅程:蘇我駅-姉ヶ崎IC―久留里城(雨城の別名)(一時間程度の散歩)―昼食―「久留里城売店」―養老渓谷(一時間程度の散歩)―大多喜城見学―(時間的に余裕があれば千葉県薬草園)―宿舎宿舎「国民年金保養センターそとぼう」(いすみ市)に17時ぐらい到着予定
第2部 懇親パーティー (会場へ18時集合)
  場所:国民年金保養センター「そとぼう」
  住所:いすみ市岬町和泉447-10 
(JR外房線大原駅、一ノ宮駅より車で10分~15分、送迎バス有)
第3部 ゴルフコンペ
   一ノ宮カントリー倶楽部 西コース(イン・アウト)
 (宿泊先からは送迎バス用意予定)
   住所:〒299-4303千葉県長生郡東浪見3166 
TEL0475-42-3711
集合:7:50 フロント前  スタート:8:30
(10組予定)
参加申し込みは4月30日(月)までに下記あてにお願いいたします。 
★第6回総会でのアンケート結果
第6回総会では50名、懇親会では39名の方々に参加いただき有難うございました。出席者の90%近くの方からアンケートの回答をいただきましたので、その結果をご報告します。
今回のアンケート結果を今後の総会やHLD幹事会での運営に生かせる様にしたく考えております。

総会開催の知名経路は交流会の窓口経由とHLDだよりから知ったとされ、今後ともこのような開催連絡を進めてよいと考えております。
参加理由は(複数回答)

ここでは他の交流会メンバーの方々との直接の懇
親交流や他の交流会の情報収集など、普段会えない方々との交流を楽しみにしていることがわかります。
 また講演会をたのしみにしている方も多く、HLDの今後の企画もさらに充実していかねばとの強い思いを持ちました。

講演会の評価については
講演会への興味は参加目的でも高かったのですが、実施しての全体的な評価もかなり高い評価を得られました。
フリーにいただいたご意見でも良かったとのお答えが多く、今後の講演内容については、食や健康、成人病などが多く、さらにより広いテーマも出ていました。今後の方向としては今回のご意見をさらに反映出来るよう、また期待に添えなかった面も一部あり、さらに意見を集め企画、検討し今後の提案をしていきたいと思います。
尚、時間的にも「適当」の方が83%、「短か過ぎる」という方が15% とこの面でも良かったようでした。
その他 「議事の進め方」、「HLDへの意見」、「リンクOPENフェスタ」及び「リンクのつどい」についての意見もいただいており、今後のHLD活動に反映させていきたいと考えております。

★“HLD・リンクのつどい”ご案内
HLD幹事会では、本年度も“リンクのつどい”の開催を予定しております。
他の交流会との情報交換の場としてご利用ください。
日程:8月26日(日)
第1部 14:00~17:00 テーマ発表、HLD幹事会からの報告
第2部 17:30~19:30 懇親会
会場: 第1部 南部労政会館(大崎駅前、予定)
第2部 「広東酒菜 明珠(ミンジュ)」
会場、および第2部懇親会場は現段階では予定ですので、変更になることがある事をご了解願います。

★ それでも?やる会 3月定例会報告  
 今月の例会は、外部講師講演会でした。講師は、SYKも所属している「ヒューマンリンクでっくぁい輪(HLD)」の会長で、現在ベンチャー支援のNPO法人で仕事をされている江田氏にお願いし、「事業を起こして成功する秘訣~ベンチャー支援の現場からのレポート」というタイトルにて講演して頂きました。
 会社生活40年の間に多くの新規事業に関与し、会社をどのように持って行くべきか気付く点があったとのことで、友人の始めた「エンジェル活動(個人ベースでの起業家支援)」に参加し、ベンチャー支援の活動をしているとのことです。
起業家からの相談は、主にWEBを通じてなされており、内容は資金調達・会社設立・人探し・個人投資家探し・事業性判断・事業梃入れと多岐に亘っているそうです。しかしながら、起業家側にも、計画の甘さ(思い込み)・事業の使命感の欠如といった問題点とともに、ビジネスモデルの曖昧さ・ビジネスプランの欠如・資金繰りの検討不足等といった問題点も見られるとのことで、起業家成功の秘訣として、やり抜く心・社会にとって有意義な商材の確保等8項目に亘って説明がなされました。一方、エンジェル支援については、米国と違って日本のエンジェル資金はごく僅かで模索中の状態にあり、日本型エンジェルへの道として「起業家精神を引き出し伸ばす」・「支援体制を築く」・「金の流れを作る」・「企業倫理を埋め込む」・「ユニーク性を評価激励する」といった点が必要との説明がありました。
 会員の中には会社勤めの方だけでなく、個人であるいは中小規模で事業を行っている方もおられ、参考になる内容も多かったようです。
 講演会のあとは場所を移しての懇親会で、講師にも参加して頂き親睦を深めるとともに、追加の質問にも答えて頂きました。

★多摩DEC会のお茶会
多摩DEC会ではレクチャー中心の例会とは別に年間6~7回のアウトドア中心のイベントを行っていますが、今年の1月から、更にインドアのお茶会を始めました。
お茶会を始めたのはややもすると堅苦しくなりがちなレクチャーとは別に遊び心を持たせた集まりをしたらとの発想で、隔月置きにお茶会をはじめて3月で2回目のお茶会となりました。
会場は多摩市の公民館の8階にあるお茶室で、防音の効いた、富士山が見える静寂な本格的なお茶室です、ビルの中の茶室ですが、庭、立札席、にじり口なども備わっており、お茶室の要件を一応備えた所です。床の間には親しい交流会の書道家の掛け軸が飾られており、お茶菓子をいただきながら一応作法にのっとった形で、流儀にとらわれない自由な形でのお茶会を行っています。
お菓子とお花、それに会員の手作りの作品などを持ち寄り、お茶の歴史やお茶会等からお話を発展させて定常の例会とは違ったふれ合いを行っています。
平日にお時間が取れる方がおられましたら、一度多摩DEC会のお茶会に顔を出していただければと思います。希望者が居られましたら、多摩DEC会の森田までご連絡下さい。

*HLD加入交流会一覧(2007年3月1日現在) 
● YES-36    ● 活性化プロジェクト
● 高齢社会を考える会 ● G.T.C
● 湘南遊友会     ● 信玄すりばち会
●ステップアップ97(http://www.stepup97.com/)
● STEP21    ● 世界を語ろう会
● そばの会      ● 立川ぷらっと
● それでも?やる会
(http://homepage2.nifty.com/sykhp)
●多摩DEC(http://www2.biglobe.ne.jp/~tamadec/
● 鶴舞会      ● dec Web café
● DBキングス   ● DOC:土曜面白倶楽部
● トークの会    ●なのはな
● NEO AJISAI ● 房総くらぶ   
● ホームページを楽しむ会
● ボチボチやろう会 ● 町田21
● マロニエ‘21  ● 横浜かもめ会
● ランダムアクセス  (以上28交流会)
<ご参考>関西地区の交流会
●わになろう(http://waninaro.hp.infoseek.co.jp/)
★☆★☆詳しいHLD情報は、★☆★☆
http://plaza.rakuten.co.jp/hld2004/

あとがき:
新宿以西で最大の街とは言いませんが、数年前は田んぼだった京王線高幡不動駅前が今やナウい、賑やかな街にと大変貌を遂げています。
その高幡不動駅前に石原都知事が選挙演説に来て、多摩の知的産業についてや石原知事についての問題報道などについても、石原節を炸裂させていました。
細川政権が誕生する前に細川さんが選挙演説に来た時とは桁違いの聴衆者が石原さんの演説に聞き入っていました。
私が驚いたのは石原さんの取り巻き連中の多さ、総理大臣でもこれほど多くの取り巻きがいないのではないかと思いました。
最後に石原都知事が聴衆との握手をしましたが、前列にいた私も知事と握手をしましたが、握力が強く、かなり気合が入っているのを感じました。今月号のHLDだよりが発行されるころ、都知事選の選挙日になります。
東京都は世界一の大都会で、そこの都知事は大臣より大きな重責を負う事になります。候補者が言っていること、実行力を考えて、一番相応しい人を選ばなければならないと思います。
高幡不動に移り住み今年で30年になる、
多摩DEC会森田でした。






Last updated  2007.08.15 12:24:06
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
HLDだより 2007年3月号
ヒューマンリンクでっくぁい輪  広報部会発行
*********************************************
2月に総会が無事開催され、新年度が始動しています。
暖冬で雪の少ない冬に、冬眠をしている暇はありません。
ひな祭り、そして、リンクOPENフェスタです。
***********************
★第5回リンクOPENフェスタのご案内           
リンクOPENフェスタ 実行委員長 竹内 壽
リンクOPENフェスタ 事務局
 今年はリンクOEPNフェスタも5回目となりました。毎年多くの会のから多数のご参加をいただき、交流会会員の親睦と会の連携を深めることが出来ましたことは、ご参加いただきました皆様方のご協力の賜物と感謝申し上げます。
 今年もできるだけ多くの会から、ご参加いただきますよう新たな提案として、土曜日をバスでのアウトドアとし、夜を交流懇親会、翌日曜日ゴルフコンペを開催することに致しました。
 毎年のことですが、多くの皆様が初日のアウトドアから夜の懇親会に参加をして、ぜひ各会会員相互の交流と親睦を深めていただき、翌日のゴルフも一緒にプレーが出来れば幸甚でございます。万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますよう重ねてお願い申し上げます。
【日 程】 ・5月26日(土) アウトドア、懇親パーティー
      ・5月27日(日) ゴルフ、パーティー
【スケジュール】
第1部 アウトドア:10時(蘇我駅改札外陸橋集合)
旅程:蘇我駅-姉ヶ崎IC―久留里城(雨城の別名)(一時間程度の散歩)―昼食―「久留里城売店」―養老渓谷(一時間程度の散歩)―大多喜城見学―(時間的に余裕があれば千葉県薬草園)―宿舎宿舎「国民年金保養センターそとぼう」(いすみ市)に17時ぐらい到着予定
第2部 懇親パーティー (会場へ18時集合)
  場所:国民年金保養センター「そとぼう」
  住所:いすみ市岬町和泉447-10 
(JR外房線大原駅、一ノ宮駅より車で10分~15分、送迎バス有)
第3部 ゴルフコンペ
   一ノ宮カントリー倶楽部 西コース(イン・アウト)
 (宿泊先からは送迎バス用意予定)
   住所:〒299-4303千葉県長生郡東浪見3166 
TEL0475-42-3711
集合:7:50 フロント前  スタート:8:30
(12組予定)
【費 用】
 総合計 (全て参加した場合)  37,000円(概算)
第1部 アウトドア 
  バス代3500円程度(人数によるため概算) 
(その他昼食代飲み物等1000円程度は実費)
第2部 懇親パーティー
 国民年金保養センター「そとぼう」
宿泊:夕食・懇親会・朝食 13,000円
懇親会のみ :7,200円
宿泊のみ  :6,300円(朝食つき)
第3部 ゴルフコンペ 一ノ宮カントリー倶楽部
ゴルフ昼食、1ドリンク、パーティー 17,500円
会費(賞品代、他)     3,000円
     ゴルフ代合計  20,500円
参加申し込みは3月20日(火)までに下記あてにお願いいたします。
  各会の実行委員会メンバーまで                     
★ それでも?やる会 定例勉強会報告  
 今月の勉強会は、自己紹介・業界紹介とテーマ発表での開催でした。
 最初は、昨年5月に入会の新入会員による発表で、自己紹介ののち「ワインの雑学」と題してワインに関する解説がなされました。自己紹介では、出身地・出身校等に続いて勤めた2社の説明がありましたが、3月からは3番目の会社で活動予定とのことです。趣味は幅広く、音楽・絵画・アウトドアその他とのことですが、その中でワインが取り上げられ、歴史、主な産地、葡萄の種類、ワインの種類・等級、保存法、料理との組み合わせ等について説明がなされました。その知識の深さには驚かされましたが、ワイン学校とかに通ったわけではなく、好きで個人的に調べただけだとのことでした。
 引き続いて、昨年3月から名古屋にて単身赴任生活を送っている会員から「名古屋便り~元気な東海地区の今」と題しての発表がありました。まず、東海地方の現状として中部経済局のデータを基にした解説があったのですが、トヨタを頂点とするピラミッド経済があり、その中で半導体メーカー等も恩恵を受けているとのことです。また、現在名古屋駅前はビルの建設ラッシュで、トヨタ関係の高層ビル2棟のみで6千人の通勤者が増えることになるそうです。その他名古屋の名物として観光スポット(名古屋城以外は特になしとのこと)や食べ物の紹介があり、最後に11か月の名古屋生活での感想が述べられました。とにかく活気があるとのことですが、その他についてはここで報告できないような感想もありました。
 勉強会の後は、いつもの居酒屋に場所を移して懇親を深めました。
HLDだより2月号に掲載した問題の回答と
房総くらぶの2月度例会の報告  
≪HLD便り2月号に掲載した問題の回答≫
1月号に載せました、「『10万円超』現金振込・払込の本人確認!」の問題の正解は 20問出ていましたが、1番~19番までは全て × で、20番のみ ○ です
 皆さんは正解でしたでしょうか。
 今回の規制(遵守お願い)は、「10万円を超える現金を振り込む場合のみに規制されているので、カードを使って振込をする場合はまったく規制されるものではありません」
 尚、今回の措置で銀行では窓口で混乱が起きるのではないかと心配をしていたようですが、銀行窓口での混乱はほとんどなく、スムースに移行することが出来たようです。
≪房総くらぶの2月度例会の報告≫
房総くらぶの2月は「国家の品格」というテーマで、討論会形式で実施しました。
テーマが大きく、品格についてのレベルが、個人や家庭のレベルから国のレベルまで広く論議され取りとめのない討論でしたが、発言は非常に活発で、身の回りで起きている事柄と問題点の提示、教育論議、家庭の問題では、戦後の混乱期からの団塊の層の育ってきた社会や家庭での子供の躾けや教育、母親と父親の役割、また職場や、エリートの活動・・・色々な面からの話が飛び交い、楽しい討論になりました。
日本は、他の外国から見れば、品格は良いのだが、時代的に見ればここ3-0年ほどに相当悪化しているとの認識を持っている。
 結論は、国の政治・経済・行政・教育などエリートたちが襟を正してもらわないといけないし、地域から家庭内の市民レベルでも行動規範をととのえていかねばならなが、これらの品格・規範の是正はとてもわれわれには力の及ばないところである。
 まずわれわれ市民レベルから、身の回りの家庭内、地域活動から出来ることをしていこう。国レベルでは、これから選挙が目白押し、選挙では地盤、看板、かばんに代表される政治屋でなく、品格を持った人に一票を入れるよう行動を起こそう。と平凡な結論になってはしまいましたが、それなりに有意義な討論が出来たように思っています。
★ 幹事寄稿【企業と学生の認識のズレ】
もう、来年卒業予定(2008年3月)の学生の就職活動が始まっている。1月の終わりに、東京駅の東京国際フォーラムの中を通り抜けたときに、大々的に企業の説明会が行われていた。大分前の日本経済新聞に、就職活動にまつわる、企業と学生との「認識」のズレについての記事が掲載されていたが、就職活動に役立つと考えての学生の取り組みを、必ずしも企業は評価していないようだと指摘していた。
その後の状況はわからないが、そのままで、また就職活動が始まったわけだが、その記事には「就職活動に役立つとして、アルバイトに汗をかく大学生が増えている」と始まる。アルバイト経験が「即戦力としての実力をPRできる」と考えているためだそうだが、企業側はピンと来ていない。アルバイト情報誌が「就職活動に役立つ」という謳い文句で特集を組むと、反響が大きいそうだ。しかし記事は、アルバイト経験が役に立つというのは“伝説”だと評していた。
確かに、就職するのに、さまざまな経験やスキルがあることは有利だが、企業が求めている経験やスキルでなければ、意味がない。アルバイト経験があればよい、という短絡的なものではない。まさに「認識」のズレが、悲喜劇を生んでいるわけだ。早とちりな学生が愚かだ、と言ってしまえばそれまでだが、学生にも企業にも不幸な状況なのだから、互いに改善すべき問題ではあるだろう。
 また記事では経済産業省の調査結果として、「学生の約6割が『企業の採用基準が明確でない』と回答」としたことも紹介していた。学生は、企業の「認識」を理解していないということだと思う。そこで記事は、採用活動では「求める人材のイメージを企業側が正しく発信していくことが成否を左右する」と述べていた。「認識」を正す責任があるのは、情報発信する立場にある、企業側だと思うが。「認識」が正しく共有されていない組織では、リーダーはメンバーの「認識」の甘さに、いらだちを感じさせられることとなる。
 しかし、それを正す責任があるのは、他でもないリーダーだと考える必要がある。正しく情報発信しないことが、「認識」のズレを生む。ズレた「認識」に基づいて行動すれば、記事の中の学生のように、的がハズれたものとなるのは当然なのだ。学生を責めるだけでは、解決はしない。
その「認識」の例を挙げると、トリノ五輪での日本選手の成績が振るわなかった。最初は、一つもメダルを獲得できないかとか、いや多く取れるとかの、事前の下馬評とのギャップに落胆している人も多かったと思う。とは言え、メダルを獲得している外国選手のパフォーマンスを見ると、日本選手とのレベルの差が明らかであったりする。メダルを取るなど、とても望むべくもない感じだとかよくいわれる。一生懸命に競技に取り組む選手に責任はないと思うが、その実力に対する「認識」に問題があったということだろう。いわゆる「認識」が甘かった、というやつだ。
組織運営や企業経営にあたっても、自社を取り巻く環境についての「認識」が甘いと、うまくいかない。スポーツ選手と同様、競争でライバルに出し抜かれたり、顧客にそっぽを向かれたりすることにつながる。また、組織や企業としての「認識」が統一されていないことも、不具合の原因となる。トップがいくら厳しい「認識」を持っていても、現場がのんびりしていたのでは、トップの意図は現場で実現されない。
もちろん、その逆もある。現場が持つ危機意識(=厳しい認識)にトップが無知でいては、まるで「裸の王様」状態だ。新たな戦略を打つ手は遅れ、優秀な社員はどんどん離れていく。
最近の新聞をにぎわしている企業の不祥事など、その典型的な例もしれない。「ズレを正す責任はリーダーにある!!」。そうですよね。  G.T.C. 幹事  平戸 昌利
あとがき:確か去年の今頃は豪雪で困った話題でした。今年は暖冬で雪が少なくて困った話題、勝手といえば勝手ですが、個人的には暖かいところが好きな くまさんです。         
2月17日から数日間「タイ王国」を訪問する機会があり思い出した話です。「常夏の国は一年中同じ服装であり、まったく季節感がないので、何か思い出すにしても、何月ごろであったか季節で思い出すことか難しいとのこと。」きっと今年は異常な暖冬の年で覚えているだろうけれど、来年も暖冬であれば、季節感のない状態になるのかな・・・?ただでさえ加齢により1年が短くそして感動が少なくなっているのに・・・・・・
ボケと地球温暖化、どっちが先に来るのかな・・・・・
などなど??????!
冬眠ができない信州上田のくまさんこと そばの会の小川でした。






Last updated  2007.03.07 21:59:57
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.03
テーマ:異業種交流会(8)
カテゴリ:カテゴリ未分類
平成19年2月12日
HLD会員の皆様
ヒューマンリンクでっくぁい輪(HLD)主催

第5回リンクOPENフェスタのご案内                

リンクOPENフェスタ 実行委員長 竹内 壽
リンクOPENフェスタ 事務局

拝啓、HLD会員の皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 今年はリンクOEPNフェスタも5回目となりました。毎年多くの会のから多数のご参加をいただき、交流会会員の親睦と会の連携を深めることが出来ましたことは、ご参加いただきました皆様方のご協力の賜物と感謝申し上げます。
 今年もできるだけ多くの会から、ご参加いただきますよう新たな提案として、土曜日をバスでのアウトドアとし、夜を交流懇親会、翌日曜日ゴルフコンペを開催することに致しました。
 毎年のことですが、多くの皆様が初日のアウトドアから夜の懇親会に参加をして、ぜひ各会会員相互の交流と親睦を深めていただき、翌日のゴルフも一緒にプレーが出来れば幸甚でございます。万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますよう重ねてお願い申し上げます。
敬具


【日 程】平成19年 5月26日(土)アウトドア、懇親パーティー
5月27日(日)ゴルフ、パーティー

【スケジュール】
 ◆第1部 アウトドア 10時(蘇我駅改札外陸橋集合)
旅程:蘇我駅-姉ヶ崎IC―久留里城(雨城の別名)(一時間程度の散歩)―昼食―「久留里城売店」―
養老渓谷(一時間程度の散歩)―   大多喜城見学―(時間的に余裕があれば千葉県薬草園)―宿舎
宿舎「国民年金保養センターそとぼう」(いすみ市)に17時ぐらい到着予定

◆第2部 懇親パーティー (会場へ18時集合)
     場所:国民年金保養センター「そとぼう」
     住所:いすみ市岬町和泉447-10 
(JR外房線大原駅、一ノ宮駅より車で10分~15分、送迎バス有)

◆第3部 ゴルフコンペ
     一ノ宮カントリー倶楽部 西コース(イン・アウト) (宿泊先からは送迎バス用意予定)
     住所:〒299-4303千葉県長生郡東浪見3166 TEL0475-42-3711
     集合:7:50 フロント前     スタート:8:30(12組予定)

【費 用】 総合計 (全て参加した場合)  37,000円(概算)
◆第1部 アウトドア    バス代3500円程度(人数によるため概算) 
(その他昼食代飲み物等1000円程度は実費)

◆第2部 懇親パーティー 国民年金保養センター「そとぼう」
宿泊:夕食・懇親会・朝食 13,000円
懇親会のみ :7,200円
宿泊のみ  :6,300円(朝食つき)

◆第3部 ゴルフコンペ 一ノ宮カントリー倶楽部
ゴルフ昼食、1ドリンク、パーティー 17,500円
会費(賞品代、他)          3,000円
ゴルフ代合計            20,500円

【 支払い】 バスは乗車時、宿泊は懇親会のときに徴収いたします。
ゴルフは個人清算でフロントにてお支払、パーティー会費は会場の受付で徴収いたします。

【アクセス】
◆第1部 アウトドア(蘇我駅集合10:00)バスで移動のため、自家用車はご遠慮ください。

◆第2部 懇親パーティー 
車利用の場合
箱崎IC→千葉東IC(千葉東金道路)→国道126号線→東金九十九里道路〔有料〕→一ノ宮IC→宿泊先
電車利用の場合 (送迎バス一ノ宮 16:45集合)
京葉線経由 東京駅 蘇我駅 上総一ノ宮 行先 注
15:16 16:03 16:44 蘇我/安房鴨川 快速/普通
15:00 15:31 15:58 安房鴨川 わかしお15号
総武快速経由 東京駅 千葉駅 蘇我駅 上総一ノ宮 君津/安房鴨川 注
15:07 15:52 16:03 16:44 千葉/安房鴨川 快速/普通

◆第3部 ゴルフコンペ
車利用の場合
箱崎IC→千葉東IC(千葉東金道路)→国道126号線→東金九十九里道路〔有料〕→一ノ宮IC→コース
電車利用の場合(クラブバス 一ノ宮集合 7:14)
京葉線経由 東京駅 蘇我駅 上総一ノ宮 行先 注
5:34 6:23 7:14 蘇我/安房鴨川 普通
総武快速経由 東京駅 千葉駅 蘇我駅 上総一ノ宮 君津/安房鴨川
5:21 6:05 7:14 快速/普通


参加申し込みは3月20日(火)までに下記あてにお願いいたします。
 各会の実行委員会メンバーまで

参加申込書

氏  名              所属交流会              

下記何れかに○印を付けてください

1. 全て(アウトドア・懇親パーティー・ゴルフ)参加
2. 第1部(アウトドア)参加
3. 第2部(懇親パーティー)参加
4. 第3部(ゴルフ)参加
5. 宿泊のみ希望(26日)

※1.懇親会と宿泊はセットを原則としますが、都合で宿泊されない方はお申し出ください。
※2.他にご要望があればご連絡ください。






Last updated  2007.03.03 23:10:02
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
2月度HLD幹事会のご案内です


第5回総会も無事終了し、新しい2006年の活動に入ってまいりました。
  新年度の具体的な活動推進に向けての討議を進めた、く新幹事を加えての幹事会を開催いたしますので皆さんの沢山の参加をお待ちしております。
 なお参加の可否は、2月26日までに、hld2005 ML(hld2006になるかも)宛にお願いいたします 

 日時   2006年2月27日(月)午後7時~9時頃
 場所   代々木区民会館

  <議題>  
1.総会のレビューをする
  -全体評価
    良かったこと、改善すべきこと
    講演会の進め方について
  -総会の中での修正課題
    予算の修正確認をする。正しいものを定時できるか
  -参加交流会と参加者の確認 
  -交流会への総会報告
  -総会の記録

2.担当役員などの選出
  -新年度に入り、各担当部会の担当を決める。
    今回から、横浜かもめ会より宗田さんに代わり牧元さんがHLDに参加してくれます。
    よろしくお願い致します。

3.2006年課題の進め方
  -総会で提示した2006年HLD計画に関して進めるべきこと
    とスケジューリング
    課題----メーリングリスト
       ----リンクOPENフェスタ
       ----リンクのつどい
       ----幹事の交流会訪問

等について討議、確認したいと思います。
 議題は多いのですが、役員選出や、総会で残された課題、当面のリンクOPENフェスタ等について話が出来ればとも思っていますのでよろしくお願い致します。







Last updated  2006.02.21 23:43:14
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
第5回ヒューマンリンクでっくぁい輪総会議事録

 開催要領
開催日時:2006年2月12日(日)  午後1時30分~5時
    開催場所:代々木区民会館 会議室 
    参加者 : 21交流会、44名参加
 内 容
    講  演: 「犯罪と防犯」をテーマの講演
(1)「防犯活動を通したまちづくり」講師:西村 隆氏 房総くらぶ会員   
(2)「野放し! 悪徳リフォーム」 講師:小川 渚氏 高齢社会を考える会会員
議  題:           
     第1号議案 2005年活動報告および決算報告
     第2号議案 2006年活動計画および予算
     第3号議案 2006年幹事改選について
 
 議事内容
1.会長挨拶  江田会長
(要旨)
HLDは各交流会とのゆるい連携で結びついている組織です。そして昨年は大勢の人たちとの交流を進めてきた。
今の時代は心の時代といわれ、自分を生かした生き方を求め、求められているが、HLD活動の主旨に一致しているのではないかと思っている。自分のやり方を進めようとするときに、交流会活動は相談相手やそのやり方の手本にもなることが多いので、自分の生きがいや幅を広げて深めていくのにもよいかなと思う。HLDの活動では、個々の人たちが持っている良さを披露して頂いたり、また吸収していけるような方法を意識している。各交流会の中でも同様に進めているのではないだろうか。
現在HLDの幹事会の運用は20人近い幹事のボランティアで活動し進めているが、
多くの会の方々が一緒になる活動で、会と会の理解が深まってきているものと思っているし、各交流会の世話役の力があって続いている。皆さんにお礼申し上げます。
 話は固い話になりがちだが、日常の話からと言うことで、今回は「防犯」を基調テーマに、西村さん、小川さんからのお話を頂こうと思います。
この総会の最後には、次年度の幹事を選ぶことになりますが、今後の推薦者でいくか、新しい幹事が加わっていただけるのか、幹事は各交流会からは入っていただきたいし、多い方が大歓迎なのでよろしくお願いします。

2.講演
1)「防犯活動を通したまちづくり」西村 隆氏(房総くらぶ会員)より
 講演要旨 (講演内容の概要は、プリント資料で、希望者にはCDで届けられました)
 <活動をしている市原市青葉台地区について>
1970年系良いコンビナートの働く人たちの住居として作られた団地群である。
町は1300年も前からあって現存しているし、かなり新しいマンション群もあって、古い町、新しい町の混在した新興住宅地でもある。
青葉台地区には9つの町会があり、戸建てと集合住宅が混在する旧街地区が3町会、 戸建ての団地型の地区が4町会、マンション棟2棟で各々1町会となっている。
ここでの町会長になり町ぐるみで防犯活動を進めた成果と、そこであったいろいろな出来事から普段我々が注意する事柄、住人が協力して取り組んでいき、市原市全体の活動まで広がってきた経緯や手法、成果などを資料に沿ってスライドを用いて説明した。  そのポイントは別途資料を参照していただきたい。

1)「野放し!悪徳リフォーム」小川 渚氏(高齢社会を考える会会員)
 講演要旨 (講演内容の概要は、プリント資料で配布されています)
小川氏は、60歳を向かえ、定年後役一週間後に調停委員に指名され任命された。それまで一度も法律のことなど知らなかったとのこと。裁判所には裁判の機能と調停の機能があり、裁判は裁判官がするが、調停は一般の人も加わり最善の方向を探るべく意見具申をしている。
そして裁判所に入り調停委員として経験してきた、詐欺犯罪の現状特に悪質なリフォームに関する事例から、かかりやすい事例、とそれから逃れるための防犯対応などについて講演された。
  特に定年を前にした人、中高年の知識がなまじっかある人が被害にあい易い。
対策としては、かかりつけの相談者を作る事。いつでも消費生活センターなど相談をすること、家に訪ねてきた人は相手にせず断固断ることなどが強調されていた。

3.総会議事
  総会では、2005年活動報告および決算報告 、2006年活動計画および予算
  2006年幹事改選について説明され質疑を進めた。基本的に内容は了承されたが、決算書類、予算書類の中で、前年度未納会費の支払い計上について、確認の動議があり、修正することで承認された。
  1)2005年活動報告
    議事資料提案資料(2005年活動報告)に基づき、森田幹事より説明した。
     実績内容に関し、特段疑問はなく拍手を持って承認された。
2)2005年決算報告
  議事資料提案資料(HLD2005年決算報告)に基づき、斎藤幹事より説明した。内容に関し、年会費誤入金3000円の取り扱いの表記があり、
  3)2006年活動計画
    提案資料に基づき、杉浦幹事より説明した。
    あわせて2006年の企画である「リンクOPENフェスタ」に関しての案内と説明があった。(配布資料は別添)
     活動計画の中で、リンクOPENフェスタの開催回数の凶器は、前「リンクOPENゴルフ」からの改称であるので、通産と言うことで「第4回リンクOPENフェスタ」とすることとし、OPENフェスタ事務局委員より後日交流会窓口担当者にメール配信することとした。
     夏季8月27日(日)に開催する「HLD・リンクのつどい」には窓口担当者以外にもたくさんの方の参加を要請した。
     HLDメ-リングリストについてはHLDとしての今年度の大きな課題でもあり、賛否が゜あってまとまっていないが、範囲、及び配信内容など会員の納得できる方向で進めて生きたいとの説明がされた。
    以上の説明内容に関し、拍手を持って承認された。  
4)2006年予算
  提案資料(2006年活動計画に基づき作成された2006年予算)に基づき、斎藤幹事より説明された。
 1)前年度誤入金会費の取り扱いで、予算に反映されていない点の指摘があり、
   今年度の支出に記載して(今年度の会費徴収はしない)いく方向で修正をする 2.)今回「ボチボチやろう会」より唐木氏が出席しており、年会費の交流会の予算記
   載を提案されたが、現在未加入で今後「ボチボチやろう会」の中で決められ、
入会した時点で、(予算差異として)次年度の決算で計上(予算差異として)すればよいということで、予算には記載しないこととした。
以上の修正輪することで拍手を持って承認された。
  5)2006年幹事改選について
    提案資料(2005年ヒューマンリンクでっくぁい輪幹事候補案)に基づき、江田会長より説明。
前年まで幹事をしてくれた横浜かもめ会の宗田氏が退き、新たに同会の牧元氏が参加してくださる内容で候補案が提案された。幹事はより多くても都合がよいので、自薦他薦を問わず少なくとも一交流会から1名以上の幹事が出て加わってほしいのでよろしくとのお願いをし、当面提案の幹事で進めることが参加者の拍手で承認された。

4.<交流会紹介>
総会の終了後、以前「房総くらぶ」及び「横浜かもめ会」にいて、現在関西の「わになろう会」の松本啓史さんより、関西の交流会と関東の交流会の相互交流をより深めたい。関西でも京都「洛遊会」の辻さん他関東との交流を進めていることもあるが、関西の表玄関である大阪梅田中心に活動しており、関西全体との橋渡しもしたいので、是非情報交換、実際の交流を深めて生きたいとの話がされた。
「わになろう会」は1994年4月設立、今年9月に15年周年記念例会の予定
開催は毎月第一土曜日PM2:00~  会場は 梅田東生涯学習ルーム他
会のHPは2000年から立ち上げ<http://waninaro.hp.infoseek.co.jp/>

  総会は最後に参加者前全員の記念写真を撮った散会した

5.第二部 懇親会
懇親会は、「ななかまど」に午後5時30分より、33名が参加。
「山本さんより、」これを飲めば二日酔いはしないという「うこんの力」が皆さんに配られ、また「横浜かもめ会」の牧元さんより幹事引き受けの挨拶、「それでも?やる会」の志甫さんより三浦半島ハイキングの誘いなどの他、会員よりのスピーチを交えて大いに飲んで食べてもりあがり、たくさんの懇親が図られた。
最後に「わになろう会」松本さんの一本締めで散会した






Last updated  2006.02.21 23:33:26
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.